留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

コロナウイルス(Covid-19)最新情報:アメリカ

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日は🇺🇸アメリカ🇺🇸についてコロナ禍における最新状況と入国条件に関してご紹介します!

 

まず現在のアメリカの様子ですが、残念ながらコロナウイルスの新規感染者また死者数に関しては現在も増加が進んでいます。現在でも毎日16〜28万人もの新規感染者数が判明しており、2000人~4000人の方が亡くなっています。

ニュースでも連日取り上げられているアメリカですが、やはり新規感染者の人数は日本を含む他の国と比べると非常に多いですね、、、

ワクチンに期待が高まるばかりです!!!

 

また先日米国疾病予防管理センター(CDC)から発表された内容によると、アメリカでも1月26日より海外から空路で入国する全ての人に対して、新型コロナウイルスの検査証明の提示を求めるようになることが決定致しました。

 

今回CDCから発表された詳細に関しては、下記をご確認下さい。

 


 

1 発効日:1月26日(火)

 

2 旅行者は米国行きフライトの出発3日以内にウィルス検査(Viral Test)を受け、検査結果を書面又は電子情報(Electronic Copy)で航空会社に提示する。また、感染者については回復したことを証明する書類を提示する。

 

3 航空会社は乗客を搭乗させる前に、検査結果が陰性(Negative)であること(感染者については回復していること)を書類で確認しなければならない。

 

4 航空会社は、乗客が陰性の検査証明(感染者については回復していることを証明する書類)を提示しない場合や検査を受けていないことを確認した場合には、搭乗を拒否しなければならない。

 

5 CDCでは、米国渡航前に実施する検査に加えて、到着後3~5日後に検査を受けた上で、旅行後7日間は自宅待機(stay home)するよう推奨している(到着後検査を受けない場合は10日間)。

 

【参考】CDCの関連サイト https://www.cdc.gov/media/releases/2021/s0112-negative-covid-19-air-passengers.html https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-air-travel.html


 

現在アメリカでは日本国籍の人々に関しては入国禁止措置は行っていないので、アメリカへの渡航は現在も可能です!

ESTA並びに学生ビザでの入国は許可されています!

但しビザ申請は通常期と比べるとお時間を要する可能性もございますので、ご注意下さいね!

(通常は1ヶ月程でビザが発給されます。)

 

在日米国大使館もビザサービスの業務を再開しているので、今すぐの渡航ではなくとも、今年の春または夏あたりにアメリカへ渡航したい方、アメリカ留学にご興味ある方は是非お問い合わせ下さい!

 

弊社では学校のご紹介や滞在先のお手配はもちろんのこと、ビザ申請も全て無料で行わせて頂いていますよ〜(^ω^)

 

 


コロナウイルス(Covid-19)最新情報:アイルランド

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日も最新のコロナ事情についてご案内します!

今日取り上げる国は、タイトル通り🇮🇪アイルランド🇮🇪です。

 

まずアイルランドの現状からお話すると、国内での変異種の発見並びに新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、12月30日から少なくとも1ヶ月間は行動制限措置レベルを最大の5に引き上げることを発表していました。

 

行動制限措置が引き上げられたことにより、他人の家や庭への訪問がや自宅から5キロ以上離れた場所への移動を禁止(例外もあります)、スーパーマーケットやドラッグストアなどの生活に必要不可欠な小売店・サービス以外は閉鎖しなくてはいけないといった厳しい措置が取られています。

 

またアイルランド政府は1月12日に、1月16日よりアイルランドへ入国する方全ての方は出発前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書の提出を義務付けることを発表致しました!

 

先日ご案内したカナダと同じですね

詳細は以下をご確認下さい!

 


●旅客は、航空機搭乗又はフェリー乗船の前に「陰性/検出されず」の検査結果の提示が求められ、アイルランド入国時には入国管理官への提示が義務付けられる。

●アイルランドの空港や海港で入国する際の「陰性/検出されず」の検査結果の不携行は、犯罪となり、訴追され、2,500ユーロ以下の罰金又は6か月以内の禁固、あるいはその両方の罰が科されることがある。

●国際的な運送業者(道路運送業者、海運業者を含む)は、職務遂行のための移動中、上記の義務を免除される。6歳以下の子も検査義務を免除されるが、入国後14日間の行動制限(注)を行うことが推奨される。 (注:行動制限の期間中は、出勤、公共交通機関の使用、他人の家の訪問、他人の自宅への招き入れ、必要不可欠な場合を除く買い物、冠婚葬祭への出席等が禁止されます。)

●他国への渡航のみを目的にアイルランドに到着し、空港を出ない旅客は、検査結果の提示を義務付けられない。

今回の発表後も入国後14日間の行動制限を行い、入国の5日後以降のPCR検査で「陰性/検出されず」の結果が出れば行動制限を終了する(一部例外あり)といった、これまでの措置は引き続き適用されます。

アイルランドへの渡航に関連する措置の詳細については、次のアイルランド政府発表ウェブサイトをご参照下さい。 https://www.gov.ie/en/publication/b4020-travelling-to-ireland-during-the-covid-19-pandemic/

 


 

日本でも水際対策が強化されたことにより、現在は全ての国から帰国する方へ出国前72時間以内の陰性証明書の提出が必須となっています!!

このように多くの国で検疫が強化されています。PCR検査を行ってくれる病院も限られているので、これから渡航される方、日本へ帰国される方は病院の予約等は早めに手配を行うようにしていきましょう!!!


留学中に買ってよかったものNo.1は「あれ!!」

,

2021年1月13日

こんばんは!

留学ステーションのGenkiです🥦

 

2021年になってスキーとスノボに1回ずつ行ったのですが、

心なしかずっと太ももが重たく、老いを感じているこの頃です。

 

 

というわけで今回はタイトルの通り。

 

 

留学中に買ってよかったと思ったもの

No.1

 

 

の商品についてお話します💁🏻‍♀️

 

 

これから留学に行こうと考えている方、準備中の方、そして留学して間もない方!

 

みなさんにお伝えしたいと思っております。

 

ぜひ参考にしていただきたい!

と思うくらいなかなか良かったものです。

 

特にルームシェアを予定している方はぜひ買っていただきたい。

 

その商品とは…

 

 

 

突っ張り棒!!

 

 

 

これを部屋に置いておくだけでなかなか重宝しますよ💪🏻

 

 

一番役に立ったのは、なんといっても洗濯物を干すとき。

 

ルームシェアではもちろんほとんどの家で洗濯できます。

ただ、干すための場所がない。

 

 

外に干してもOKですが、

僕の住んでいるおうちは、そもそも物干し竿が外にありませんでした…

 

 

 

部屋干し確定です。笑

 

 

 

乾燥機ももちろんありましたが、

誰も乾燥機を洗っていないから、白いものを乾燥機にかけると黒ずみが…🤦🏻‍♀️

 

 

暗い色のものは乾燥機にかけるけど、汚したくないものは部屋干しでしのいでおりました。

 

そんなとき突っ張り棒が欲しくなって、買い物に行ってみましたところ、

100均ショップでゲットしました🔥  (値段は3ドルしました。)

 

 

100円ショップは海外でも生活の味方なんですよ👯‍♀️

 

 

僕はカナダに留学しておりましたが、

バンクーバーにはDAISOがありましたので、ヘビロテしておりました😎

 

ワーキングホリデーで人気のオーストラリアにも、

主要都市にはDAISOがあります🤓

 

 

突っ張り棒だけに限らず、様々なものをぜひ100均で買ってみてくださいね!

 

 

 

ただ1つ関門がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「突っ張り棒」

って英語でなんて言うか分かりますか??

 


コロナウイルス(COVID-19)最新情報:イギリス

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日も引き続きコロナウイルスにおける各国の現状をお伝えさせて頂きます。

本日は🇬🇧イギリス🇬🇧についてです!

 

昨年12月20日からロンドン・イングランド東部及び南東部の緊急レベルが4に上がり、事実上のロックダウン状態となっていたイギリスですが変異種の発見から感染者の増加が拡がり、1月5日から2月中旬までイングランド全土では新たにロックダウンを実施することが発表されました。

 

新たにロックダウンが行われたことにより、各語学学校や大学等は閉鎖となった為、ほとんどの学生がオンラインで授業を受けている状態です。

今回のロックダウンでのルールは以下の通りです。

 

・昨年3月の最初のロックダウンと同様に、住民は特定の理由を除き自宅待機

(特定の理由に含まれるのは、必要不可欠な医療、食料品の購入、運動、在宅勤務が困難な人の通勤など)

・全ての学校は5日からほとんどの生徒を対象に閉鎖され、2月中旬までリモート学習に切り替わる

(※保育園など幼児向け施設は継続)

・今夏の期末試験について、通常通りの実施はない

・レストランはデリバリーを継続できるが、アルコールの持ち帰り販売は禁止

・ゴルフ場、テニス・コート、屋外ジムなどの屋外スポーツ施設は閉鎖しなければならない

・屋外の児童遊園は継続

・アマチュアの団体競技は禁止だが、サッカーのプレミアリーグなどプロ競技は継続できる

 ・結婚式や葬儀等は、出席者に厳しい制限がある。安全な会場か公共の屋外スペースでのみ行われなければならない。

 

このようにイギリスではまた厳しいルールのもとロックダウンとなってしまいましたが、逆にロックダウンでは人々の外出や流れを抑えることでウイルスの拡散も最小限に抑えることが出来ます。

 

その為ロックダウンが終わる春頃にはイギリスの新規感染者も落ち着いている可能性があります!!

 

 

日本でも現在1都3県では緊急事態宣言が発令されていますが、日本の緊急事態宣言とイギリスのロックダウンでは「強制力」に大きな違いがあります。

詳しくは以前両者の違いについてご説明させて頂いているのでコチラからご確認下さい( ^ω^ )

 

またイギリスではロックダウンを行っていますが、入国制限はかかっておらず、日本人は入国後の自主隔離も不要です!!

 

1月16日(土)追記:イギリス政府は1月18日より免除リストの国(日本も含まれます)からの入国者へ10日間の自主隔離を義務付けました。また同日から全入国者はPCR検査の陰性証明の提出が必須となります。

こちらは出国の72時間以内にご取得頂く必要がございます。

 

 

 

さらに今月末にはあの大人気のYMSビザ(イギリスのワーキングホリデービザ※正しくは就労ビザです)の抽選も行われます(^O^)

抽選に当たれば2年間もイギリスに滞在することが出来ます!!!

その為、非常に人気な上1000人しか抽選で当たらないので例年倍率が凄いのです、、、

 

しかし応募すること自体は費用なども発生致しませんので、少しでもイギリスに興味がある方は是非応募だけでもしてみては如何でしょうか??

 

YMSの抽選に関しては、先日Yukaさんがブログで紹介してくれているので、詳しくはコチラをご覧下さいね⭐️

 

 

YMSビザに当選した後のお手続き、学校や滞在先の手配等のご準備はもちろん弊社にお任せ下さい٩( ‘ω’ )و!

 

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております


コロナウイルス(COVID-19)最新情報:カナダ

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

北海道の寒さと雪の多さを実感している今日この頃です。。。

道路一面雪!雪!!雪!!!☃️

こんな雪があるところスキー場以外行ったことがなかった私はただただびっくりです笑

 

これだけ雪があるとかまくらも余裕で作れそうですよね

コロナウイルスの影響で楽しみにしていたさっぽろ雪まつりが無くなってしまったことが非常に残念ですが、イベント事は来年楽しむとしましょう٩( ‘ω’ )و

 

 

さて本日はカナダへ渡航される方へ重要なお知らせです!!!

 

 

カナダ政府によって1月7日(カナダ時間)から航空便でカナダへ入国する5歳以上の方全員にPCR検査の陰性証明書を提出することが義務化されました!

 

渡航者の方は搭乗する航空会社に対して陰性証明書を提出する必要があります。

またPCR検査の陰性証明書には下記のような条件がありますので、これからカナダへ渡航をする方は必ず条件をクリアしているか確認しましょう!!

 

———————————————————————————————–

【PCR検査陰性証明について】

〇カナダ行き国際線の出発前72時間以内の証明書であること。

英文の陰性証明書をチェックイン時及び入国時に提示すること。

必ず英文の陰性証明書の発行を別途依頼することをお忘れなく!!!

 

また陰性証明書には、以下の事項が記載さている必要があります。

 

○氏名・生年月日

○検査実施機関の名称及び住所

○検査日

○検査方法

○検査結果

———————————————————————————————–

現在のところ検査機関の指定はないので、英文の証明書を発行して頂ける機関であればどちらで受診頂いても大丈夫です!

但し抗原検査や抗体検査ではなく、必ずPCR検査の陰性証明が必要となりますのでご注意下さいね。

 

 

加えてPCR検査の陰性証明書を提出頂いても、カナダ入国後の14日間の自主隔離期間は免除されませんのでこちらも併せて注意が必要です!!

 

また日本でも水際政策が強化され、1月8日から全ての国から日本へ帰国する方は出国前72時間以内の陰性証明書の提出が必要になります!!

 

 

コロナ禍における現在は、各国や都市における状況や制限の変動は非常に激しいです。

その為渡航する方は必ず出発前に外務省や各国の大使館のHPから最新情報を確認することを徹底しましょう!!

 

もちろん何か新しい条件や情報がありましたら、弊社のブログでもご案内させて頂きますので要チェックですよ〜👀!!

 

 


【ビザ情報】イギリス2021年YMS抽選始まります!

,

2021年1月9日

こんばんは、留学ステーションのYukaです٩( ‘ω’ )و

昨日から1都3県で緊急事態宣言が発令されましたね。
引き続き東京・静岡オフィスはリモートワークでオンライン対応をさせていただいておりますが、早く皆さんと対面でお会いできる様になる事を願っています!

 

さて、本日は昨年発表があったイギリス2021年YMSビザの抽選についてです^^
YMSの抽選はまずはメールを規定の期日に一通送るだけですよ♪

今年は
ーーーーーーーー
日本時間2021年1月25日(月)12時(正午)〜2021年1月27日(水)12時(正午)
ーーーーーーーー
が受付時間となります💡

当選者には2月1日の週までに今後の申請に関する連絡があり、落選者には2月5日までに落選の旨のメール連絡があるそうです。

毎年日本国籍者が対象となる定員は1,000名です。
1月に行われる第1回抽選で800名が選ばれ、残った枠が2021年7月に行われる第2回抽選で選ばれます。
申請が許可されると、英国に最長2年間の滞在、就労及び就学が可能です。

詳細はコチラから✨

何度かブログでもご紹介していますが、イギリスのYMSは就労ビザの一種です✨
フルタイムの社員として企業に勤めることが出来ます。
気になる仕事の探し方はコチラから!!

しかも一度ビザが取得できると最初から2年間滞在できる最強のビザです!!

 

…ただし、イングランドも1月5日〜2月中旬まで再ロックダウン中です😰

この時期に行くのは不安だな〜という方も多いかと思います。

しかし、イギリスのYMSはとっても倍率が高いと言われております!!🌀
なので、こんな時ですがもし少しでも興味がある方がいれば是非抽選に応募していただきたいです💪✨
まずは高倍率の抽選をくぐり抜けなければいけないので😭✊

YMSビザは事前に指定した入国予定日から2年間有効なビザとなります。
しかし、最初にビザを申請してから取得できるのは30日間(現在はコロナの影響で90日間)の期限が書かれた滞在許可のみです。
その期間内にイギリスへ渡航し、指定の郵便局でBiometric Residence Permit(BPR)を取得する事で入国予定日から2年間の滞在が可能となります。

オーストラリアやカナダのワーホリ制度とは違い、ビザの取得日から1年以内に入国すればOKではなく、
入国予定日から30日間(現在は90日間)以内に入国しなければいけないのがこのYMSです。

入国予定日もビザ申請時に決めなければならず、やっぱり後から変更したい!!も出来ません。。
そして、規定の期日までに申請しなきゃいけないと決まっているので入国予定日を今から1年後や2年後に設定はできません🙅‍♀️

実は、この最初に取得できる30日間(現在は90日間)を過ぎてしまっても、Vignette Transferを申請する事で再度イギリスに入国できる様になります🤗

なので、
“今は不安だからちょっと様子を見てから渡航したいな”
という方も是非今回の応募を検討してみてください♪

一点注意が必要なのは、入国予定日から既に2年間のカウントはスタートします。
入国を遅らせるということは、トータルで滞在できる期間は遅れた分減っていきます。

 

年齢が30歳に迫っている方やイギリスで就労経験を積みたい方、是非この機会に検討してみてくださいね!


【おすすめ!】英語の勉強になる意外な「あの番組」

こんばんは!

留学ステーションのGenkiです🥦

 

今年の冬は本当に寒いですね。

 

特に年明けはしばれてますね。

と言ったら、Moeがきょとんとした顔をしておりました。

 

 

まだまだ覚える北海道弁はたくさんありそうです。

 

 

というわけで今回は、

英語を勉強している方は必見!

 

留学ステーションが始めたオンライン留学。

 

ありがたいことに、受講者の皆さまよりご好評をいただいております。

 

トレーナーとして色々と提案をしていく中でやはり人気なのが、

映画などを使った英語学習!

 

 

 

学習と言いながらも、

息抜きに観れて、かつ英語にも触れられる。

 

ということで余暇の時間に試している方々がたくさんいらっしゃいます。

 

 

そんな方々に、僕がおすすめしているのがあります。

 

 

 

みなさん、

セサミストリートは知っていますか??

 

 

 

エルモやクッキーモンスターなどはみなさん一度は観たことあるはず。

 

記憶が正しければ、

子どもの頃に地上波のテレビで再放送を観たような記憶があります…🤔

 

 

 

ただ、あの頃は何を言っているのかよく分かっていないくらいに

ちっちゃかった頃に観ていました。笑

 

 

改めていま、もう一度観てみると

なかなか英語の勉強になるような番組だったんです!

 

 

例えば、

クッキーモンスターがimportantという単語について説明していたり。

もちろんクッキーを使いながら。笑

 

ボードゲームをしながら、

square(正方形)やcircle(丸)などの図形の単語について説明していたり。

 

 

英単語を教えているコーナーがなかなかあるのがセサミストリートなんです。

子どもに教えているから英語の説明がすごい易しい。

 

 

これは英語の勉強になること間違いなしですよ💪🏻

 

 

英単語だけではなくて、何かを説明するための英会話なども勉強できるのがとても良いところ。

 

 

単語は知っているけど、うまく物事について話せない…

 

なんて方にはとてもおすすめです。

 

英語を勉強している方、未来の留学生の方は

ぜひセサミストリートを観てみてくださいね🤓


【新年のご挨拶】HAPPY NEW YEAR!!!

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

そしてそして!!!

 

🎍新年明けましておめでとうございます🎍

 

 

ついに2021年になりましたね〜⭐️

 

 

皆さんは年末年始如何お過ごしでしたか??

 

私はお正月は家族と過ごしたのですが、兄の会社の福利厚生でなんとこんなに豪華なおせちのプレゼントが、、、∑(゚Д゚)!!

 

 

福利厚生でおせちがある会社なんて初めて聞いたのでびっくりです笑

でも伊勢海老やら鯛やら蟹やら本当に豪華で、1時間半くらいみんなで食べていました笑

年明け早々大切な人と美味しい食事を楽しめるって本当に幸せですね!

今年は例年とは違った1年間だっただけに、心からそう感じることが出来ました

 

去年1年間を振り返ると本当にコロナ1色の年だったな〜と思います、、

コロナ禍で大変な思い、辛い思いをした方が沢山いますよね、、、

そんな中首都圏の1都3県では緊急事態宣言の要請も、、、

早ければ1月7日から発令するとのことです!

 

夏に収まりこのまま終息に向かうと思った矢先、まさか冬になってこんな事態になるとは、、、

 

行きたいところに行けない!

 

やりたいことが出来ない!

 

会いたい人に会えない!

 

本当にこの状況は辛いですよね、、、

 

このブログを読んでくれている方々の中にも、留学・ワーホリに行きたくても行けないという方が沢山いると思います!

私達としても皆さんに是非留学・ワーホリに行ってほしい気持ちでいっぱいですが、今の状態ではそれも叶いません、、

 

今私達に出来ることは、今の現状をしっかり受け止めて、コロナウイルスに感染しないまた感染させないようにマスク着用や手洗いうがい、アルコール消毒を徹底し、感染防止対策に勤しむ!!!

 

そして何より重要なことは今の状態に悲観するだけではなく、何事もポジティブに、前向きに捉えていくことだと思います!!

 

弊社の代表TKCさんもよく「もうこれからは良いことしか待ってないから!!」とよく言ってくれます

本当にその通りだと思います!止まない雨はないって良く言いますもんね٩( ‘ω’ )و

この状態が永遠に続くなんてことはありません!!!

またあの平凡な日常が必ず戻ってくると信じて、今は辛抱しましょう!!!

 

留学も、ワーホリもまた必ず行けるようになります!!!

そんな日の為に今は英語の勉強や国・都市について少し調べてみたり、現地でまたは帰国後具体的にどんなことをしたいのか考えてみたり今を良い「準備期間」として活用しましょう♪

 

弊社の営業も本日(東京・静岡オフィスは明日から)再開しております(^O^)

これから渡航を考えている方、今日本にいながら準備をしっかり行いたい方!

是非お気軽にお問い合わせ下さい(^ ^)

今年も私たちが最大限サポートさせて頂きますよー

 

 

そして最後となりますが、2021年が皆様にとって良い1年となりますように、、、

 

 

 


【お得情報】留学費用が抑えられる?!

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

もう2020年も残すところ2週間となってしまいました、、

今年がもう終わるのかと思うと早いですね〜

でも今週は待ちに待った🎄クリスマス🎄!!

最近の弊社はずーっとクリスマスソングが流れています

(クリスマスソングはテンション上がるので私がいつもチョイスしているんですけどね、、、笑)

 

さてそんな今日は、もう今年も終わってしまうということで留学費用を少しでも抑える方法についてご紹介させて頂きます(^O^)

 

 

 

留学する際にほとんどのお客様がお申し込みするのが学校滞在先です!!

その費用実は年が変わると上がってしまう可能性があること、皆さんご存知ですか??

もちろん全ての学校で上がるわけではありません!!!

ただし授業料や滞在先費用が前年と比べて下がるということは残念ながらあまりないですね、、、

前年と同額もしくは費用が上がってしまうかどちらかです!

 

それでは具体的にどれくらい変わってしまうのか、下記でシミュレーションしてみましょう🔍

 

 

*2020年度料金で学校1年間・滞在先3ヶ月でお申し込みをした場合

 

 

授業料・・・$380×48週間=$18,240

滞在先費用・・・$240×12週間=$2,880

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計・・・$21,120(1,745,568円)

(※$1ドル82.65円で算出)

 

 

*2021年度料金で学校1年間・滞在先3ヶ月でお申し込みをした場合

 

 

授業料・・・$390×48週間=$18,720

滞在先費用・・・$245×12週間=$2940

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計・・・$21,660(1,790,199円)

(※$1ドル82.65円で算出)

 

 

2020年料金は2021年料金と比べると、

なんと44,631円お得です!!!

 

1週間あたりで比較すると、$10や$5の差ですが、塵も積もれば山となるとはまさにこのこと

就学期間や滞在期間が長ければ長い程ここの差は大きくなってきますね!

 

また学校によっては、年内のお申し込み限定で割引キャペーンを実施している学校もあるんです!!

留学費用は安価ではないからこそ、少しでも費用を抑えてお得に行きたいですよね!!!

 

弊社では各学校のキャンペーンを皆さんに還元しているのはもちろんのこと、入会金やサポート費用なども頂く事なく、

手配料無料で留学・ワーホリのサポートをさせて頂いております

 

 

来年の春または夏に留学を検討されている方は、是非お得なこの時期にご検討されてみては如何でしょうか?٩( ‘ω’ )و

ご興味ございましたら、カウンセリングやお見積もり作成も行っておりますのでお気軽にお申し付け下さいませ!!

 

 

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております!!!

 

 


【お役立ち情報】現地の保険と日本の海外留学保険の違いは??

, ,

2020年12月16日

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

北海道はついに雪が毎日のように降るようになってしまいました、、、☃️

本当に寒い、、、、

手袋がないと指先が凍りそうです笑

今までは頑張って自転車で通勤していましたが、もうさすがに難しそうなので諦めます笑

初めて過ごす北海道での冬。何回転んだか数えておいてと友人に言われました

転ぶことが前提なのかと今から身構えています、、、

 

さて、そんな本日は留学やワーホリだけではなく、海外旅行の際にも皆さん必ずご加入頂く保険!!

 

 

旅行であれば滞在期間が短いので、費用もそこまでかかりませんが、長期の滞在となるとやはりその分保険料がかかります。

その為、現地で保険に加入しようと考える方も多いのではないでしょうか??

 

現地で保険に加入頂く場合、確かに費用は抑えることが出来ます!!!

但し、もちろん日本で加入する海外留学保険とは補償内容やサポートが異なります!

今回は両者の違いを3つのポイントに分けてご説明させて頂きます(^O^)

 

1. 全てが英語対応


 

まず現地保険ですが、お申し込みや手続きなど全て英語で行う必要があります!

補償内容や適用範囲に関して約款などに英語で細かく書いてあるので、それを読んで理解するのはなかなか難しい、、、

また例えばご自身が怪我をされてしまった際、ご自身で病院に電話をして英語で症状などを説明頂く必要があります!

風邪などの症状であれば英語での説明も問題ないかもしれませんが、仮に交通事故など大きな事故に遭ってしまった場合、痛みで苦しい中、英語を使って説明するといった余裕はない可能性の方が高いです。

あとは必要書類の準備なども基本的には自分で行う必要があるそうです、、、

 

しかし日本の海外留学保険は、日本語での対応が可能です!!

具体的には、24時間日本語によるサポートを受けられたり、日本人のスタッフさんがいる病院の手配を行ってくれます!

また事故に遭った際も、現地デスクにお電話すると病院の予約や必要書類の準備など全てを保険会社の方が行ってくれるところも大切なポイントの1つ!!

あとは提携している病院へのキャッシュレスサービス(病院で治療費などをご自身で払う必要がなく、保険会社が病院に直接支払いをしてくれるサービスのこと)が付いていることも安心出来るところですね!!

海外は医療費がとても高く、ご自身でお支払いするには大きな負担ですので、こういったサービスも重要ですよね

 

 

2. その国や州だけではなく、別の国や地域でも保険の適用となる


 

現地で加入する保険は一般的にその国や地域を出てしまうと、補償内容が変わってしまったり、保険適用とならない場合があるので、注意が必要です!!

 

一方海外留学保険は、例えば旅行中に怪我をしてしまった場合もその地域の現地デスクがしっかりとサポートさせて頂き、病院も手配をしてくれます!!

留学やワーホリといった長期期間の滞在となると旅行は付き物✈️

地域が変わっても同様の補償が受けられることはいいですね!

 

 

3.携行品損害や賠償責任に関する補償は含まれていない可能性もある


 

現地保険では費用を抑えることが出来る分、追加でオプションなどを付けないと補償内容が充分でない可能性も大いにあります。

その為、保険金額の上限や補償内容は契約前にしっかりと確認をする必要がありますが、日本の海外留学保険では怪我や事故、

病気による死亡保険金がカバーされることはもちろんこと、携行品損害や個人賠償責任、生活用動産なども補償の対象です!!

 

こういったところまでトータルで補償してくれているのは日本の海外留学保険の大きなメリットですね!!

 

 

上記のように現地保険と海外留学保険では、補償内容やサポートが大きく異なります!!

慣れない海外での生活、、、

プロの方にお任せできる、日本語で対応して貰えるというのは非常に安心出来ますよね(^^)

日本の海外留学保険に加入すると高いと思われがちですが、ここまで補償内容が充実していてサポートしてくれるなら納得です!!

 

保険の加入を検討する際は、費用だけではなく補償内容やサポート部分もしっかりと確認するようにしていきましょう!!

 

弊社ではご留学・ワーホリされる方へ提携している保険会社の充実した海外留学保険のご紹介も行っております

 

皆さんの留学をトータルでサポートさせて頂いておりますので、留学・ワーホリを検討されている方は、是非お気軽にお問い合わせ下さいね(^ω^)