留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

【英語学習】似たもの動詞 その3

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

最近仕事が終わって自転車に乗って帰ると非常に寒い、、、

早いことにもう札幌は秋なんですね〜🍁

外も暗くなるのが早くなりましたよね!!

友人に今から寒いと言っていたら冬耐えられないよと言われたので、

今から冬の寒さに少しビビっています、、、笑

 

 

本日は続いておりました似たもの動詞の第3弾です(^O^)

「みる」、「きく」ときたらお次は、、、

 

「話す」!!!

 

 

日本語で話すと訳される単語は、「speak」「talk」の2つですが、似ている表現の「言う」と訳される「say」,「tell」についても併せてご紹介していこうと思います(⌒▽⌒)♪

 

上記の4つの単語、「speak」「talk」「say」「tell」はいずれも「伝達動詞」と呼ばれています。

基本的には、

 

① 聞き手(話し相手)の存在を想定しているかどうか。

②話す行為と内容のどちらに焦点が置かれているか。

 

という2点で区別し使い分けることができます。

 

 

 

speak


 

speak:聞き手を必要とせず、話す「行為」に焦点が置かれる

 

speakは一方的に声や音を出すときに使われる表現で、誰か(聞き手)と何かについてお互いが話すといった場面では使わない表現となっています。

例えば、I can speak English.(私は英語を話すことが出来ます。)という文章は、誰かに話しているのではない為、聞き手は必要ありませんよね?

「英語を話す」といった行為に焦点が置かれています!

このように言語そのもの(English、language、word)を話す、という場合には、この speak が用いられます。

 

人に向かって speek を使う場合は speak to +人 の形になり、話す内容が続く場合は speak about+内容 の形となりますので、こちらも併せて覚えておきましょう!!

下記はspeakを使った例文になります!

 

・Please speak more slowly.

(もう少しゆっくり話して下さい。)

・The President speaks on the White House.

(大統領がホワイトハウスで演説をします。)

 

 

 

talk


 

talk:聞き手を必要とし、話す「行為」に焦点が置かれる

 

一方talk は、相手と言葉のキャッチボールをしながら話す行為というやりとりを表現する動詞です。

2人以上で話し合うときも talk を使います。

このようにtalkの場合は、聞き手がいないと「話し合い」は成り立ちませんので、必ず話し相手の存在がいるということが前提です!

そして「誰かと話す」といった行為に焦点が置かれています!

下記が例文となります。

 

・I talked with my husband about child’s education.

(子供の教育について夫と話し合った。)

・We talked on the phone about new years holiday.

(私達はお正月休みについて電話で話した。)

 

 

 

say


say:聞き手を必要とせず、話す「内容」に焦点が置かれる

 

 

sayの場合は、ある内容について意味のある言葉や単語発するときに使用する表現です。

 

声に出して言うという意味の speak とは違って、話す「内容」に焦点が置かれています。その為say の目的語には「発言した言葉」が来ることになります。

say は手紙や新聞など人でないものを主語にとって「~と言っていた」とする場合にも使えます。

下記はsayを使った例文です。

 

・He didn’t say anything to me.
(彼は私に何も言わなかった。)

・He said ”hello” to me when we met supermarket.
(私達がスーパーで会ったとき、彼は私に「やあ」と言った。)

 

 

 

tell


 

tell:聞き手を必要とし、話す「内容」に焦点が置かれる

 

 

最後のtellは、人に情報を伝える、知らせる、語るという意味で、内容を聞き手に伝達するといったところがポイントとなります!

 

 

tell も伝える相手がいないと動作が成立しない為、聞き手の存在が必要不可欠です!

 

ただし talk とは違い、話す行為そのものよりも話す内容の方に焦点が当てられています。

 

下記がtalkを使った例文です。

 

・He told us about his own experience in CANADA.
(彼はカナダでの自身の経験を私達に語った。)

 

・Could you please tell us what we should do?

(何をするべきか教えて頂けませんか?)

 

 

 

 

如何でしたでしょうか??

「話す」という意味合いを持つ単語だけで4つもあるので使い分けが大変ですが、こうやって違いを知ると、英語で考えたときにこの4つの単語は全く異なる使い方をする必要があると改めて実感することが出来ますね〜^ ^

 

この4つの単語を使い分ける際の重要なポイントをもう一度下記に記載致しますね♪

 

 

① 聞き手(話し相手)の存在を想定しているかどうか。

②話す行為と内容のどちらに焦点が置かれているか。

 

 

上記の2つのポイントをしっかり意識して使い分けが出来るようにしましょう!!!

 

 

 


【英語学習】似たもの動詞 その2

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日は前回に引き続き、似たもの動詞シリーズです!!

今回は、「hear」と「listen」の日本語で言うと「きく」といった英語について、違いをご紹介していきたいと思います!

違いをしっかり理解することで、正しい使い分けをしましょう(⌒▽⌒)

 

 

 

hear


 

「hear」は音が無意識に自然と耳に入ってくる時に使用します!

例えば外から物音が聞こえた時。これは意識的に聞いていたのではなく、自然と音が耳に入ってきていますよね?

こういったときの「きく」は「hear」を使って表現します。

 

またそれ以外にもhearは、音沙汰があるという表現としても使うことが出来ます!

下記がhearを使った例文です!

 

・Did you hear that? It’s raining outside.

(聞こえた?外は雨が降っているみたい。)

・I haven’t heard from Tom for 3 years.

(トムから3年間音沙汰がない。)

 

 

 

listen


 

一方「listen」は、意識して自ら耳を傾けて積極的に音を聞くときに使用します!

よくある表現が、listen to music

これは誰しもが一度は耳にしたことがあるのではないかなと思います!

音楽は自然に耳に入ってくるというよりは、音楽を聞こうという意思があって意識して聞いていますよね?

こういったときは、hearではなくlistenを使って表現します!

 

この使い方を理解すると、ラジオを聞いている人のことを「リスナー」と呼びますが、リスナーと呼ぶ理由がlistenからきていると分かりますよね(⌒▽⌒)♪

 

またlistenは自動詞でもあるので、「〜を聞く」と表現したい場合は、listen to〜のように前置詞が必要ですので、ここも併せて覚えておきましょう!!

 

 

・I usually listen to the radio in the morning.

(私は大抵朝はラジオを聞きます。)

・I used to listen to english songs while studying when I was a student.

(私は学生の時、英語の曲を聴きながら勉強していた。)

 

 

 

 

皆さん如何ですか〜(⌒▽⌒)??

確かに意識して聞く音と、自然と耳に入ってくる音。状況は違いますよね!!

英語を使い分けるときに違いを理解するのはもちろんですが、状況をしっかりとイメージするということも非常に大切なことですね!!

 

次はどんな似たもの動詞のご紹介でしょうか

 

 


【英語学習】似たもの動詞 その1

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日からは、日本語の意味は同じなのに英語では使い分けが必要になる似たもの動詞をいくつかご紹介させて頂きます!

オンライン留学の受講生の方からも質問を頂くことが多いので、このブログを読んで皆さんに違いを理解して頂ければ嬉しいです(^O^)⭐️

 

 

 

 

1回目の本日は、「look」,「see」,「watch」の違いと使い分けをご紹介します!!

 

どれも日本語では「みる」というなので、しっかり単語の意味を理解出来ていないとシチュエーションごとで正しい使い分けが出来ません、、、

それではまずは各単語の持つコアイメージを掴みましょう!!

 

look


 

lookは、「(意識的に)視点を向ける」=「目を動かす」という動作を表現することが出来ます。

その為、lookは基本的に視線を向ける方向(先)を示すのに必要な前置詞や副詞とセットで使うことが非常に多いです。

以下に例文を記載致します!

 

・He is looking at the dog.

(彼は犬を見ている。)=彼を犬の方を向いている。

・I’m looking forward to see you.

(あなたに会えることを楽しみにしています。)=あなたに会えるその時に視点を向けて言っている。

・You look scary.

(あなたは怖そうに見える)=あなたに視点が向いている。

 

 

see


 

一方seeは、「視界に入る」=「(意図はしていないけれど)自然に見える」時にseeを使います。

seeは「みる」という意味以外にも「わかる」という意味や「(偶然)見かける」という意味でも非常に良く使われています!

下記がseeを使った例文です。

 

・I couldn’t see anything in this darkness.

(私はこの暗闇の中では何も見えませんでした。)=辺りが暗くて何も視界に入ってこなかった。

・I saw you when I was shopping at a department store.

(デパートで買い物をしている時にあなたを見かけた。)=デパートで買い物をしていたら偶然見かけた。

・I see what you mean.

(あなたの言っていることはわかります。)=この場合、「みる」ではなく「わかる」と訳される。

 

 

watch


 

watchは「動きがあるものをみる」=「目で追いかける」といった動作を表現出来ます。

その為、テレビや映画のような映像を観るときはこのwatchを使います!

それだけでなく、「見張る」や「監視する」というように注意してみるという動作にもこの単語を使います。

下記がwatchの例文です。

 

・I usually watch TV after dinner.

(私は大抵夕食後テレビを観る。)=テレビは映像に動きがあるので、watchを使う。

・Watch your steps.

(足元に気を付けて。)=危ないから注意してみる必要があるので、watchを使う。

 

 

 

皆さん如何でしたでしょうか?

この3つの単語は大きく分けると「みる」という意味で同じですが、微妙にニュアンスが違うのです!!

この微妙なニュアンスの違いが英語では大きな違い!!

今後この動詞を使うときはしっかり違いを理解して、使い分けられるようにしていきましょう٩( ‘ω’ )و ♪

 

 

 


【英語学習】goとcomeの使い分け

,

2020年9月7日

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

先日友人と家でたこ焼きパーティーをしたのですが、私も友人も食欲旺盛なので、2台のたこ焼き器を使って1回で54個ものたこ焼きを作りました笑

恐らく1人30個くらいはたこ焼き食べてたんじゃないかな〜と思います

私のお勧めのたこ焼きの具材は、ハムチーズです!!!どちらもたーっぷり入れるのがお勧めです!!!

皆さんもたこ焼きを作る機会があれば、是非お試しください٩( ‘ω’ )و

 

 

本日は皆さんがよく混乱してしまう「go」と「come」の違いと使い分け方についてご紹介させて頂きます!

私も最近までよくわかっていなかったのですが、結構使用頻度が高いので、しっかり覚えておくと海外で生活をする時に非常に便利ですよ〜(^O^)

 

 

 

 

まずほとんどの方はgo=行く、come=来るという覚え方をしているのではないかなと思います!

しかしこのように覚えてしまうことが思わぬ落とし穴なんです、、、

なぜなら日本語の「行く」、「来る」と英語の「go」「come」には異なる点があるからです!

それではどんな違いがあるのかをみていきましょう!!

 

まず日本語の「行く」や「来る」は

 

常に視点は自分にあります!

 

一方英語の「go」と「come」では、

 

話し相手から距離が離れる場合⇒go

話し相手との距離が近づく場合⇒come

 

視点をスタート地点に置き、そこから離れていく場合はgoを使い、逆に視点をゴール地点に置いて物事を考えるときはcomeを使用します。

 

このスタート地点や話し相手が必ずしも自分とは限りませんよね??

こういった時に日本語の「行く」、「来る」と英語の「go」、「come」の違いが生まれます!

 

わかりやすく例を挙げてみていきましょう!!

まずは「come」についてご説明します!

 

例1:友人と外で待ち合わせをしていて、今どこにいるのか電話で確認をしている

 

A: Where are you now? 今どこにいるの?

I’m waiting for you at the bus stop near my house. 家に近くのバス停で待ってるよ。

 

B: I’m coming soon. すぐ行くよ。

 

このようにBはAの方に向かって行っているので、BはAに近づいているということになります。

その為この場合は、I’m going ではなくI’m comingという表現になります!

 

 

それでは次に「go」についてです!

 

例2:友人にホームパーティーに誘ってもらった

 

A:Do you have any plans for this weekend?? 今週末何か予定ある?

Do you come to the party at my house? 良かったらうちでパーティーやるから来ない?

 

B:Sorry but I’m going home. I have to do my homework. 悪いけど家に帰るよ。宿題をやらなきゃいけないんだ。

 

これは先程の例とは逆に、家に帰る=友人の家からは離れるということになります。

その為、「go」を使って表現をしています!

 

 

日本語では「行く」という表現も、英語では視点が変わると「go」と「come」で使い分ける必要があります!!

 

逆にここの使い分けができていないと、文章が成り立たないこともありますので、こういった日本語と英語でややこしい単語に関しては、まずは日本語の考え方は捨てて、英語は英語としてしっかり理解する必要がありますね

 

 

 


【英語学習】これをマスターすると一気に英語上級者?!

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日の札幌はあいにくのお天気ですね、、、( ;∀;)

弊社の縮れ麺スタッフさんの力が最大限に発揮されてしまっております

逆に東京は35℃もあるようで、少しこちらの涼しさを分けて上げたいなと思うくらいの暑さ、、、🔥

私の友人や家族は毎日暑いのがよっぽど嫌なようで、毎日のように北海道が羨ましいと言ってきます笑

 

 

本日は久しぶりに英語学習についてお話しようかなと思います!!

 

本日話す学習法は私がフィリピン留学をしていた時に学んだもので、私にとって最も苦手と言っても過言ではないくらい苦手意識が非常に高かった学習法でした、、

正直日本語でも難しいと思うので、英語でこれが出来たら完璧な上級者です!!!笑

それでは具体的にどんな学習法なのか、ご紹介させて頂きます(^O^)!

 

皆さんはPREP(プレップ)法というのを聞いたことはありますか???

 

このPREP法はビジネスシーンなどでよく使われる文章構成方法で、特にプレゼンテーションや会議の際に使われています。

 

ビジネスのシーンでは自分の意思や意見を簡潔に伝えること。そして話の内容に説得力のあることが非常に重要になってくるので、そんなシーンでこのPREP法を活用している方は多いはずです!!

 

 

 

 

PREPとは頭文字をとっており、

 

P・・・Point 話のポイント=結論や主張

 

R・・・Reason その結論に至る理由

 

E・・・Example or Experience 具体例や経験

 

P・・・Point 最後にポイント=結論や主張を繰り返す

 

 

ここまでの説明だと、ビジネスのシーンで使うだけで日常生活では使う機会がないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、このPREP法を日常生活でも意識的に使うだけで、自分の発話量が増えスピーキングの力を身に付けることが出来るんです!!

 

聞かれた質問にYesかNoで答えるのみの一問一答だけでは会話は広がりませんので続きません、、、

授業や日常会話でもPREPを意識すると、発話量を意識的に増やすことができ、それは英語の力を伸ばすだけでなく、論理的に物事を考え、端的に伝えるといった日本語でも必要な力を養うことも出来ます!!

 

ご自身の考えや意見を求められた時は、是非このPREP法を意識して発言してみましょう!!

 

日本語でも結論や意見に対して、何故そう思うのか、根拠は何なのかを説明するのは難しいですし、あまり考えないことだと思いますので、これを英語で出来るようになったら凄いですよね!!!

 

また人前で話す機会がない方やこの方法でなかなか上手く話せない方は、1分間や3分間と時間を決めてその時間内で自分の決めたお題についてPREPを使って話してみるといい練習になっていいですよ〜(⌒▽⌒)

 

 

難易度は少々高いですが、これが出来たら周りの方からお?あの人英語出来るなと一目置かれる存在になること間違いなしです!!!

 

 

是非お試し下さいませ

 

 

 


【留学ステーション】札幌オフィスを学習スペースとして開放!!

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日も昨日同様非常に暑いですね〜、、、( ;  ; )

私はいつも自転車で通勤しているのですが、昨日も今日も暑さには負けず、いつも通り自転車で通勤しました٩( ‘ω’ )و

TKCさんには驚かれましたけど、、、笑

自転車は風を切るので涼しい!!と思っているのは、どうやら少数派みたいです、、、

 

 

さて本日は来月から新たに始まる弊社の新サービスのご紹介です(^O^)♪

 

どんなサービスかと言いますと、、、

 

 

この度弊社(札幌オフィス)を学習スペースとして開放させて頂くこととなりました!!!

 

 

こちらのサービスは来月より開始致します!

9月から毎週水曜日と土曜日に開放させて頂く予定でございます

9月の開放日、開放時間に関しては下記をご参照下さい(⌒▽⌒)

 

——————————————-
【日程】
9月2日 (水)17:00〜19:00
9月5日 (土)18:00〜20:00
9月9日 (水)17:00〜19:00
9月12日 (土)18:00〜20:00
9月16日 (水)17:00〜19:00
9月19日 (土)18:00〜20:00
9月23日 (水)17:00〜19:00
9月26日 (土)18:00〜20:00
9月30日 (水)17:00〜19:00
——————————————–

 

また、こちらは先日ブログでもご紹介したweblio×留学ステーションのオンライン留学プログラムをご利用頂いているお客様限定のサービスとなっております!!!

オンライン留学については、下記のURLから専用ページをご覧下さい(^O^)⭐️

 

https://www.ryugaku-station.com/online_ryugaku/

 

またこちらはご利用頂く上でご予約等は必要ございませんので、皆様お気軽にご利用下さいね

 

 

但し現在は新型コロナウイルス感染防止対策として、ご案内可能な席数は7席のご用意となっておりますので、席が埋まってしまった際は、ご利用頂くことが難しいこと予めご了承下さい!

またご来社される際はマスク着用のご協力をお願いさせて頂いていることと、来社時にはアルコール除菌と体温測定を行わせていただきます。
※体温が37℃以上の方はご入室をお断りさせていただく場合がございます。

 

 

 

このように新型コロナウイルス対策も万全ですので、皆様に快適な学習環境のご提供を差し上げます!!!

 

 

家では沢山の誘惑があってなかなか勉強に集中出来ない方!!

 

 

是非弊社のオフィスを学習スペースとしてご利用頂いてみては如何でしょうか??

 

 

また他のお客様もオンライン留学プログラムご利用中の方なので、相談や交流をする事も出来て、とても良い機会になると思いますので、是非お気軽にお越し下さいね!!

 

 

 

 


語学学校の仕組みを徹底解説!!

2020年8月21日

こんばんは、留学ステーションのYukaです٩( ‘ω’ )و

先月よりサービスを開始させていただいたWeblioとの共同開発”オンライン留学
今までにもたくさんのご予約/お問い合わせをいただいております✨

詳細はMoeがブログをアップしましたので、そちらをご覧ください😊
【留学ステーション】☆オンライン留学 1☆
【留学ステーション】☆オンライン留学 2☆
【留学ステーション】☆オンライン留学 3☆

こちらのプログラムですが、主に今後留学を控えたお客様の受講が多いです。(もちろんオンライン留学だけでも申し込みオッケーですよ♪)

語学留学の方もちろん、ワーキングホリデーで渡航される方、海外での進学を希望する方も多くの方が語学学校(大学付属含む)からスタートします^^

私自身留学経験があるのと、この業界に勤めさせていただいている経験から当たり前になってしまっていた、語学学校の仕組みを今回はQ&A方式で皆さんにお伝えしようと思います!


英語(留学先の言語)ができなくても語学留学できますか?

はい、もちろんです!
英語(留学先の言語)ができなくても語学留学はできますが、最初はとても苦労するかと思います。(私がそうでした、、😭)
なので、留学前から少しずつ英語の勉強は進めてくださいね^^

いつ入学ができますか?

ほとんどの学校が毎週月曜日入学可能となっています。なので、ご自身の好きな時期から留学をスタートさせる事が可能です。
ただし、学校によってはメイン入学日というものを設けているので、それに合わせて入学日を設定される事をお勧めします。(それでも4週に1度程度のメイン入学日があります!)

1週間でも留学できますか?

はい、可能です!
しかし学校は基本的に土日祝はお休みなので、祝日が多い週は避けた方が良いです。

クラスはどの様に決まりますか?

入学初日または事前にオンラインでレベルテストを受け、その結果から自分の英語力(留学先の言語)に合わせたクラスへ配属されます💡

テスト内容は何ですか?

学校によって様々ですが基本的にリーディング、リスニング、ライティング、スピーキング全ての技能を判断されます。TOEIC等の試験ではなく、学校独自のレベルテストが用意されています。

レベルは何段階ありますか?

こちらも学校によって様々ですが、平均が6レベル、多いところだと10以上のレベルにわかれている学校もあります。
レベルの呼び方も様々ですが、Beginner、Elementary、Pre- Intermediate、Intermediate、Upper-intermediate、Advancedの様にレベルがわかれます。

1クラス何人くらいで勉強しますか?

クラスは平均15名前後となりますが、少人数制を設けている学校は1クラス10名としているところもあります。
語学学校も繁忙期や閑散期がありますので、繁忙期にはクラス人数が一時的に多くなったり(20名前後)、逆に閑散期にはクラス人数が少なくなったりすることもあります💡
大学生の夏休みシーズン(7月後半〜9月中旬)と春休みシーズン(2月中旬〜3月下旬)は日本からの短期留学生も増え、繁忙期となっています。

ずっと同じクラスで勉強するんですか?

留学期間が1〜4週間程度の短期間であれば、同じクラスで勉強することになります。
語学学校は定期的にテストがあり、それに合格することで次のレベルにステップアップすることができます!
テストの間隔も学校によって様々ですが、週1、隔週、4週間に1度と定期的にありますので徐々にレベルの高いクラスを目指していただきます。

語学学校ではどんな勉強をしますか?

一般英語(留学先の言語)を選択された場合、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、全ての技能を満遍なく勉強していただきます。
初級レベルの場合、最初から難しいことをやっても理解できないのでゲーム形式の授業を取り入れたりしています。文法や単語、リーディング内容も易しいものが多いです。
中上級レベルくらいになるとディスカッションの授業も多くなっていきます。また、教材に出てくる単語も難しくよりアカデミックな内容で勉強が進んでいきます。

一般英語(留学先の言語)以外の選択肢はありますか?

はい、ございます!
学校によっては一般英語(留学先の言語)以外に、資格対策(TOEICやIELTS)、医療英語、進学準備、バリスタ等、様々なコースを開講しています。
基本的に入学条件に◯◯レベル以上とありますので、そのレベルに満たない場合は一般英語コースでそのレベルに到達するまで勉強をしていただきます。レベルが追いついたらその後ご希望のコースを受講していただく事が可能です。

学校は毎日ありますか?

基本的には月〜金となっています。土日祝はお休みです。金曜日は午前中のみというパターンがほとんどです。
フィリピンでスパルタコースを選択された場合、土日でも授業がある場合もあります。

夏休みや冬休みはありますか?

語学学校には学生共通の長期休暇はありません。(学校によってはクリスマス〜年末年始に2〜3週間の休暇があります。)
なので、長期間留学する方は予め休暇申請をする事で長期休暇を取得する事が可能です。


皆さんの疑問は解決できたでしょうか?
留学前ってわからない事がわからない状態なので、カウンセリングに行っても何を聞いて良いかわからない事が多いと思います💡

やはり留学先の学校について気になる事が多くあると思いますので、共通するであろう項目をQ&A方式で書いてみました🤔

留学をお考えの方のお役にたてますと幸いです^^


留学のここが大変だった!その2

こんばんは!

 

留学ステーションのGenkiです☆

 

 

少し空いてのブログとなりました、皆さんはお盆明けのお仕事はいかがでしょうか??💁🏻‍♀️

 

 

今回は、前回書いたブログの続き!

留学中に大変だったことについてお話します💪🏻

 

 

 

僕は語学学校を卒業後は、カナダでアルバイトを通じて英語を勉強しておりました🔥

アルバイトを探すにあたって後悔したことがあります、

それは…

 

 

 

履歴書づくり!!

 

 

 

 

 

英語で履歴書を書くというのももちろん大変なのですが、

何か一番つらいかというと、

日本と英語圏、履歴書の書き方がぜんぜん違うんです。

 

 

 

ザッとまとめると、

✔️写真はいらない

✔️仕事に関係ないこと(趣味・特技)はなし

✔️その代わりに自分のアピールを書く欄が多い

 

 

と、スキルはもちろんのこと、

自分がこの職場に適している理由など、

とにかく自分のアピールポイントを書くというのが英語圏の履歴書。

 

 

 

これをましてや英語でとなるとかなり時間がかかり、

日本にいるうちからやっておけばよかったー…

と後悔しています🤦🏻‍♀️

 

 

 

留学ができないいま、

行った時に向けての準備は日本でもできます!

 

この隙に英語の勉強と合わせて、みんなと差をつけてしまいましょう💪🏻

 

 

時間をかければかけるほど、納得のいく履歴書ができますよ😎

 


【留学ステーション】オンライン留学グループレッスン✈︎.

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

 

本日は来月から新しく始まります

 

『オンライン留学グループレッスン』

 

についてご紹介させて頂きます。

 

 

 

1週間に1度弊社の札幌オフィス内で行なっているグループレッスン!!

 

レッスン時間は1時間となっております

 

またレッスンの担当講師は、アメリカ出身のネイティブスピーカーが毎回レッスンを行なっております!

フランクでとても優しい先生なので、受講者の方から非常に人気です

 

また英会話のレッスンは、先生が準備してくれたプリントやカードを使用してゲームをしながら授業が進んでいきます!

 

その為先生が文法などの説明をして、授業を進めていくような学校などで受ける授業ではなく、生徒様同士でコミュニケーションを取りながらゲームを通して楽しんで英語を身に付けて頂けるのが、オンライン留学グループレッスンの特徴となっております(^O^)

 

先生と受講者様はもちろんのこと、受講者様同士も仲良くレッスンを受けられていて、このレッスンを参加したことをきっかけに仲良くなった受講生様も沢山いらっしゃいます(^O^)♪

初めて参加する方は馴染めるかな〜と心配になる方もいるかもしれませんが、受講者の方々も先生ももちろん弊社スタッフも温かくお迎えいたしますので、ご安心ください!!

 

また受講者の方は留学やワーキングホリデーに行く予定の方ばかりなので、留学やワーホリについての相談も出来ますし、みんなで切磋琢磨し、英語力をあげようという意識があり、モチベーションも非常に上がる環境だと思います(⌒▽⌒)

 

そんな魅力的なオンライン英会話グループレッスンですが、こちらの受講が出来るのは先日ブログでもご紹介した

 

\オンライン留学プログラムご参加者限定/

 

さらにオンライン留学参加者の方はプログラム期間中はなんと、

 

無料で受講が出来ます!!!

 

9月の開催日程は下記のURLからご確認くださいね

 

https://www.ryugaku-station.com/news/%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%95%99%e5%ad%a6%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e6%97%a5%e7%a8%8b-%e3%80%9c%ef%bc%99%e6%9c%88%e3%80%9c/

 

 

オンライン留学にご参加頂くとこのような特典もございますので、是非ご興味ある方は、弊社HPもしくはお電話からお気軽にお問い合わせ下さいね♪( ´▽`)

 

https://www.ryugaku-station.com/

TEL:011ー215ー0375

 

 


【留学ステーション】☆オンライン留学 3 ☆

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日は昨日に引き続き、オンライン留学のトレーナーによるサポート面についてご紹介させて頂きます(⌒▽⌒)

 

 

自分1人で勉強を行なっていると、疲れてしまった時や予定がある日はそういったことを優先してしまい、自分を甘やかしてしまいますよね、、、

 

誰かに報告しないといけない、やっていないと注意され、逆にやると褒めてもらえるといったように誰かに見られている、管理されている環境はいい意味でプレッシャーもあり、学習しなければいけないという気持ちになります!

このような環境こそ、受講者の方々に継続して学習してもらえる環境だと思います!

 

弊社のオンライン留学にも、受講生の皆様1人1人に日本人の専属のトレーナーがつきます!

トレーナーが学習管理はもちろんのこと、モチベーションの維持やメンタルケアなど総合的に学習をサポートさせて頂きます(^O^)♪

 

具体的に下記の3つのサポートを行なっております!!!

 

 

1.受講生の方に合った目標設定・学習スケジュールの提案


 

こちらはプログラム開始前に専属トレーナーより、プログラムを実施する上での目標の設定、また日々の学習スケジュールをご相談・ご提案させて頂き、受講生の方と一緒に設定させて頂いております!

 

目標に関しては、TOEICやCASECなどを使用した具体的な数字の目標を設定したり、留学やワーホリに行った後の目標を定めるなど受講生の方によって様々です。

 

しっかりと目標を定めておくと、モチベーションも維持出来ますし、目標達成に向けて英語学習を頑張ろうと思うことが出来ますよね

トレーナーは皆さんがプログラムを行う上での目標設定作りもお手伝いさせて頂きます( ^ω^ )♪

 

また学習スケジュールも学校もしくは仕事の日と休日に分けて作成するだけではなく、早番・夜勤などシフトに合わせた学習スケジュールを作成することも可能です

 

これこそまさにオンライン留学の大きな魅力!!!

皆様1人1人に合わせてオーダーメイドで作る学習プランとなっております(^O^)

 

 

2. 毎日の学習報告


 

プログラム期間中は、専属トレーナーへ毎日学習報告をお送り頂きます!

こちらの内容としては、どのテキストを何ページまで進めて頂いたか、英会話レッスンは受講の有無、その日行なって頂いた学習の中で疑問に思ったことや感想などをご記入頂き、トレーナーからアドバイスをさせて頂いております!

 

苦手なところや、理解に悩むところは異なりますので、そういったところをトレーナーが受講生の方1人1人に合わせたアドバイスやサポートを行なっております!

 

もちろん学習面だけではなく、毎日お送り頂く学習報告を通じてメンタル部分のサポートも日々行なっております!!

 

その為、トレーナーは受講生の方々から何事も気軽にご相談頂けるよう、関係性創りにも力を入れています(^ ^)!

 

 

3.週1回のカウンセリング


 

日々の学習報告に対してのアドバイスだけではなく、週に1回対面もしくはオンラインでカウンセリングを実施しています!

 

その前の週の振り返りや、今週はどのように学習をしていくかなどお伺いして、専属トレーナーからアドバイスを行なっております!

日々の学習報告はメールでのやり取りとなりますが、カウンセリングは約30分間お互いの顔を見ながらお話することが出来るので、それまで相談出来ていなかったことやお悩みなどもご相談頂けます!

 

プログラム開始前に設定した目標を達成出来るようになる為には、今後どのように学習をしたら良いのかや留学やワーキングホリデーに行く上でのご相談なども気軽にご相談頂ける機会となっております

 

 

オンライン留学プログラムは受講生の方お1人で学習を進めて頂くというよりは、専属トレーナーと共に伴走していきながら学習を進めて頂くことが出来ます!!!

 

プログラム期間中は手厚いサポート体制と、効果的に英語力をあげることが出来るカリキュラムに沿って学習して頂き、勉強を習慣化して頂くことで、プログラム終了後も皆さんに継続して英語学習を行なって頂けるようなプログラムとなっております!!

 

是非weblio×留学ステーションの『オンライン留学』で皆さんも英語力を向上しませんか???

専属トレーナーが皆さんの英語学習を全力でサポートさせて頂きます!!!

 

詳しくは下記のURLからオンライン留学専用サイトをご覧下さいね(^O^)

 

https://www.ryugaku-station.com/online_ryugaku/

 

ご質問やご不明点等ございましたら、お気軽にメールもしくはお電話よりお問い合わせ下さい!!

 

Mail:info@ryugaku-station.com

TEL:011ー215ー0375