海外の人気TVドラマから学ぶ英語フレーズ☆|留学ステーション

MENU

閉じる

海外の人気TVドラマから学ぶ英語フレーズ☆

 

 

みなさんこんにちは、

札幌留学ステーションのMayuです☆

 

 

最近、Gossip Girl というアメリカのニューヨークを舞台にした

TVシリーズを1からまた観始めていてどはまりしています

高校生の時に初めてこのゴシップガールを観て

ずっとニューヨークに憧れていたので

私がカナダのトロントに留学を決めた理由のうちの一つは

ニューヨークが近いから!!でした。。。笑

実際に行きましたが、本当にエンターテイメントの街で

感動しっぱなしでした^^

 

 

 

と、いうことで今回は

このドラマでよく出てきた実際に使えそうな英語を

いくつかピックアップして行きたいと思います

 

 

 

 

 

Gossip girlでよく使われる英語フレーズ

 

 

 

◎There she/he is! 

これは『あっ、彼女いたわ!』という意味になります。

誰かを探していて、なかなか見つからない

そんな中見つけた時などに使うことができます。

There you are. もよく使われていましたが

これは『あなたここにいたのね』などというニュアンスです。

 

 

◎What’s going on?/What’s wrong?

これは『どうしたの?』という意味です。

このフレーズは日常生活でもよく使えると思います。

例えば普段元気で明るい友達が泣いていたら

What’s wrong? Are you all right? (どうしたの?あなた大丈夫?)というふうに使えます。

 

 

◎I’d love to.

『是非したい/喜んで』

これはI would like toで、〜したいという文法があるのは

ご存知の方もいるかと思いますが

likeをloveに変えることでさらに強い気持ちを伝えることができます。

例えば

A: I think we can meet tonight.(今夜会うのはどう?)

B:I’d love to.

という感じで使えます^^

 

 

 

◎How was your day?

『おかえり、今日はどうだった?』

英語には、おかえりという表現がなく

そのかわりにHow was your day?と聞いて

今日一日どうだったかを話し合うことが多いです^^

 

 

 

 

◎That’s all I’m saying.

『私が言っているのはそういうこと』という意味です。

例えば相手と話があまり噛み合っていなくて

最後の最後に相手がやっと理解してくれたとします

そんな時にThat’s all I’m saying!と使えますね。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか??

 

Gossip GirlやGleeなど

海外のテレビシリーズは一話が短くてとても見やすいです。

また、授業などでは教えてもらえないような

スラングや実際によく使われる少し砕けた英語も出てくるので

そういった英語を知りたい!という方には

オススメです☆

 

 

 

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562