たくさんある、”たくさん”の表現!|留学ステーション

MENU

閉じる

たくさんある、”たくさん”の表現!

 

 

 

みなさんこんにちは☆

札幌留学ステーションのMayuです^^

 

札幌はビアガーデンも終わり

8月も終わりに近づいてきました。

 

夏の次は”食欲の秋”!ということで

食べるのが大好きな私は秋の旬のものをたくさん食べるのが楽しみです^^

 

 

さて、今回は”たくさん”という表現についてです!

a lot of というよく使う表現に飽きてきたあなたに

ネイティブに一歩近づける表現をご紹介したいと思います♪

 

 

 

 

a lot of

まず皆さんご存知のa lot of ですが、意味は『たくさんの』です。

日常会話でもよく使われ

不可算名詞・可算名詞どちらにも使える便利な言葉です!

 

 

 

ですが、ネイティブの人たちは

実はもっとたくさんの表現を使っています!!

 

 

 

 

plenty of〜

『十分な・たくさんの・たっぷりの』

例:We still have plenty of time! (まだ充分に時間があるよ!)

Please get plenty of rest and be prepare for tomorrow. (たっぷりやすんで、明日に備えてください)

 

plentyは何かが充分にあることに対してよく使われます。また必要以上にあるときにも使われますね。

 

注意すべきところはこの表現は否定文では使われないということです。

 

 

 

 

 

a bunch of〜

『たくさんの・かなりの』

例:I have a bunch of books. (わたしはたくさんの本を持ってます)

There were a bunch of people downtown yesterday. It was so crowded!!(昨日ダウンタウンにたくさんの人がいて、すごい混んでた!)

 

bunchには”束ねる”という意味があり

基本的には同じものがたくさんあるときに使われます。

これはa lot of と同じように不可算名詞・可算名詞どちらにも使うことができますが

注意するポイントはa lot of より少しカジュアルな表現なので

フォーマルな場面ではあまり使わないようにすることです^^

 

 

 

 

a ton of〜/tons of 〜

『たくさんの・山ほどの・ものすごい量の』

例:I’ve got tons of things to do today. (今日はやらなきゃいけないことが山ほどあるわ)

 

a ton of はa bunch ofよりも少したくさんの度合いが強く

日本語で言うと”超〜”というニュアンスです。

 

少し大げさに表現したいときに使ったりもしますね

また、これも不可算名詞・可算名詞どちらに対しても使えます。

 

 

 

 

同じ意味でもいろんな表現があって面白いですよね^^

皆さんも使ってみてください!!

 

 

 

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562