Yes/No と はい/いいえ はイコールではない?|留学ステーション

MENU

閉じる

Yes/No と はい/いいえ はイコールではない?

こんばんは!留学ステーションのYukoです
今日はみんなが悩むYes/Noの使い方。
日本語の「はい」、「いいえ」を単純に当てはめればよいわけではないんです。
英語と日本語でどのような違いがあるのか見てみましょう
例えば日本語では、
「お腹空いてないよね?」 と聞かれた時、
空いてなければ、 うん(肯定)、空いてないよ。
空いていれば、 いや(否定)、空いてるんだ。
となりますね。
これが英語になると、
「Aren’t you hungry?」 に対して、
空いていなければ、 No(否定), I’m not hungry.
空いていれば、 Yes(肯定), I’m hungry.
となります。
日本語の考え方で、Yes, I’m not hungry. と言ってしまうと、
どっち? Yes or No??と聞き返されてしまうかもしれません。
整理すると、
日本語では、相手が聞いたことに対して
肯定なら「はい」、否定「いいえ」
英語では、事実に対して
肯定なら「Yes」、否定なら「No」
です
英語と日本語では考え方が違うんですね。
頭で理解できたら、Let’s practice練習を重ねて慣れてしまいましょう


留学ステーション公式FBページは
こちら

留学ステーション公式ホームページは こちら

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562