留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

初海外 初留学!〜オタワ留学体験談〜

こんばんは、札幌留学ステーションのYukaです٩( ᐛ )و

札幌も暖かい日が増えましたね^^

今日は、大学の春休みでカナダの首都、オタワに留学したRentaくんの体験談をご紹介^^
日本でも高校生の頃から英会話教室に通っていて、大学生になって初めての海外&留学です!
しかも先生をびっくりさせるために、先生に言わないでこっそりと留学しました。笑
素敵な出会いと新しい発見がたくさんあったそうですよ😊

名前:Renta
年齢:20歳
渡航先:カナダ オタワ
留学期間:2ヶ月間(2017年2月〜2018年3月)
学校名:Sprachcaffe オタワ校
ビザ:eTA

Rentaくんは今回が初めての海外でしたよね。
初海外が8週間の語学留学だったわけですが、どうでしたか?

 

楽しかったです!
ただ、オタワは聞いていた話の通り、なんにもなかったです。笑
しっかり勉強しにくる生徒さんが多かったと感じました。
また、学校の年齢層も高かったと思います。
僕が行った時はほぼブラジル人でしたけど、途中からほぼ日本人韓国人になりました。

日本人や韓国人の生徒は同じく大学生でした?

 

大体は大学生でした。
実は僕と同じ日本の大学の人が一人いたんですよ!
オタワの留学先で一緒になるって凄くないですか?

 

えー、それは凄い!オタワで出会うなんて。笑
友達はいっぱいできました?

 

できました、同じくらいの年代の子達と仲良くなりました。
韓国人、ブラジル人の友達とは今も連絡を取ったりしています。

 

Rentaくんが通った学校はSprachcaffeでしたよね、学校はどんな感じでしたか?

 

学校は少人数体制なので、話す機会が多かったです。
全体で30〜40人、1クラスは10人もいないくらいです。
2ヶ月だけですが、スピーキング力が付いたかなと思います。
帰国後にいつも通っている英会話教室に顔を出して話した時に、先生に全然違う!と言われました。

 

クラスのレベルですが、最初は6段階中4のレベルで勉強しました。
日本人は文法ができると思われているから、ほとんど4のレベルにいます。笑

そのあとテストを受けて5のレベルにあがりました。
そうするとほとんど日本人がいなくなくて、クラスメイトの話すスピードも速くなってびっくりしました。

 

また午後の授業は選択なんですが、午後のクラスは難しく感じました。
最初はTOEFLのクラスを取っていたんですけど、あんまり必要ないなと思って途中からAcademicコースに変えました。

この勉強がとっても難しかったです。
日本語で考えるのも難しい内容を英語でなのでさらに難しかったです。
トピックがあって、それに関する記事を読んで問題に答えたりそれについてみんなで討論をしたり、その中にスピーキング、ライティングも 含まれている感じでした。

 

また、2ヶ月で6回くらいプレゼンをする機会もありました。(1回のプレゼンは5〜10分くらい)
僕はパソコンは持って行ってなかったので手書きでプレゼン資料を作成していました。
音楽だったら、おすすめの曲についての資料を作成したりとか。
僕は任天堂についてのプレゼンもしました。

2ヶ月でもしっかり伸びたんですね〜!
プレゼンの機会も多くてスピーキングのスキルが本当に伸びそうだね!
休みの日は何をしていたんですか?

 

ホストファミリーがどこかに連れて行ってくれたり、何もない日は家でゆっくりしたり、友達と出かけたりしました。
友人と出かけるときは学校の近くのショッピングモールのフードコートでご飯を食べてフラフラしてました。

 

 

フードコートってどんな物が食べられるんですか?

 

カナディアン料理やアメリカン料理、なんでもありました。
プーティンは$8、マックサイズのハンバーガーは$3くらいで食べられました。
また、オタワの街中には日本食料理屋さんもたくさんありました。
なので、日本人のワーホリ生はそこで仕事を探したりするみたいです。
後、日本人オーナーのパン屋があるのでそこで働く方も多いみたいです。

 

日本人オーナーのパン屋なんてあるんですね!
そのお店ってやっぱり高いんですか?

 

いや、200〜300円くらいでも買えるのでそうでもないです。

 

日本ぽいパンも買えるんですか?

 

メロンパンとかはなかったですね。
クロワッサンとかアップルパイとか売ってました。あとはひたすらでかいパン。笑

 

でかいパン。笑
オタワの雰囲気はどんな感じでしたか?

 

トロントやバンクーバーに比べたらアジア系の方は少ないかと思います。
街を歩いていても聞こえてくるのは英語かフランス語とかでした。

ホームステイ先の方はどんな方でしたか?

 

ファザーはチーズ工場で働いていて、マザーは政府関係の仕事をしているみたいです。だからマザーの英語はとても聞き取りやすかったです。
ファザーとブラザーの英語はフランス語なまりで聞き取りにくい時もありました。ブラザーはオタワ大学に通いながら教授の補助をしているみたいです。
本当に優しくて良い家族でした。

 

オタワ大学!凄いなぁ。。
ホームステイ先のご飯はお口にあいましたか?

 

美味しかったです!お米はタイ米みたいにパラパラでしたけど。
料理はお肉が多かったです。後はカナダのじゃがいもが美味しかったです。
それと、外食でラーメン屋に行ったんですけどラーメンは$10でした。美味しかったけどインスタントラーメンみたいでした。笑

 

$10なのにインスタントラーメンは悲しい。。笑
真冬に出発しましたが、やっぱりオタワは寒かったですか?

 

到着時した数日は-18度とかで寒かったです。
オタワは気温の変動が激しくて、暖かい日と寒い日の変動がよくありました。
2月末くらいは日本より暖かく感じました。

 

家の中は?

 

暖かかったです!
暖炉でした!

 

想像通りの海外のお家って感じだね^^
そういえば、ホストの方に連れてもらったっていってた場所はどこでしたっけ?

 

シュガーブッシュですね。
これはインディアンの生活を再現したところらしいです。

そうそう!シュガーブッシュ。雪でぐるぐる巻きにされた飴、食べたんだよね?

 

そうです。笑
メープルタッフィーっていうお菓子なんですけど、ホストがおごってくれました。メープルシロップを雪の上に垂らして固めて雪にぐるぐる巻いて食べるべっこう飴みたいな感じです。

斬新すぎる。笑
でも美味しそう。笑
オタワのことたくさん教えてくれてありがとう!
それでは最後にこれから留学を考えている人に向けて一言お願いします!

僕は短期間でしたけど、今回の留学が初めての海外で初めての留学でした。
自分で貯めたお金で行ったので贅沢は出来なかったですけど、本当に色んな経験ができました。
語学留学は自分のレベルに合わせて英語力の向上が出来て、色々な国の人たちの考えや文化に触れられるからお勧めです!

Rentaくん、ありがとうございました😊

 


自ら行動する事で充実した留学を自分で創る〜カナダ休学留学体験談〜

こんにちは、札幌留学ステーションのYukaです٩( ᐛ )و

昨日はお休みをいただきまして、友達とお花見🌸をしようと前々から計画をしていただのですが、
あいにくの天気と寒さで急遽家で室内焼肉をしました🍴✨

高校時代の友人でもう15年以上?の付き合いですが、いまだに高校時代の事が話題に出てはお腹が痛くなるくらい笑ってます😃

 

さて、今日はちょっとお時間があいてしまいましたが、トロントに1年間留学をしたYukaさんに帰国後にインタービューをしたので、貴重な経験をご紹介したいと思います^^

 

名前:Yuka
年齢:20歳
渡航先:カナダ トロント
留学期間:10ヶ月間(2017年4月〜2018年2月)
学校名:English School of Canada
ビザ:学生ビザ

Yukaさん、おかえりなさい!
聞きたい事がいっぱいあるんだけど。笑
まずは学校の事聞かせてください。
English School of Canada(以下ESC)に通われましたよね。
最初はどのくらいのレベルから授業スタートできたんですか?

 

最初はレベル7(レベルは1〜10まであります。)でした!
自分が思っていたより全然高いレベルでスタート出来て。
3ヶ月間一般英語を勉強して、その後2ヶ月間Focus on speakingコース、その後4ヶ月はFocus on writingコースを受けました。

Focus on writingは一般英語コースに比べてアカデミックな感じでライティングの勉強をすんですけどすごく楽しかったです!勉強になりました。
Focus on speakingは想像していたのと違って、内容的にはプレゼンテーションとか、どうやって上手に話すかみたいな論理を学ぶ感じでした。


あーそうなんですね、それってスピーキングっていうよりは大学の授業みたいな感じですね。

 

そんなにがっちりした感じじゃないんですけど、日常会話を学びたいと思ったら一般英語コースの方がいいですね。
あっそういえば、途中でクラス数を多くしたんですよ。1日3コマから4コマに変更しました。
毎日13時に終わると暇だったんで。笑
だから当初の予定より早く帰国しました。
(ESCは90分のレッスンが1日2コマ、3コマ、4コマとコマ数を希望に合わせて選択できます。)



そうなんだ!だから少し早めに帰国されたんですね。

カナダは学生ビザでは働けないけど、学校終わってからやお休みの日は何をしていたんですか?

 

最初半年間は普通に勉強だけしていて、それから日本語学校のボランティアを見つけたのでボランティアをしていました。これはFacebookで見つけました。
土曜日の午前中だけなんですけど、学年でいうと1〜6年生みたいな感じで、担当の先生のアシストをする感じです。先生は日本人で、そこに通っている子たちの親は片方の親が日本人で、日本語も覚えて欲しいという子供達が通っています。
年齢がバラバラなんでグループ3つくらいに分かれて授業をやるんですよ。
子供達に人気のゲームはだるま落としです。笑 
後はおりがみとかも人気です。

毎週土曜日はこのボランティアをずっとやってました、なので半年間くらい。このボランティアが一番長くやりました。

後はエアカナダセンターの中で50/50 DRAWというチャリティーのチケットを売るというボランティアもしてました、こっちは不定期ですけど。

50/50 DRAW?具体的にはどういった事をやるんですか?

 

ラクロスやアイスホッケーの観戦チケットをスタジアムで販売し、チケットの売り上げの半分をチケット購入者のうち当選した人へ還元&残りの半分をチャリティー活動の資金として運用するものです。
このチケットを購入すると賞金が当たるかもしれないんです。

 

へー、そんな制度があるんですね〜!

 

あとは現地オフィス主催の、1月1日にやっていた日本のお正月を体験しようみたいな企画のボランティアの受付業務もやったり、バライティビレッジという施設でボランテイアもしました。これはたとえ障害があってもみんなでスポーツを楽しもうというもので、プールやスポーツ用品が色々あって、そこのイベントアシスタントとかもやりました。

本当にいろいろやりましたね!
ボランテイアって生の英語に触れられる機会じゃないですか、どうでしたか?

 

友達や先生が喋る英語は全く違うというか、ボランティアで自分の英語のできなさを痛感しました。
たとえ学校でいい成績とか上のクラスにいってもまだまだだなって思いました。

 

ボランティアからいろいろ学びましたか?

 

はい、英語ももちろんですが、あらためて人と関わるのが好きだなと思いました。
そこで見える文化もあるし、なにより楽しかったですね^^

学生ビザは働けないっていうのがあって、本当は途中でワーホリに切り替えようと思ったんです。周りがみんなワーホリで。現地オフィスのスタッフにもワーホリに切り替えようか相談したんですが、このままのほうがいいって。
もしかしたらワーホリで戻りたくなるかもよ?って言われて。それと働ける期間も短くなりますし。

それで、トロント戻りたいって思う?

はい、戻りたいです。笑
カナダは人が良かったです。
私はもともと人見知りで、入学してすぐは友達ができなくて、、
4月に入学してから9月までは本当に英語に自信がなくて、話すのが怖いとも思いました。

半年経ってやっと自分の成長を感じて、それまでは全然何も感じなくて。
夏くらいから週末も遊ぶような友達もできて、そこで帰りたくないって思いました。


友達って日本人ですか?

 

日本人もだし、ブラジル、コロンビアの人とか。最初は少人数だったんですけど、友達が友達を呼んで最終的には大きなグループになりました。笑

みんな結構英語喋れたんで、遊んでるだけだけど、そこから学べたこともたくさんありました。
それとトロント夏は最高なんですけ、冬はなんにもやることないですけど。笑

行くなら夏がオススメです。
毎週何かかしらイベントがあって、アウトドアになれます!
でも冬は本当になにもなくて、家でパーティしたりご飯にいったり、それくらいしかすることがありません。笑

それと旅行にも行きました!

 

あ、MayaさんとNYに行ったんだよね?
(MayaさんはYukaさんと同時期にトロントへ留学したメンバーさんです。)

 

そうです、NYではミュージカルいっぱい見ました!
あとは、オタワ、ケベックにも1人で行きました。

ひとり旅か〜!どうでしたか?

オタワ小さかったですね、1日あれば主要なところは周れるって思いました。
予め見たかったところも思っていたより早く周れて、時間が余りました。笑

ケベックシティは街も雰囲気もトロントとは全然違って好きでした。
でもケベックも小さい街なので見るものはたくさんあるけど、すぐ周れました。

あと、ディズニーワールドにも行きました!
フロリダのです。それはNatsukoちゃんと行きました。
(NatsukoさんはYukaさんと同時期にトロントへワーキングホリデーで留学したメンバーさんです。)

フロリダのディズニーは4パークあってそれぞれチケット買わなきゃいけないんですよ。
1パーク7000円くらいで。

え!高すぎない!?

でも飛行機、ディズニー、ホテル全部で12万円くらいです。
節約のため、トロントからカップラーメンとか持って行きました。笑

 

せっかくの旅行なのに!笑
トロントにいってよかったと思う?

思いますね、トロントって移民が多いじゃないですか。
ブラジル料理とかメキシコ料理とか今まで食べたことなかったけど、いろいろな国の食べ物があって本場の味が食べられて、いろんな食文化に出会えた。

学校でも色んな国籍の友達ができてそれぞれの文化も学べた。

それとLGBTとかも。偏見が全くないわけじゃないけど、オープンじゃないですか。みんな自分を表現できたり、自分は自分らしくいれるっていう雰囲気が好きでした。うまく表現できないですけど。
ゲイカップルがホストの家にもホームステイをしたんですけど、本当に普通の家庭で。お父さんとお母さんみたいな感じで。
周りの目を気にしないで、自分自身でいれるっていうのが日本とは違うなと思いました。

それと最後は空港で帰りたくなくて泣きました。笑
空港までの道のみは全然そんな感じじゃなかったんですけど、帰りの電車で友達が急にStay with me (by Sam Smith)の曲をかけてきて。それで泣いちゃいました。笑


いい経験してるね😊

ボランティアも自分で見つけたりとか、自分から行動できたことは大きいですよね!


学校だけにしたくなったんですよね、そしてワーホリの子達が羨ましくて。笑

トロントでの生活は本当に人に恵まれました。
日本ではなくないですか?友達の友達は友達って。笑

たしかに。笑
これまでの経験を踏まえ、これから留学をしようと考えている人に一言お願いします!

トロントが楽しかったって思えるのは、自分から1年しかないって思って行動したからだと思うんです。トロントっていう都市も良かったんですけど、自分で行動できたから楽しい事に繋がったんだとおもいます。なので、周りに頼るんじゃなくて、自分で行動してほしいって思います!探せばやれる事、たくさんあります!楽しんでください!

 

本当にその通りだと思います!
Yukaさん、素敵な経験をシェアしてくれてありがとう!


先生になる前に、技術を盗みに行く!!〜ロンドン短期留学体験談〜

こんにちは、札幌留学ステーションのYukaです٩( ‘ω’ )و
今日は札幌とても暖かくていい気持ちです☀️
そして桜が咲き始めましたね〜🌸

 

少しお時間が経ってしまいましたが、2月に3週間の短期留学をしたKaoriさんの体験談をご紹介したいと思います^^
実は帰国後すぐにご協力いただいていたのに、私の事情ですぐに公開できず、、すみません😭
4月から学校の先生になった Kaoriさん、留学先で英語の勉強はもちろんですが教授法もしっかり盗んできましたよ〜✨

 

名前:Kaori
年齢:24歳
渡航先:イギリス ロンドン
留学期間:3週間(2018年2月)
学校名:Kaplan コベントガーデン校
ビザ:SSV

 

①留学・ワーキングホリデーを通じて語学学習面で最もためになったことはなんですか?

 

授業でのディスカッション・グループワークや友達やホストファミリーとの会話です。

留学前は英語を話すことにあまり積極的になれなかったが、英語しか話せない環境に置かれることで、自分の考えや気持ちを伝える努力をすることができ、英語を話すことに自信を持てるようになった。また、英語を話すことが楽しいと感じるようになった。授業のディスカッションではcompensation culture や crime and punishment について、実際にあった例を用いて自分の考えや自分の国の例を用いながら話し合った。グループワークでは文法やリーディングの答え合わせ以外に与えられたってーマを元に自分で作った物語を伝える活動やチーム対抗のゲームをしたりしました。

 

②留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出をお聞かせください。

 

毎週金曜日にクラスでロンドン市内の先生のオススメ場所を観光したことです。ただ単に観光するだけで終わるのではなく、チームに分かれて先生から与えられたミッションをクリアしながら街を歩くのが楽しかったです。
(観光した場所:カムデンマーケット、エミレーツエアラインでグリニッジ)

 

③現地での1日の生活リズムを教えてください。

6:00 起床、準備
7:40 朝食
8:40〜13:45 授業
14:00〜18:00 友人とロンドン市内を観光
19:00 帰宅・夕食
19:30〜20:30 ホストマザーと団欒
21:00 入浴・宿題
23:00 就寝

 

④留学ステーションの留学相談、サポートはいかがでしたか?

 

とても詳しく留学前の準備や留学中についての説明をしていただいたので、留学までの不安がなくなり、留学したいという気持ちが高まりました。また、相談にも迅速に、そして丁寧に対応していただき、とても嬉しかったです。留学前や留学中のサポートもしっかりしていただいたので、安心して留学することができました。ありがとうございました。

 

⑤留学ステーションをお友達やご家族にご紹介したいと思いますか?

 

思います。

 

⑥今後留学やワーキングホリデーを考えている方にアドバイスをお願いします!

 

自分の気持ち次第で、学べることがたくさんあると思います!留学期間中は時間を無駄にせず、何事にも積極的に挑戦してみて下さい。

 

 

この春から先生になったKaoriさん😊

先生に就任する前に、実際に自分が留学して経験を生徒に語りたいとの思いもあり留学を決意✨
期間が3週間ですが、しっかり先生の技術も盗んできました^^

今回の経験がきっと、今後のKaoriさんの先生としての人生にいい影響を及ぼすのではないかなと思っています🤗

Kaoriさん、体験談にご協力いただきありがとうございました!

 

お仕事頑張ってくださいね〜!!💪