【現地での生活】CAおすすめ!!時差ボケ解消法|留学ステーション

MENU

閉じる

【現地での生活】CAおすすめ!!時差ボケ解消法

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションです🍟

 

昨日は時差についてブログをアップしましたが、皆さんご覧頂けましたか???

国によっては10時間以上もある時差。

そんな時差が私達を悩ますのは、、、、、

 

時差ボケですよね

 

 

 

旅行中や留学期間中、なるべく時差ボケに苦しむことなく楽しく現地での生活を送りたいと誰もが思うはずです!!

そこで今回は、私のCAをやっている友人に時差ボケを防ぐ方法また解消法を伝授してもらったので、皆さんに共有したいと思います\( ˆoˆ )/🛫

 

 

 

まず時差ボケは、時差が5時間以上ある地域に行くと起こりやすくなるそうです!

また、アジアやヨーロッパなど日本から西側に移動するときよりも、アメリカやカナダなど日本から東側に移動するときの方が症状が酷くなるようです、、、

 

時差ボケの症状は人によって様々ですが、主に日中の眠気や夜眠れないなどの睡眠障害、頭痛やめまい、思考力や集中力の低下、疲労感などがあります。

また人によっては食欲の低下や、胃腸などの消化器の不調が出る場合もあるようです。

 

 

それではここから具体的に渡航前、渡航中、渡航後に分けておすすめの時差ボケ解消法をお伝え致します!!

 

〈渡航前〉

 

 

・渡航予定日の1、2週間程前から、渡航先の現地時間を把握し、徐々に生活リズムを変えていく!

 

例えば、アジアやヨーロッパといった日本から西側に行く方は、遅く寝て遅く起きるような生活を、逆にアメリカやカナダといった日本から東側に行く方は、早く寝て早く起きるような生活リズムに徐々に変えて行くと良いそうです!!

※ただし、生活リズムをいきなり大幅に変えてしますと、体調不良を起こしてしまう可能性もありますので、無理はせず、徐々に行って下さいね!

 

・十分な休養と睡眠をとる!

 

こちらは現地の慣れない生活や環境の中で体調を崩さないように十分に行っておきましょう!!

 

・現地時間の夕方に到着するフライトで向かう!

 

飛行機の中は移動時間が国によってはとても長いですが、ゆっくり寝付くことが出来ず意外と疲労は溜まります

現地に夕方頃に到着すると、食事を取ってホテルですぐに眠ることが出来るので時差ボケを防げるのだとか( ´ ▽ ` )!!

 

〈渡航中〉

 

・機内食はなるべく食べること!

 

機内食が提供される時間は、現地の食事の時間に合わせている為なるべくしっかり食べて、胃腸や消化器も現地の生活リズムに合わせます!

 

・時計は現地の時間にセットしておく!

 

飛行機の中では、食事以外の時間も現地の時間に合わせて過ごす為に時計は現地の時間をあらかじめセットしておきましょう。

 

 

〈渡航後〉

 

・日光を浴びる!

 

人間は太陽を浴びると目が覚めるという性質があります。時差ボケを直すためにはなるべく9時~10時には起床して日光を浴びて体内時計を現地に整えていきましょう☀️そうすることで現地時間のリズムを体が覚えるようになりますよ

 

 

 

今まで時差ボケに悩まれたことがある方は、是非上記のことを無理しない程度に実践してみてはいかがでしょうか??

きっと快適な生活を送れること間違いなしです(^O^)

 

 

 

 

 

 

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562