留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

トロントでスピーキング重視のアットホームな学校といえば!Tomokiさんの体験談★

こんにちは、札幌留学ステーションのYukaです( ´ ▽ ` )ノ

先日トロントにあるスピーキング中心でアットホームな人気の語学学校QUESTのスタッフ、ジョンミさんが札幌留学ステーションに来てくれました〜♡
そしてQUESTの20周年クッキーをいただきました

image1

Questは一番近くの駅から歩いて1分の好立地!
Questに入学すると自分のアカウントをもらうことができ、4週間ごとに先生からレポートを受け取ることが出来ます!
また先生は皆ネイティブカナディアンで経験豊富な先生が多数いらっしゃるのも魅力的
Quest独自のオンライン教材を使用するのもポイントですね、なのでタブレットやスマートフォンは必須です。
クラスの平均人数は10名程と少人数制、また午後は選択コースで自分好みのカリキュラムを選択していただけます!
ワーホリの方向けの「テレフォン英語」や「英文履歴書作成」、「面接スキル」も選択コースにありますのでカナダでのお仕事探しを控えている方にオススメです。
また、Focus on speakingというクラスも展開しており、こちらではチャットバディというネイティブカナディアンと話をする機会が必ず設けられているのも魅力のひとつ
また、Questでは有給インターンシップの手配も行っておりますよ〜^^

さて、今日は今年の夏休みシーズンに1ヶ月Questに留学したTomokiさんの体験談をご紹介いたします〜!!
Tomokiさん、遅くなってごめんね

さっそくですが、どーぞっ!!

名前:Tomoki
年齢:22歳
渡航先:カナダ トロント
留学期間:4週間
学校名:QUEST
ビザ:eTA

①留学・ワーキングホリデーを通じて英語学習面で最もためになったことはなんですか?

語学学校のオーラルクラスで、先生の出したお題(質問)に対して自分の意見をパートナーに話す練習がアウトプットの機会としてとても良かった。また、授業中は常にスピーキングが速い先生の話を聞くことになるので、だいぶリスニング能力がついた。

 

②留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出をお聞かせください。

ある日授業後公園のベンチで座っていると、面識のないNative Canadianが隣に座ってきて、フランクに話しかけてきてくれた。その人は英語が喋れないことに悩む私に優しく相談に乗ってくれてとても良い人だった。海外ではこんなことが普通にあるのかと思うと、新鮮さを感じた。 私は普段トロントに滞在していたが、小旅行でカナダの東側(French Canada)に行った時がとても楽しかった。行ってみれば、トロントはアメリカのニューヨークのような大都市で、French Canada のモントリオールやケベックシティはフランスのパリのような街でまるで景色が違った。私はその小旅行であるブラジル人ととても親しくなった。その人の名はNelsonといい、おじいちゃんが日本人という面白い家系を持っていた。彼と知り合ってからは町の自由行動、食事、ホテルの部屋まで一緒だった。ホテルでは、一室にベッドが2つしかなく、そこにNelsonと私を含め、3人が泊まる予定なので、誰かが他の二人どちらかと一緒に寝なければいけない問題が生じた。三人でじゃんけんをした結果、私がNelsonと一緒に寝るはめになってしまった(笑)。まさか留学先でブラジル人とベッドをシェアするとは予想していなかったが、これもいい思い出である。たった2泊3日の小旅行であったが、今回の留学の中で最も充実した内容であったと思う。

③現地での1日の生活リズムを教えてください。

6:00 起床・準備
6:30  朝食
7:10  登校(バス)
7:30  登校(地下鉄)
8:00  自習
8:40〜15:50 授業
10:00 学校のアクティビティ参加 or 一人で町巡り、夕食(ほとんど友人や一人で外食)
23:00 帰宅
24:00 就寝

 

④留学ステーションの留学相談、サポートはいかがでしたか?

留学に行く前に心の不安をできる限り取り除くという意味で準備の段階で詳しい情報提供がほしかった。(どんなホストファミリーなのか、現地の状況等)

⑤留学ステーションをお友達やご家族にご紹介したいと思いますか?

紹介したいです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-04-19-04-56
Tomokiさんは結構外食に行ったようで、コリアンタウンの中にあるギリシャ料理(ワンプレート$13)やチャイナタウンのキングスヌードル($7)等、色んなお店に足を運んだようです^^
留学前に現地でゴルフがしたいとおっしゃっていましたが、しっかりゴルフも満喫されたようです。
しかも以外と安かったみたいです

旅行ではモントリオールに行く等とっても行動的なTomokiさん。
美食の都市ですが、スモークミートはTomokiさんのオススメなので、モントリオールに行く予定の方は是非召し上がってみてください

また到着後すぐと4週間後の変化について尋ねてみましたが、
到着後すぐの頃はリスニングを全部理解することが難しかったけど、4週間後には喋れるようになった(自信がついた)、自分の行動次第で変わる!とのお話しをしてくれました^^

ちょうどTomokiさんが渡航されたときにトロントで国際映画祭が開催されていました!!
なんとデカプリオにも会ったんだそう!!凄い〜♡

トロントは芸術やスポーツにと盛りだくさんな魅力的な都市
興味のあるかたは是非ご連絡くださいね♪

Tomokiさん、体験談本当にありがとうございます!
就活頑張ってね^^


Chikaのオーストラリア滞在記〜一泊二日のウルル旅行!〜

こんにちは、札幌留学ステーションのYukaです( ´ ▽ ` )ノ

今日朝起きたら友達とのグループラインに、ある一人の友達から”神秘的な写真が撮れたよ!”とタイのアユタヤ遺跡の写真が送られてきてました。
お仕事で現在タイに出張中のようですが、一緒に写っている友達がなんとも言えない表情で笑いました😂笑

実はChikageさんもこの土日を使い、オーストラリアの有名な世界遺産、ウルルへ旅行されましたのでその様子をご紹介いたします〜♡
一泊二日でウルルカタジュタ国立公園に行ってきました!!!
このパワースポットは素晴らしい。
15368916_1218761688199121_1866499258_o

central駅から15分ほどでシドニー空港に着き、3時間半かけてエアーズロック空港に到着。
15311560_1218761718199118_1163369792_o

最後はヘリコプターに乗ってきましたー!
15369883_1218761744865782_351297541_o
この旅、同じく1人で旅をしていた学生のお友達と乗ることに😊
15292906_1218761394865817_138467713_o

このウルルカタジュタ国立公園は東京都の3分の2の面積。
エアーズロック=ウルル
オルガス奇岩群=カタジュタ
93年にアナング族に返還され、エアーズロック、マウントオルガスから名前が変わりました。
15311403_1218763568198933_662511037_o 15310992_1218763444865612_1009000603_o 15321559_1218763298198960_1391157038_o

エアーズロックは、探検家ウィリアムゴスが発見したので名前を決める権利をもらう。旅のスポンサーであるエアーズの名前をつけたそう。
世界文化遺産と世界自然遺産二つに登録されてるのは世界でも珍しいんだとか。。。
15293291_1218763174865639_593110349_o 15292901_1218763141532309_1475996109_o 15322557_1218763104865646_1854655639_o 15369812_1218763021532321_337399909_o 15311624_1218762994865657_300301283_o 15293221_1218762778199012_651030720_o 15302295_1218762571532366_1746311990_o

アナング族の教えでは、女性の聖地と男性の聖地はそれぞれ見ちゃダメだったり、写真NGだったりの場所があるだけでなく、、、
15310781_1218761761532447_716475008_o 15293297_1218761844865772_1574974463_o 15303908_1218762068199083_2003767810_o 15354107_1218762278199062_2111211954_o

知らなくて問題のない人には教えない!という文化!!おもしろい笑
ますます、聴きたくなる。
15302262_1218762218199068_89691321_o 15293284_1218762274865729_1987337454_o 15354107_1218762278199062_2111211954_o 15322324_1218762358199054_1110271834_o 15311001_1218762411532382_1781165177_o 15322603_1218762474865709_1910239795_o

ほんっとにパワーを感じる場所でした!!

Helicopter ❤️😍with my new friend 😘

オーストラリアといえばウルルイメージする方も多いのではないでしょうか?

日本ではエアーズロックという呼び名の方が馴染みがあるかもしれません^^
いや〜写真からでもパワーがもらえそうです!!

Chikageさんは今日から学校が始まるので、その様子もお伝えしていきます〜♡


シドニーで資格取得★J-shine/TECSOLコースを受講したYukaさんの体験談

こんばんは、札幌留学ステーションのYukaです( ´ ▽ ` )ノ

連日Chikageさんのシドニー滞在記をお送りしておりますが、遂に来週から学校生活が始まります!
そんなChikageさんの通う学校は、元々はオーストラリア政府および、ケンブリッジ大学の認定を受けた英語教師育成訓練専門校で、後に一般英語コースも開講したというユニークな歴史を持った学校となります。
その名もIH Sydney校
来週からはその様子がお伝えできるかなと思いますが、まずは先日IH Sydney校でJ-shine/TECSOLコースを受講されたYukaさんに体験談にご協力をいただいたのでご紹介をしたいと思います
こちらのコースは期間こそ短いですが、内容が濃くてコース受講中は本当に大変なのです。。
しかしYukaさんの体験談を読んだらきっとこのコースに興味を持つ人もいるだろうなと思うくらい素敵な体験談を書いていただきました♡
どうぞご覧くださいっっ!!

名前:Yuka
年齢:24歳
渡航先:オーストラリア シドニー
留学期間:6週間
学校名:IH Sydney
ビザ:ETAS

image6

①留学・ワーキングホリデーを通じて英語学習面で最もためになったことはなんですか?

6週間の内、最初の4週間は学校でTECSOLとJshine の児童英語教授法を勉強しました。
TECSOLのクラスでは英語でのLesson planの作り方、Activityの仕方、TPR(Total Physical Response) などを先生の模擬授業を見て学び週に1回ペアで他のクラスメイトが生徒役になりデモレッスンをしました。
Jshineのクラスでは、日本で使う資格のため日本語での授業でした。日本の小学校の英語の意義や30人位のクラスを仮定した授業の展開の仕方を学びました。最終週に1人で25分のレッスンをLesson planから作りデモレッスンを緊張しながらも無事110点中102点の点数で合格することができました。学校は、話を聞いていた以上に大変でした。特にラスト2週が大変で天候と疲れのせいで熱を出しながらも2つのクラスの模擬授業の用意をして大変でした。しかし、4週が終わった時の達成感は今までに経験したことがないようなものでした。大変な4週間でしたが大好きなクラスメイトのおかげでたくさん笑い・楽しみながら勉強できたので、最高の仲間との出会いもかけがえのないものです。 学校が終わった後の2週は幼稚園実習でした。私が配属された幼稚園は日本人の子供もいる幼稚園で、日本語で英語を教えることもできたので英語と日本語の両方で実践的な体験をできました。子供たちは本当にかわいくて Teacher と呼ばれる声が今でも耳から離れません♡♡私がしたLessonを喜んでくれてAgain!!!!と言ってくれました。幼稚園の先生に、幼児教育に向いていると言ってもらえました。最後の日に、子供たちからThank you Yukaのカードをもらい一生の宝物になりそうです♡ 学校と幼稚園実習を通して、自信につながり児童英語教育に携わりたいという気持ちが増しました!!

image11image4
クラスメイトとマンリービーチ★

image12
実習先までのバスからの眺め(ハーバーブリッジ)

image9
学校の卒業式★
image3
実習先の子供達からのプレゼント!!

②留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出をお聞かせください。

毎日が幸せでした♡weekendsはたくさんおでかけしました。Manly beach やBondi beach 、Taranga zoo 、Watson bayなどに行きました。フェリーに乗っていくところが多いのでプチ旅行の気分でした 笑。渡航前から夢だったオペラハウスでMy fair lady のミュージカル見てきました♪学割で60%割引で見れちゃいました!!Halloween イベントのSydney Zombie walk もZombieになって参加しました~。SydneyはMetropolitan cityなのでいろんな国の料理も楽しみました。世界で一番の朝食のBill’s本店は本当に美味しかったです!お家から歩いて行ける距離でした。幼稚園の帰りにカフェ巡りをするのも毎日の楽しみでした♡お城のようなQVBはバス乗り場横だったのでほぼ毎日行ってました。Shoppingの誘惑が。。。笑 weekdaysは学校と家の往復であまり出かけることができませんでしたが40人が住んでいるaccommodationだったので共有のキッチンダイニングやラウンジでいろんな国の人と話し、たくさん友達ができました。日本食に興味がある友達がいたので、素麺作って食べてもらったらすごく喜んでいました 笑。帰る前の日はgoodbye partyを開いてもらい、帰る日は友達が働いているCaféで友達が作ったbrekkieを食べました。最後の最後のまで幸せでした。いつか日本に来てくれて、私がドイツ・スイスに行く約束をしました!!

image8
お友達とボンダイビーチ!

夢のミュージカル鑑賞!
image14
Zombie walk
image10
Bill’sのパンケーキ
image2 image13
ショッピングの誘惑が、、、笑
image3
到着したその日にはオペラハウスに★
image6 image11 image7image5
動物園に水族館にマーケットに美味しいミートパイ!
image4 image5 image9 image1
image8
同じ寮で一緒に生活をした大切な仲間と一緒に♪

③現地での1日の生活リズムを教えてください。

【語学学校】
6:00  起床・準備
6:30  朝食・ランチ作り
7:20  登校
7:50 デモレッスンの準備
8:15〜16:00 授業&デモレッスンの準備
18:00 帰宅・夕食作り・夕食・友達と談笑
(20:00〜デモレッスン準備)
23:00 就寝

【幼稚園実習】
6:30  起床・準備
7:00  朝食(kings crossをのんびり歩いてbakery巡り)
8:00  バスで実習先へ向かう(ハーバーブリッジ渡ってNorthへ)
8:40〜15:00 幼稚園実習
15:00〜 Caféで実習のレポート作成
17:00 帰宅・夕食・友達と談笑
22:00 就寝

image10
友人がcaféで作ったBreaky(朝食)♪

④留学ステーションの留学相談、サポートはいかがでしたか?

出発前や渡航後メールや電話のサポートをしていただきとても安心して留学できました。札幌に行ったときに直接オリエンテーションをしてもらい万全のサポートでした!

⑤留学ステーションをお友達やご家族にご紹介したいと思いますか?

したいです!私も留学ステーションからまた留学にでたいです。

 

充実した様子がたーっくさん伝わってくるかと思います
J-shine/TECSOLコースは寝る暇もないくらい本当に大変なのですが、Yukaさんの大好きな”子供に英語を教える”という素敵な資格を取得することができ、本当に良かった
J-shineコースなので日本人がどうしても多くなりますが、寮では多国籍な環境だったので色んな国籍のお友達ができたそうですよ
Yukaさんは明るくて細かい気配りができる本当に女性の中の女性の様なメンバーさんなので、子供達にも人気になるのもとってもわかる♡

Yukaさん体験談ほんとうにありがとう!!
Yukaさんが児童英語教育の現場で活躍するのを楽しみにしています