『will と be going to』の使い方♪|留学ステーション

MENU

閉じる

『will と be going to』の使い方♪

こんばんは、札幌留学ステーションのTKCですそろそろサザエさんの時間ですね~♪その前に少しだけ英語の勉強をしちゃいましょう

今日は日本人留学生が良く間違える『will と be going to』の使い方をマスターしましょう両方とも「~するつもり」という中学校で習った簡単な未来系の文法なんですが、いざ使おうとすると意外に難しい…というより違いを理解出来ていない方が多いのです

それでは早速はじめていきましょう~アゲアゲ

意思未来「~するつもり」
willはその場で決めた意思、be going toは事前に決めていた意思を表します

例えば、パーティーに誘われた時、その場でパーティーに行くことを決めた場合はwillを用い以下のようになります

TKC: What is your plan for tomorrow? Do you want to join a BBQ party at my place??
(ねぇ、明日何か予定あるの?うちでBBQするんだけど参加しない?)

Jenny: Wow, that’s sounds great! I will join the party.
(えぇ、めっちゃ楽しそう!そのパーティーに参加するわ♪)

これがもし事前に誘われていて参加することを決めていた場合は、be going toを使い以下のようになります。

TKC: Have you decided to join the BBQ party at my place tomorrow??
(明日のBBQパーティ参加するか決まった?)


Jenny: Yes, I am going to join the party.(うん、そのパーティー参加するわ♪)

となるわけです

次は、飲み会で割り勘したつもりが500円足りない…。というシチュエーション、そこで「オレが払うよ!」とかっこ良くいう場合は、その場で決めたことなのでwillを使って『I will pay the rest.』(残りはオレが払うよ!)となります電球ここで『I am going to pay the rest.』と言うと事前に足りなかったことが分かっていたかのようになるので、せっかくの好意も勘違いされてしまうかも…

『willとbe going to』の使い方は慣れれば簡単だけどしっかりと理解していないと予知能力者に思われるような言葉を発している場合もあるので気をつけて使いましょう笑

留学中はwillとbe going toを使ってたくさん楽しい予定を計画してくださいね~♪

留学ステーション公式FBページは こちら
留学ステーション公式Ins
tagramは
こちら
留学ステーション公式ホームページは 
こちら

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562