留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

【英語学習】フィリピン人の英語って???〜第2弾〜

,

2020年7月30日

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日は昨日の第1弾に引き続き、フィリピン人の英語についてですが、今回は皆さんが疑問に思っているであろうフィリピン人の英語の発音ってどうなの???といったところについてお話していきたいと思います(^O^)

 

よくフィリピン人の英語は訛りがあると聞きますよね!!

 

ただそれってある意味当然なことではないのかなと思います!!

カナディアンイングリッシュ、オージーイングリッシュという言葉があるように、

国や地域によって発音やイントネーション、単語が異なるのは当然!!

 

日本も各都道府県で方言ってありますよね??

英語もそれと同じです!!

 

ただし、訛りが強くてフィリピン人の英語が理解出来ない、またはフィリピン人の英語が理解出来ても、他の英語圏の国に行った時に英語が理解出来なかった、、、

そうなるとただフィリピン人の英語は訛っているという言葉だけで済まず、英語学習者にとっては大きな問題ですよね、、、

 

 

果たしてフィリピン人の英語はそこまで訛っているのか??

答えはNOだと思います!!!

この答えにはしっかりと理由もありますよ

 

実は現在フィリピンの経済成長を支えている大きな要素としてBPO(Business Process Outsourcing)産業の発展があります!

BPOとは簡単な事務作業や電話対応など、自社でなくても出来ることを外部に委託することで、仕事を効率化させコスト削減や業績アップに繋げることを意図とした業務委託のことです!

 

フィリピンでは特にコールセンターのBPOが非常に盛んです!!

もともとはインドのBPOコールセンター数が世界で1位でしたが、2014年にフィリピンが追い抜いて、

現在フィリピンのコールセンターでは、68万人のフィリピン人が働いていると言われているそうです!

 

実際にフィリピン人はコールセンターで勤務経験がある方々が非常に多いです!

私が通っていた語学学校の先生も、もともとコールセンターで勤務していたという方が何人もいました。

 

フィリピンのコールセンターを利用している企業は、マイクロソフトやDELL、シティバンクなどアメリカの大手企業が挙げられます!フィリピン人はアメリカ英語を話すので、ここも大きなポイントかもしれませんね!!

また、日系企業ではパナソニックもフィリピンのコールセンターを利用しているのだとか、、、

 

ここまで一流の企業がフィリピンのコールセンターを利用しているということは、フィリピン人の英語は総合的な英語力が非常に高く、アメリカベースの英語で理解しやすいということがわかりますよね!!

 

 

フィリピン人の英語は訛りがあるとよく耳にしますが、私個人的にも全く気にならなかったですし、フィリピン人の英語が理解出来たら、他の英語圏の国の英語も問題なく理解できると思いますよ〜

 

 

 

実は弊社が先月から始めているオンライン留学もフィリピン人講師から毎日英語を学ぶことが出来ます(^O^)♪

 

昨日のブログでもお話しましたが、いきなりネイティブの方と話すとスピードが早く理解がついていきませんが、フィリピン人の先生のスピードなら理解しやすく安心です!!

 

また先生方もとってもフレンドリーなので、先生というよりお友達のような関係性が築けますよ♪( ´▽`)

弊社のオンライン留学について詳しくは下記のURLをご覧下さいね!!

 

https://www.ryugaku-station.com/online_ryugaku/

 

 

オンライン留学についても後日詳しくブログでご紹介させて頂きますので、お楽しみに

 

 

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求