留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

【コロナ後の励みに!体験談】Sakurakoさん in IRL ②

こんにちは!

留学ステーションのSakiです🌿

 

みなさん、Sakurakoさんの体験談Part1はご覧になられましたか?

とにかく積極的にアウトプットする機会を作り、スピーキングの実践実践実践!!!をされておりましたね( ´ ▽ ` )♡

アウトプットを実践に移していくのは大変なことですが、それを行なったSakurakoさんは素晴らしいと思います

それでは、続きのPart2にいきましょう!!!

−−−−−

④現地での1日の生活リズムを教えてください。


7:00:起床・朝食・準備

8:30~13:00:学校

13:00:昼食、友達とお喋り

14:00~18:00:曜日によって学校で勉強・選択授業、友達とカフェや買い物、アルバイト

18:00:スーパーなどによって買い物をして帰宅

19:30~:夕食・ハウスメイトと団欒

21:00~:勉強

24:00:就寝

 

⑤留学ステーションの留学相談・サポートはいかがでしたか?


出発前の準備段階から丁寧にしっかりサポートしてくださっていました。

海外に一人で行くのは初めてで不安もありましたが、ダブリン到着後の語学学校への入学やビザ申請など最初の段階でするべきことをしっかり教えてくださり明確であったため、つまずくことなく手続きが出来ました。

 

⑥今後留学を考えている方に向けてアドバイスをお願いします!


・資金は多めに用意する

学生ビザであっても働けるのがアイルランドのメリットですが、仕事を見つけるのは他のワーキングホリデーを受け付けているような国よりも難しいようです。またダブリンの家賃は高く、安いところだと通学の交通費が高くなり、想像以上にお金がかかります。ワーキングホリデーでアイルランドに来ていた人の中には仕事を見付けることが出来ず、資金面の理由から途中帰国する人も少なくありませんでした。また学生ビザであっても資金に余裕があると、ヨーロッパ各国や国内旅行にも行きやすくなり、より充実した時間が過ごせると思います。

 

・家を探すのはできるだけ早く

上記の通り家賃が高く、ダブリンの住居は概ね飽和状態で軒数が多くありません。時間が無く焦って探し失敗したという話も何度か聞きました。家を探す場合はできるだけ早く、また現地に居る日本人から情報をもらうのが正確で安全だと思います。

 

・防水のショートブーツもしくは丈の短い長靴を持って行く

余談かもしれませんが、ダブリンは一年を通して雨が多く、特に秋から冬にかけてはほぼ毎日雨が降ります。一時期は通学の短時間だけでも、毎日のように雨で靴が濡れていました。現地で防水の靴を探したのですが、あまり売っていませんでした。知人の中には日本から送ってもらった人、旅行時に他国で買った人など様々でしたが、あると重宝すると思います。

 


最後のアドバイスはこれからアイルランドに渡航を予定している方にはありがたいアドバイスですね

家や仕事が見つかり難いというのはよく聞く話ですが、努力をしてアルバイトまで経験されたSakurakoさんが得たものは想像できないほどあったかと思います🌟

ワーキングホリデーができる国でも資金はあるに越したことはありません!

ただ、しっかり働ける国もございますので詳細は留学ステーションまでお問い合わせくださいませ

Sakurakoさん、改めて素敵な体験談をありがとうございました!

この学びをお仕事に活かしていくことをスタッフ一同願っております✌︎(‘ω’✌︎ )

 


【コロナ後の励みに!体験談】Sakurakoさん in IRL ①

,

2020年6月21日

こんにちは!

留学ステーションのSakiです🌿

 

みなさんに早くシェアしたい気持ちを抑え、温めていた体験談を本日はご紹介させていただこうと思います😀☆*

なんと!!!アイルランドでの体験談です🇮🇪

ボリューム満点の内容となっておりますので、2回に渡ってお伝え致します!

ぜひ近日アップ予定のPart2もご覧くださいませ♪

 

【仕事を辞めて念願のヨーロッパ長期滞在!】


お名前:Sakurakoさん

ご年齢:27歳

渡航先:アイルランド

留学期間:約8ヶ月

学校名:Kaplan Dublin校

ビザタイプ:学生ビザ

 

 

①留学をしようと思ったきっかけはなんですか?


・ヨーロッパが好きで一度住んでみたかったこと

・日本でしていた仕事が接客業で英語が必要となる場面があり勉強していたが、自宅での座学ではスピーキングが伸びず、一度機会を作り集中して勉強したかったこと。

・アイルランドはヨーロッパの他の英語圏であるイギリスやマルタと比べ、都会すぎず有名すぎず暮らしやすそうと思ったこと。

 

 

②留学を通じて学習面で最もためになったことはなんですか?


・とにかく友達と遊ぶこと

最初は英語に自信が無かったため、相手に迷惑をかけてしまうのでは…?と消極的になることもありました。しかし週末などに友達と遊び一日英語漬けになると、自分でも実感できるほどスピーキング、リスニングが伸びました。語学学校にいる周りの友達を見ていても、よく遊ぶ人ほどスピーキング、リスニングが伸びていたように思います。

 

・Meetupに参加すること

ホームステイの時はネイティブの英語を身近で聞くことが出来ますが、ホームステイを出るとネイティブの英語を聞く機会が一気に減りました。一般的にアイルランドの英語はアメリカやオーストラリア、フィリピンなどの英語よりも聞き取りにくいと言われていますが、私も最初はほとんど聞き取れませんでした。アイルランドのMeetupでは様々な国出身の人たちに加えアイルランド出身の参加者もおり、定期的にネイティブの英語を聞くことが出来ました。たとえ聞き取れず聞き返したとしても、皆さん嫌な顔一つせず丁寧に説明してくれました。

 

 

③留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出を聞かせてください。


・アイルランド滞在中にヨーロッパ各地に旅行できたこと

ダブリンは飛行機で1~2時間で行ける国が沢山あり、土日休みだけでも海外旅行に行けます。私は学生ビザでの滞在でしたが、滞在中に10ヵ国以上旅行に行けました。また旅行する度に自分の英語力も確認でき、勉強のモチベーションも上がりました。

・世界各国出身の友達ができ一緒に過ごせたこと

どの国に滞在しても同じだと思いますが、語学学校を通じてヨーロッパを中心に南米や中東出身の友達が沢山できました。友達の出身国に興味が持てたり、その国について知れたり、互いに自国の料理を作って食べたり、一緒に勉強したり。友達と過ごした時間はいつも有意義で貴重な時間でした。

・アイルランド人の人柄

昨年のラグビーワールドカップでアイルランドが日本に惜敗した際、私は街中やバス停で何人かの初対面のアイルランド人に「あなたは日本人ですか?」と声を掛けられました。皆口々に言ったことは「日本のプレーは素晴らしかった!」「日本のラグビーは本物だ!」「今後の日本の試合を楽しみにしているよ」でした。悔しい思いもあるはずなのに、そのように相手国である日本を称賛するアイルランド人にとにかく驚き、心打たれ、今でもとても印象に残っています。

 


Sakurakoさんの積極的な行動が色々な経験に繋がっていますね*

日本でも大盛り上がりだった世界ラグビー🏉をアイルランド で観戦できたことは貴重な体験だったかと思います!

対戦相手の国の人を褒められるアイルランド 人のお人柄にほっこりしたアピソードをシェアしてくださりありがとうございました💟

 

Part 2も乞うご期待です( ´∀`)♡


【留学のコツ】満足いく仕事をするためにしたこと!】

こんにちは!

留学ステーションのSakiです🌿

 

私は2年前の今頃…オーストラリアでのワーキングホリデーを開始し語学学校を今週で卒業する頃でした!

私の通っていた学校は4週毎にテスト期間がありましたので、1つでも上のクラスに行って卒業したいと毎日勉強していたな・・・

 

勉強をしながらもずっとずっとずっと気になっていたのは仕事のことでした😇

「仕事見つかるかな〜」「レジュメ大丈夫かな〜」「面接怖いな〜」

今思えばとってもネガティブ😳!!!

 

「仕事見つかるかな〜」→行動あるのみ!

「レジュメ大丈夫かな〜」→配ってみるのみ!

「面接怖いな〜」→挑戦あるのみ!

 

海外で仕事を見つけるためにはまず必要なのは👆のようなポジティブ!

 

それと同じくらい大切なものは…

“これだけは譲らない!と言うもの決めておくこと”

だと思います( ✌︎’ω’)✌︎

 

私は『日本人がオーナーのところでは働かない』と決めて仕事を探しました!

※日本人オーナーのところはやめておくようにと言っている訳ではありませんので、人それぞれの譲らないことで構いません☺︎

 

 

『日本人がオーナーのところでは働かない』を実践してみての感想


3つの仕事を経験しましたが、それはそれは大変なこともたくさんありました🙃

面接は毎回ド緊張!!!(自分の長所と短所を言って〜って言われた時の心臓はバグりました😅)

説明は2〜3割理解できず!!!

お客さんの英語わからない!!!

緊張で英語も飛んでいく!!!

うぇ〜ん😭でした。。。

でも、続けることで学んだこと得たこと楽しかったこともたくさんありました😌

友達が多国籍!!!

ボスの優しさに触れる!!!

お客さんの優しさに触れる!!!

そして…英語に抵抗がなくなる!!!

改めてお金を稼ぐことへの大変さと大切さを学びました。。

とても良い経験ができました。。


コロナウイルスが落ち着いて渡航できる頃には、経済活動も徐々に回復するかと思います!

ぜひ就職活動をする時は、自分の中で“これだけは譲らない!と言うもの決めて”探してみてくださいね!

そうすればきっと成長できる場所が見つかるはずです…⭐︎

 


【ワーキングホリデー in バンクーバー 〜第3弾〜】

,

2020年6月10日

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日はカナダワーキングホリデー中のお仕事についてお話します!

2種類の仕事を行ったので、2回に分けてお話させて頂きますね

 

 

まず私はバンクーバーに到着後、家を決めて、その後すぐに仕事探しを始めました。

 

仕事探しの方法も掲示板や知り合いの紹介、自分で直接お店に履歴書を渡しに行くなど様々ですが、私は掲示板を利用しました!

掲示板にも日本語の掲示板と英語の掲示板がありましたが、仕事選びで失敗したくないという想いから、書いてある内容を100%理解することの出来る日本語掲示板を選びました

(これを後々とっても後悔することに、、、

 

日本語掲示板だったので、日系のレストランや居酒屋といった飲食店がほとんどでした。

私はフィリピンで留学をしている時からカナダに行ったらギフトショップで働きたいと思っていて、留学期間中も履歴書や面接対策などはギフトショップを想定して練習を重ねてきました。

 

掲示板からギフトショップの求人をいくつか見つけたので、まずはメールで働きたいという旨を伝え、履歴書を送りました!

どの店舗も面接を受けることが出来、店舗の大きさや雰囲気、扱っている商品数、立地などからある1つのお店に決めました( ^ω^ )

 

 

働き始めて1か月半、、、

辞めてしまいました( ;∀;)

 

辞めた理由は、英語環境ではなかったからです

 

働く環境自体はとっても良かったんです!!!

マネージャーや先輩方はみんな親切で良い方々でしたし、勤務時間も1日8時間の週40時間しっかり働けていたので、給料も安定していました。

 

しかし、そこのギフトショップは日本人が立ち上げたお店で、日本の旅行会社のツアーなどでいらっしゃる観光客の方々が必ず立ち寄るお店だった為、来店するお客様の6、7割は日本人。

その為、マネージャーも片言ですが日本語は話せましたし、SE以外のスタッフは全員日本人でした、、、

そんな職場環境だった為、もちろん業務中のスタッフ同士の会話も日本語でした

 

私はこの時初めて日本語掲示板で職探しをしたことを後悔しました

日本語サイトということは日本人向けの求人しか掲載していないということ。

 

私がカナダへワーキングホリデーに行った1番の目的は、自分の英語力を上達させることだったので、日本語環境の場所でずっと働いていては、1年間しか滞在出来ないのに時間が勿体無いと思い、辞めることを決意しました!

 

皆さんも海外で仕事を探す際に掲示板を利用するならば是非英語の掲示板を利用してください!!

英語の掲示板は日本語のものと違いもちろん難易度が高いですが、そこを乗り越えてこそ、ご自身の英語力を伸ばせる職場環境で働くことが出来ます\( ˆoˆ )/

そういったところでも是非積極的にチャレンジしてみてくださいね

 


【ワーキングホリデー in バンクーバー 〜第2弾〜】

,

2020年6月9日

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日は【ワーキングホリデー in バンクーバー 〜第2弾〜】として、バンクーバーでのシェアハウスについてお話させて頂きます\( ˆoˆ )/

 

私はワーキングホリデービザでカナダへ1年間渡航してきました!

ワーキングホリデービザでも6か月までは就学が可能ですが、私は1年間カナダで仕事をしたかったという理由と、費用を抑えたかったという理由から、まずはフィリピンで3か月語学留学、それからバンクーバーへ行く、そんな2か国留学をしました

 

仕事が見つかるかどうかも不安でしたが、それ以上に住まいのことが1番心配でした。。。

 

私はイギリス留学の際にホームステイを既にしていたので、カナダでは家賃も安くて、自分の自由もあるシェアハウスに住もうと渡航前から決めていました

 

 

日本で住まいを見つける時、多くの方々は不動産屋さんに行きますよね?

そこで担当の方と住む地域や家の設備、家賃といった様々なことを相談しながら最終的には決めていくといった流れが一般的かなと思います。

 

しかしカナダで住まいを探す時、仲介に入ってくれる業者の方はいませんでした。

実は向こうでは、家のオーナーと入居者1対1のやりとりなんです!

それなので、住む地域や設備、家賃ももちろんしっかり考える必要がありますが、オーナーが信用できる人なのかもしっかりと自身で見極めなくてはなりません!!

 

私も掲示板サイトに載っていた4.5軒の家にお邪魔して、部屋を見させて頂きましたが、最終的にはオーナーで決めました

私以外に2人の入居者がいましたが、ルームメイトもオーナー家族もとっても良い方々で、居心地も良かった為1年間そこでお世話になっていました!

 

 

家によっては先払いのデポジット(預かり金)を返してもらえないケースなどもあるようなので、皆さんも海外で家を決める際はお部屋の条件だけではなく、オーナーやオーナー家族、ルームメイトといった自分と一緒の家に住む方々のこともしっかりと考慮してくださいね(^ ^)

 

 


【ワーキングホリデー in バンクーバー 〜第1弾〜】

,

2020年6月8日

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日は私が一昨年から昨年まで行っていたバンクーバーでのワーキングホリデーについてお話させて頂きます!

 

まずなぜカナダだったのか。

なぜバンクーバーを選んだのか。

そこからお話させて頂きますね

 

カナダを選んだ理由は、カナダでは多くの移民を受け入れているという環境がある為、人々が異文化を受け入れるということにとても寛大で、初めての長期の海外生活にはお勧めだと聞いたからです\( ˆoˆ )/

 

その中でもバンクーバーを選んだ理由、大きなポイントは気候でした

トロントも検討しましたが、冬のマイナス気温の寒さに耐えられる自信がありませんでした

逆にバンクーバーは夏は湿気もなくカラッとした暑さで、冬は雨も多いですが、だいたい東京と同じくらいの寒さなので、快適に生活出来ました(^○^)

夏は夜の22時過ぎても外はまだ全然明るいので、日の長さに最初はびっくりしました!!!

 

また、バンクーバーは観光都市なので、経済が発達しているという便利な面もありながら、自然がとても豊かでリフレッシュ出来る環境もあったので、田舎の良さと都会の良さがどちらもあって、そういったところも私は大好きでした〜

 

 

今まで留学経験はありましたが、長期の海外生活は初めてだったので、

 

『過ごしやすさ』を重視したい!!

 

そこが私が最も優先させたいポイントでした。

 

国や地域によってどのような生活を送れるかは大きく異なりますので、現地でどんな生活を送りたいか。

目的は何なのかをしっかり明確にした上で、国や地域を選んでくださいね( ´ ▽ ` )♫

 

留学ステーションでは、皆さん1人1人の希望に沿った留学・ワーキングホリデーをご提案させて頂く為に、世界12ヵ国50都市、300校以上の提携校がありますよ

 

是非留学ステーションで、あなたに合った留学・ワーホリをしてみませんか??

資料請求やカウンセリングなど、お問い合わせお待ちしております!!

 


【留学の魅力✳︎.】

,

2020年6月6日

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

昨日まではイギリスやフィリピンの語学学校での様子や生活についてアップしておりました!

今回はまた別の視点で留学の魅力についてお伝えさせて頂きたいと思います☆

 

これから留学をする方、留学を経験した方、多くの方々は英語力の向上の為に留学をするのではないでしょうか?

私もその1人でした!

 

私は海外旅行が好きだったので、英語が話せたらもっと旅行を楽しめるだろうな〜そんな思いから留学に興味を持ち始めました

留学に行ったことで、確かに英語力は上がりました!

話せるようにもなりましたし、TOEICの点数も格段と上がりました( ´ ▽ ` )♫

 

しかし、留学に行って得たものってそれだけではないんです!!

留学=勉強だけではないんです!!!

 

日本と全く異なる環境に身を置くことで、自分も成長するし、今まで関わったことのないような外国の方々、文化に触れることで価値観がとっても広がりました\( ˆoˆ )/

これは実際に留学に行かなかったら感じることが出来なかったことだと思います。

 

 

そんな経験をする為にも、現地の人達となるべく関わりを持つ!

その国ならではの有名な場所や行事、食事を体験する!

是非積極的に行ってみてください

 

その国ならではのものを直接目で見て、肌で感じてくることは実際に行かないと経験できないので、とっても貴重だと思います!!

そんなことが出来るのも留学の魅力の1つですよね(^○^)!!

 

留学の素晴らしさが1人でも多くの人に伝わって、より多くの人に留学を経験して欲しいなと思っています

 

 

そんな留学やワーホリに行く方々を留学ステーションは全力でサポート致します!!!!

 


【短期語学留学 〜フィリピン編 第2弾〜】

,

2020年6月5日

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日は昨日アップした続き、フィリピンでの語学留学の第2弾をお送り致します\( ˆoˆ )/

今日は語学学校での授業について詳しくお話させて頂きますね

フィリピン留学をご検討中の方は是非参考にしてみて下さいね!!

 

 

フィリピンの語学学校の特徴はなんといってもマンツーマンレッスン!!

 

 

欧米や日本ではマンツーマンレッスンはなかなか受けられないですよね。

 

グループレッスンと違ってマンツーマンレッスンのメリットは、自分の苦手分野を短期間で克服出来るところ!

生徒は自分1人なので、先生もこちらの弱点をしっかり克服出来るように、1人1人に合った授業を柔軟に展開してくれるところはグループレッスンにはないメリットです!!

 

私は特に前置詞や時制が間違っていたり、冠詞を抜かすことがとても多かったので、担当の先生手作りの沢山の問題を解きに解きまくりました

正しく理解できず間違えるポイントというのは人によって様々だと思うので、マンツーマンだったからこそどこが理解出来ていないのか、根本から理解出来たと思います(^ ^)

私も今はだいぶ克服出来たので先生に本当に感謝です!

 

また、私達が苦手としているスピーキング!!!

そこも先生と自分だけの空間なので、自分が必ず話さなくてはいけない環境なんです!

自分が話さないと授業は全く進まないので

私自身が経験して思ったのは、日本人の国民性にはこの授業スタイル、とても合っていると思います

 

 

教室も、先生と生徒の2名だけなので下のようにとっても小さいんです

 

ただ、フィリピン人の先生はとってもフレンドリーなので、授業も楽しく進んであっという間に終わってしまいますよ😆!!

 

私も週末は先生達とゲームセンターや山登りに行ったりしていました( ^∀^)☆

 

 

イギリスの4ヶ月の留学に比べると、3ヶ月と1ヶ月短かったですが、自分の苦手なところはかなり克服出来たな〜と思います!

そういった点では、短期間で成長を感じられた3ヶ月の短期留学だったなと思います( ^∀^)

事情があって数ヶ月の短期間しか留学に行けないという方には、フィリピン留学とってもおすすめですよ

 

留学ステーションでもフィリピン留学を取り扱っていますので、気になる方は是非お気軽にご相談下さいね( ´ ▽ ` )♫

 

 

 


【短期語学留学 〜フィリピン編 第1弾〜】

,

2020年6月4日

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日は私が経験した2回目の留学、フィリピンでの語学留学についてお話させていただきます!!

 

 

一言に留学といっても国によって様々なスタイルがあります!国選びも非常に重要なポイントの1つですよ

 

イギリスでの生活とフィリピンでの生活は、学校の授業の進め方といった学習面と、日々の暮らしといった生活面に大きな違いがあったので、それらを比較して違いをお伝えします!!

ご自身のタイプや目標に合った国を選んでくださいね

 

 

フィリピンでは、マニラから車で4時間程かかる日系の語学学校に3ヶ月間通っていました!

欧米ではホームステイをする方がほとんどだと思いますが、フィリピンの多くの学校はキャンパスの中に学生寮も備わっていて、学習・宿泊・食事が学校内で完結するといった大きな特徴があります

私は朝早起きがするのが苦手なので、下の階に行けばすぐに授業が受けられたフィリピンでの環境、とっっっても有り難かったです

 

私の通っていた学校には、キャンパス内に動物園もあったんですよ〜

今はスポーツジムがキャンパスにある学校も多いようで、沢山勉強して、疲れたら気分転換に身体を動かして、、、

リフレッシュ出来てとても良いですよね

 

食事も1日3食ついていました!!

私が通っていた学校は日系だったので、カレーライスやナポリタン、とんかつなど日本人の好みに合うように味付けも工夫してくれていたようでした

 

学生寮の部屋も1人部屋か相部屋か選ぶことが出来るので、ルームメイトが日本人以外だったら授業の時間以外でも英語を使ってコミュニケーション取れるチャンスもあるんですよ〜( ^ω^ )

 

イギリスでのホームステイでは、ホストマザーに英語を教えてもらったり、一緒にTVを観たり、学校以外の時間も英語に触れられる機会が沢山ありました

フィリピンでは学生寮だしそういう機会はなくなるなと思っていましたが、学生寮は学生寮で同じ部屋の人達と一緒に勉強して教え合ったりするまた別の楽しさがありました

 

生活面だけでもこんなに違うイギリスとフィリピン

学校での授業にはどんな違いがあるのか。。。

 

明日の第2弾で詳しくご紹介します\( ˆoˆ )/

明日の第2弾もお楽しみに

 

 


【コロナ後の励みに!体験談】Keikoさん in AUS

こんにちは!

留学ステーションです🌿

 

前回の体験談はご覧になられましたでしょうか😄?

今回もコロナが収束し渡航ができるようになった後の励みになる素敵な体験談をご紹介したいと思います˚✧

Keikoさんの体験談は社会人でこれから留学やワーキングホリデーにチャレンジしたい方にぜひぜひ読んで欲しいです🙋‍♀️

 

【ずっと行きたかった留学!ステップアップのため挑戦!】


お名前:Keikoさん

ご年齢:33歳

渡航先:オーストラリア

留学期間:約10ヶ月

学校名:Greenwich English College Melbourne校

ビザタイプ:学生ビザ

 

①留学をしようと思ったきっかけはなんですか?


学生の時から英語が好きで、ずっといつかは海外へ留学したいと考えていました。

社会人として10年以上経った時に自分の生活に満足はしていましたが、自分自身を更に成長・ステップアップしたいと思い留学しようと決めました。

 

②留学を通じて学習面で最もためになったことはなんですか?


私は9ヶ月語学学校に通っていました。学校の雰囲気としては、校内では母国語禁止とされておりクラスでもカフェでも英語を話すよう心がけていました。先生やクラスメイトととにかく英語で会話をすることで、Speakingは上がったと思います。

しかし、文法や単語がわかっていないとボキャブラリーの少ない端的な会話となってしまうので、学校での英語の基礎となる学習は非常に大切だと感じました。

また、私は英語で日記を書く時に習った文法や単語などを使っていました。また、それを先生に添削してもらい正しい使い方を学ぶことが出来ました。受け身の勉強だけではなく、Writing→SpeakingにつなげるといったOutputを意識した勉強は効果があったのではないかと感じました。

また、バイト先でウェイトレスとして働いていたので、ネイティブスピーカーの発音を聞き取ること(特に電話)はListeningに効果的だと思いました。

 

③留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出を聞かせてください。


留学中はずっと学校に通っていたので、学校の先生方や多国籍の友達と過ごした時間が印象に残っています。先生はいつも熱心に根気よく教えてくれて、海外生活の悩みなども聞いてくれたりとたくさんサポートしてくれました。特にケンブリッジクラスの友達とは、同じ目標に向かって励まし合いながら勉強したり、みんなでピクニックやバーに行ったりと楽しい思い出ができました。

バイト先はジャパニーズレストランで働いていました。私は英語をのばしたいと店長に伝えて、まったく英語が話せない状態で半ば強引にウェイトレスになり、接客や電話対応など特訓の日々でした。英語力は徐々にのび、ネイティブの方々が使う英語・生活・文化も知ることが出来て挑戦して良かったと感じています。

 

④現地での1日の生活リズムを教えてください。


6:30:起床・準備・朝ごはん

9:00〜15:00:学校

15:00〜17:00:カフェ、勉強、図書館

17:00〜23:00:バイト・晩ご飯

0:00:帰宅・就寝  (バイトは週3〜4日)

 

⑤留学ステーションの留学相談・サポートはいかがでしたか?


留学ステーションの皆さんにサポートして頂き、自分の希望に沿った留学生活をおくれた事に感謝しています。

留学後も留学ステーションの方々と連絡をやり取りできた事や、Mioさん(学校の日本人担当スタッフ)にも相談できたので安心でした。

ケンブリッジ検定コースでPETをとることが出来たので、英語学習は続けていき今後FCEに挑戦していきたいと考えています!

 

⑥今後留学を考えている方に向けてアドバイスをお願いします!


海外留学は簡単な決断ではありませんが、英語だけではなく人生において必ず素敵な経験が得られると思います。

留学をする上で、「◯◯をする」「◯◯を達成する」などというように、目標を明確にしていくことをおすすめします!目標があれば頑張れますし、それが出来た時に自分の成長も感じられるし、来てよかったなと思います。

人生の中で貴重な留学生活、ぜひエンジョイしてください!

 

素晴らしい体験談ありがとうございました!

Keikoさんもおっしゃっておりますが、仕事を辞めて新しい世界に飛び込むことはとても簡単なことではないかと思います。

でも、挑戦することで見ることができる世界はきっと想像もつかないほど大きくて広い世界かと思います🗺♪

Keikoさんのようにストイックにしっかり目標を立ててぜひ皆さんにもがんばっていただきたく思います✳️

コロナが落ち着いたら、Keikoさんの後に続きましょう!!!