留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

取得するべき資格はどれ?英語の資格試験くらべ📝

2018年10月9日

こんにちは!札幌留学ステーションのSakiです🐻

 

先日地下鉄の階段で転んで足首をがっつり捻挫しました🤕💔

ここ数日サロンパスを貼っているのですが本当に臭いです・・・泣

TKC社長にも笑いながらオフィスがサロンパス臭いと言われてしまいました👃🙅‍♀️

みなさんは私みたいにドジらないでくださいね🙅🏻‍♂️

 

 

さて、そんな強烈なサロンパスの話はさておき!

今回は英語の資格試験についてお話したいと思います✏️

留学中の語学学校で英語の資格コースを受講したいとお考えの方や、帰国して自分の英語力を試したい、または就職活動をするにあたって履歴書にスコアを示したい!とお考えの方は沢山いらっしゃるかと思います。

 

でも実際どの資格を受けたらいいのか?

自分の目的に沿った受験をしたいですよね🌈

 

 

 

そんな英語の資格についての比較をしていきたいと思います🧐💭

今回はTOEIC、TOEFL、 IELTS、 ケンブリッジ英検の4つにフォーカスして、

簡単ではありますが比較していきたいと思います🔍👀

 

 

TOEIC

目的:日本の企業の採用における判断材料として使える👨‍💼

(日本の企業の7~8割が判断基準に利用しているそうです)

内容:一般的に皆さんが受けているのがリスニング👂とリーディング📖スキルを測るもの(スピーキングとライティングを測る形式のものもあります)

スコア:990満点・・・550~600点以上で履歴書でアピールできるレベルと言われています

 

TOEFL iBT

目的:英語圏の大学や大学院い進学するため🏫

(私の大学でも派遣留学者を決める基準としてTOEFLが利用されていました)

内容:4技能🗣👂📖✏️

スコア:120点満点・・・70~80点ほどで大学進学に利用できるスコアになります

 

IELTS

目的:海外移住や留学のための英語力を示すため🏡

(イギリス、カナダ、オーストラリア移住には必要な資格試験となります。特にイギリスで長期留学をされる方は避けられない試験となります🇬🇧)

内容:4技能🗣👂📖✏️(※リスニングもイギリス英語の発音になります)

スコア:1.0~9.0までのレベル・・・5.0以上獲得で海外での就労や留学に有利になってきます

 

ケンブリッジ英語検定

目的:海外の大学や大学院に進学するために証明できる🏫

(特にイギリスなどのヨーロッパ)

内容:4技能🗣👂📖✏️

スコア:高い順からCPE、CAE、FCE、PET、KETの五段階に分かれています。→FCE以上でアピールできます(FCEで英検準一級レベルです)

 

以上が、簡単ではありますが代表的な英語資格試験の比較となります👼🏻

 

このような資格取得に向けたコースに特化している語学学校などもご紹介していきたいと思ってます!

 

是非参考にしてください🙌🏼😊

By: Amy

 


フィリピンの語学学校ご紹介! 〜EG Academy〜

こんばんは!

 

 

札幌留学ステーションのGenkiです☆

 

 

 

いきなり秋になってびっくりしている最近この頃🙄

雨がまだ降らないのがありがたいです😎

 

 

 

 

 

今回は、身近に行ける留学先・フィリピンの語学学校についてお話します💁🏻‍♀️

 

 

 

みなさんはフィリピンと聞くと、

すぐに浮かぶのはセブ島かなと思います🤔

 

 

 

 

そんなフィリピン、

「クラーク」という地域を聞いたことはありますか??🤔

 

 

 

クラークはフィリピンで一番大きな島・ルソン島にあります🇵🇭

 

 

 

首都・マニラからもほど近いこちらのクラーク、

実は高級リゾート地として知られています😎

 

 

高級ホテルやゴルフ場など…

かつて米軍基地があったことから、

欧米色が強い都市としても知られています🙆🏻‍♀️

 

 

 

今でもアメリカ人が暮らしている、数少ない地域です🌴

 

 

 

このクラーク、最近はフィリピン留学先としても注目されています🤩

 

 

 

今日はそんなクラークの語学学校を1つお話します💁🏻‍♀️

 

 

 

それは、EG Academyという語学学校です!

 

 

 

EG Academy

 

 

クラークにあるこちらの語学学校、

特徴はなんといっても設備の良さが定評です🤗

 

 

 

 

前にはプール!

 

 

 

そして、隣には併設したゴルフ場も😧

 

 

 

 

 

休みの日にリフレッシュができるので、

オンとオフがしっかりとしています🤗

 

 

 

 

このEG Academy、

一般英語コースは英会話を中心としたスピーキング重視のコースが特徴です💁🏻‍♀️

 

 

読む・書く・聞く・話すの4スキルを全9レベルの中から

自分にあったレベルでレッスンを受けていくので

しっかりと英語の基礎を固めることができます👼🏻

 

 

 

 

朝の8時から始まる授業、

マンツーマンレッスン : 3〜4コマ

グループレッスン : 2〜3コマ

ネイティブによるグループレッスン : 1コマ

 

あとは任意の選択授業が1コマと、

選択授業を受けると朝から夕方の18時まで!

 

 

日々英語漬けの環境になるので、

これはかなり英語が伸びますね🤔

 

 

 

またクラークの地域がアメリカ人が住んでいることもありながら、

ネイティブの講師陣が多いのも特徴です☝🏻

 

 

 

母国語が英語ではない国フィリピン、

このネイティブの講師陣が多いのは大きな特徴になります😎

 

 

 

また清潔な学生寮もEGの特徴!

 

 

こちらは4人部屋ですが、

4人であっても広々としています👼🏻

 

 

 

 

またベテランの日本人スタッフ陣が学校初日からしっかりとサポート!

 

 

母国語でオリエンテーションをしてくれるのが

初日の留学生の不安を取ってくれます🤗

 

 

 

綺麗な設備と、

日本人の弱点を克服する英語漬けのコース、

スタッフによるしっかりとしたサポート体制の語学学校・EG Academy!

 

 

 

みなさんも

フィリピン・クラーク留学なんてのもいかがでしょうか😎

 

 


訛りが強いってほんと?オーストラリア英語について🐨

2018年10月2日

 

こんにちは!札幌留学ステーションのSakiです✈️

10月になり今年もあと3ヶ月ほどになりましたね・・・

一年って本当にあっという間ですね😨 トロントのカフェでバリバリ働いていた去年の今頃が懐かしいです😹☕️

 

 

さて!今日はオーストラリア英語についてお話します🗣🇦🇺

よく耳にする、『オージーイングリッシュは訛りが強い』という噂・・・

『オーストラリアに留学したいけど訛りがすごいって聞いて、どうしようか迷っている・・・』なんていうお客さんもたくさんいます😮

では実際のところはどうなんでしょうか?検証していきたいと思います!🐨

 

結論から言うと、

『オージーイングリッシュ=訛りが強い』という考えは100%正しいとは言えません!🙅‍♂️

というのも、

○都市部の人たちはほとんど訛りがない

○地方の人でも標準語を喋る

ということが言えるからです!

 

オーストラリアの都心に住んでいる人が話す英語は、ほとんど訛りのない標準語です。

また、語学学校で講師が話す英語も基本的に標準語だと考えられます👨🏼‍🏫🏫

また、オーストラリアの地方に住んでいる人でも標準語は話します👄ましてや私たちのような留学生には伝わるように話してくれるはずです!

日本でも、方言がありますよね。でも地方の人でも標準語は話します。私の友達で福岡出身の子がいるのですが、博多弁と標準語は使い分けているそうです🤔

ですので、日本の方言と同じような感覚と捉えていいと思います!

 

 

 

では一体どうして訛りが強いと感じるのでしょうか??

 

それは、

○アルファベットの発音が他国と異なる

○話すスピードがそう感じさせる

 

オーストラリアも他の国と同じように、歴史的背景からその国独自の発音があります👣

例えば以下のような発音の特徴があります

・aの発音が違う→ a(エイ)という発音が(アイ)に聞こえます👂

・rを発音しない→例えばwater(ウォーター/wɔːtər)が (ウォタ/ˈwɔːta)に聞こえます👂

・単語を短縮しがち→オーストラリアでは様々な単語をが省略されて話されると言われています

また、話すスピードが早いため聞き取りにくく感じます🌀

 

結局訛りがあるんじゃん!と思うかもしれませんが、2、3か月も経てばオーストラリアの英語の発音に慣れていきます。

どこの国に言ってもその国独自の英語の発音があるので、『オーストラリアだけ特別訛りが強い』という訳ではないのです🇺🇸🇨🇦🇬🇧🇦🇺

 

逆に訛りがほとんどない国としてあげられるのはどこなのでしょうか??

よく耳にするのは、比較的カナダの英語は聞き取りやすいということです🇨🇦⛰

ですが、カナダ人でも、移民が多くがいるので訛りを感じることももちろんあります!

ですので実際どこの国に言っても全く訛りを感じない、なんてことはほとんどないかと思います😲

 

色々な国の英語を聞き比べると本当に面白いです😎

私はカナダで英語を学びましたが、イギリス英語も歴史があって学んでみたいな・・・と思ったりもします💂🏻‍♀️✨

 

ぜひ参考にしてみてください😊

 

By: mario

 

 


留学生活をより充実したものにするために!海外でのボランティアについて

みなさんこんにちは!札幌留学ステーションのSakiです😊

最近は鼻水やくしゃみが止まらない日々と闘っています😥 体調には問題ないと思うのですが・・・季節の変わり目なのでみなさん風邪には気をつけてくださいね!🍂

 

さて、今回は留学生活をより充実させるために!ということで、留学中にできるボランティアについてお話したいと思います👫🤝

私もカナダに留学していた時にデイケア(子供のお世話をするボランティア)を行なっていたのですが、ボランティアをしたことによるメリットが沢山あったので色々と共有しますね😲

 

 

私の周りでもボランティアを行なっている人はちらほらいたのですが、

では一体どんなボランティアに参加できるのでしょうか?

 

例えば・・・

・児童施設でのサポートやアシスタント

・イベントのお手伝い

・日本語教授のボランティア

・環境保護に関わるボランティア

など、教育や環境、福祉に関わるものがあります🏃‍♀️

 

私が行なっていたのは、親御さんが仕事に行っている間にカナディアンの子供のお世話する、というものでした!

私を含めて日本人2人(or 私1人)とカナディアンのホストさんが1人で、約7名ほどの子供(2~7歳)を見ていました👶🍼

友達が行なっていたイベントのボランティアは、トロント国際映画祭(tiff)でお手伝いをするというものであり、とても面白そうでした!📽 映画好きにはもってこいのボランティアですね🤩

 

 

では、ボランティアをするメリットとは一体なんでしょうか? 💭

・英語力の向上

→学校や日常会話では使うことのない、ボランティア活動ならでは英語表現などが身につきます💪

 

・文化交流

→日本語教授のボランティアでは特に自国の文化を伝えるチャンスです!また、様々な人と交流できるので多文化ももちろん学べますね👫🌏👫 ボランティアを通じて新しい交友関係やコミュニティもできますよ!

 

・留学生活の充実

→学校と遊び・学校と仕事だけの決まりきった生活スタイルから脱して、新しいことに挑戦することはとても刺激的です!他の留学生よりも充実した留学生活を送っていると実感できます💖

就職活動でのアピールにもなりますね😎

 

・留学費用の削減

→ボランティアによっては食事を提供してくれるものもあるので、多少なりとも生活費の削減になります!💰

私のボランティアのオーナーさんも、手作りのお昼ご飯を作ってくれる方だったので、自炊生活の身としてはとてもありがたかったです🙏💚🍽

また、語学学校にいく期間を増やす代わりにボランティアをするという手もあります!

学校に長期間通うとどうしても費用は高くなりますよね・・・その分をボランティアに当てると学費を抑えつつ、無料で楽しく英語を身につけられますよね!

楽しみながら社会に貢献して、節約もできたら最高ですよね😇

 

 

By: Cami

 

ではどうやってボランティアを探せば良いのでしょうか??

 

・日本人向けのサイトで探す

→以前のブログでも紹介したe-maple(カナダ)や現地のお役立ちサイトにボランティアやお仕事などの色々な情報が掲載されています!

 

・アプリで探す

→meet upという外国人とのコミュニティを作ることのできるアプリです☝️

 

・友人の紹介を通じる

 

ちなみに私は、日本人向けのサイトで検索して探しました!応募してオーナーさんとメールでやり取りをして参加しました!ボランティアの内容にもよりますが、お仕事とは違って面接などはなかったです🤔(選考があるものもあります)

 

最後に、ボランティアをする上での英語力についてです🗣

ボランティアと言えどある程度の英語力(最低でも中学英語レベル)はないとなかなか難しいです🔰 語学力が心配な方は、あらかじめ語学学校でしっかり勉強してから臨みましょう👌🏼

 

いかがでしたか??

このようにボランティアをするメリットは沢山あります!

現地の社会に貢献することで、様々なことが学べますので是非挑戦してみてくださいね😊🌱

 


綺麗な英語を話したい方に!各国の英語の訛りとは??

2018年9月28日

みなさんこんにちは!札幌留学ステーションのSakiです😊

 

先日カナダ留学時代の友達に会いに台湾に行ってきたのですが、この時期で30度越えでした・・・北海道民には辛かったです💦 札幌は肌寒くて、夏の終わりを感じますね🎆👋

 

そんな話はさておき、今回は英語の訛りについてお話したいと思います!

留学する上でほとんどの人が挙げる留学の目的は、やはり「英語力の向上」ですよね🧐

特にスピーキング力は、現地にいるからこそ身につくものでもあります🗣

その上で、気になることの一つが、各国の英語の訛りや発音ではないでしょうか?💭

 

私も留学する際は、留学するなら綺麗な発音で喋れるようになりたいなぁ・・・と思っていました🙏🏼

 

そこで今回は、各国の英語の発音や訛りの特徴についてご紹介したいと思います!👏

今回はわかりやすいアメリカ英語とイギリス英語の特徴や違いについてお話します🇺🇸🇬🇧

 

 

「アメリカ英語は単語と単語が繋がって聞こえる」、「イギリス英語は単語が区切れて聞こえる」という風に言われたりもします🗣

 

具体的にはどのような違いがあるのか見ていきましょう🔍👣

まずはRとTの発音に大きな違いがあります!

例えば『Water』を発音するときは、

アメリカ英語:Water (ワーラー)

イギリス英語:Water (ウォター)

という風に、アメリカ英語はTの音が殆ど発音されず、Rの発音が強調されて聞こえるのに対して、イギリス英語ではTの音が強く聴こえます👂

また、『bitter』や『often』などの単語もイギリス英語では『ビッター』や『オフトゥン』おようにtを強調したアクセントになります。

 

私たちが中高で学んできた『舌を巻くRの発音』はアメリカ英語のほうに近いということですね💡

 

他にも代表的な発音の違いとして挙げられる『Can』の発音では、

アメリカ英語:Can (キャン)

イギリス英語:Can (カン)

というようにこちらも違いが顕著にわかります😲

 

映画などでイギリスの英語を聞くとアメリカやカナダと比べての違いが顕著に聞き取れるかと思います!🎧 ぜひ発音にも気をつけて映画や音楽を聞いて見てくださいね😇

 

私たちが学生の時に学んできた英語の発音は、どちらかというとアメリカやカナダ英語の発音に近いです🗣

ですが実は、英語の発祥はイギリスなんです🇬🇧みなさん知っていましたか?

アメリカ英語は移民によってアメリカに伝わったものなのです☝︎

ですので、イギリス英語はアルファベット一つ一つの音がしっかり聴こえてきます。逆にアメリカの英語は単語同士が連なって聴こえて来るんです。

 

『イギリス英語は歴史的背景があって、アメリカの英語は雑に聞こえる』、と聞いたことがありますが、歴史的背景によって英語の発音もだんだんと変わってきた、ということなんですね・・・🤔

また、アメリカにおいては、州によって発音が異なるところもあります🗽

 

このように国によって話される英語の発音が異なります!

みなさんも留学をする上で、英語の発音の特徴についても考えてみると面白いかもしれませんね!

映画などでイギリスの英語を聞くとアメリカやカナダと比べての違いが顕著に聞き取れるかと思います!🎧 ぜひ発音にも気をつけて映画や音楽を聞いて見てくださいね😇

 

 

次回はオーストラリアなどについても見ていけたらなと思っています🇦🇺🐨

ぜひ参考にして見てくださいね😊

 


いくらあれば留学できるの?〜イギリス編〜

2018年9月18日

 

みなさんこんにちは! 留学ステーションのSakiです🙌🏼

とうとう夏も終わりに感じますね・・・!私の大学も今週から後期授業が開始しています!🏫😅

にも関わらず、週末にカナダ留学時代の友達に会いに台湾に行きます✈️

この時期の台湾は未だに30度前後の気温らしいです・・・まだまだ大学モードに切り替えられずにいます💧

さて!そんなだらけた私の話はさておき、今回は『留学費用〜イギリス編〜』についてお話していきたいと思います🇬🇧💸

 

実は私も最初はイギリスに留学にいきたかったのですが、物価や学費が高い…と言うこともあり、カナダ留学に最終的には決めました!🇨🇦

それでは実際のところの費用はどのくらいかかるのでしょうか?みていきましょう👀🔎

 

 

 

〜イギリス〜

 

短期語学留学プラン(1ヶ月間)

航空券(往復): ¥150,000

授業料(1ヶ月間):¥150,000

滞在費(ホームステイ):¥100,000

海外留学保険: ¥25,000

空港送迎費用: ¥12,000

生活費 : ¥60,000

合計:¥497,000

 

 

長期語学留学プラン(1年間)

航空券(往復): ¥150,000

学生ビザ申請費用:¥25,000

授業料(1年間):¥1,500,000

滞在費(ホームステイ/1ヶ月間):¥100,000

滞在費(シェアハウス/2ヶ月間):¥250,000

海外留学保険: ¥230,000

Health Surcharge Fee(英国健康保険料):¥42,000  ※

空港送迎費用: ¥12,000

生活費(3ヶ月間) : ¥180,000

合計:¥2,489,000

 

※イギリスに6ヶ月以上滞在する場合は、滞在中に英国が定める健康保険付加料の支払いが義務付けられます☝️

滞在費はホームステイ1ヶ月とシェアハウス2ヶ月の3ヶ月間で考えてみました。シェアハウス1ヶ月間の相場は10万円前後となり、こちらも他国より高くなっています🏠

 

 

ワーキングホリデー(2年間)

航空券(往復): ¥150,000

ワーキングホリデービザ申請費用:¥35,000

授業料(3ヶ月間):¥450,000

滞在費(ホームステイ/1ヶ月間):¥100,000

滞在費(シェアハウス/2ヶ月間):¥250,000

海外留学保険: ¥450,000

Health Surcharge Fee(英国健康保険料):¥42,000

空港送迎費用: ¥12,000

生活費(3ヶ月間) : ¥180,000

合計:¥1,669,000

 

(※全ての費用は概算です)

 

イギリスのワーキングホリデーは取得できると自動的に2年間滞在することができます!✨

ただ、英国健康保険など他国よりも余分にかかってくる費用が出てきます・・・

 

また、私もイギリスに旅行した際に感じたのは、やはり物価が高いな…と言うことです😓

イギリスの1ポンドを円に換算すると大体150円以上となるため、日本や他国と比べて結果的に高くつく形になります💷💔

なので生活費が他国よりもかかってしまうことが実態です💶

ただ、前回のカナダ留学費用でもお伝えしましたが、工夫すれば留学費用は抑えられます!

 

割引をやっている語学学校もあるので、それらのキャンペーンを活用することも良いですね🏫💙

ぜひ参考にしてみてくださいね😊


いくらあれば留学できるの?リアルな留学費用!

,

2018年9月16日

みなさんこんにちは!留学ステーションのSakiです😊

大学生の長い夏休みももうそろそろ終盤に差し掛かりますね・・・!

平成最後の夏はいかが過ごせたでしょうか?🎆

 

さて!今回は留学にかかる費用についてお話したいと思います💵

留学費用にまつわるお問い合わせやご相談は、留学ステーションのお客様からも多数受け付けています!実際どのくらいあれば留学ができるのか?やはりとても気になるところですよね🤔💭

そこで今回は、人気留学国のカナダの費用の相場について、内訳別に具体的に見ていきたい思います💰💪🏼

 

オーストラリア🐨とニュージーランド🇳🇿の留学費用は、費用の内訳は多少異なりますが、合計の額はカナダとさほど変わりませんので、以下のカナダの留学費用を参考にしてみてください!🙇🏻‍♂️

 

 

ただ、ニュージーランドは1ドルあたり為替レートが低いので、一番お財布に優しい渡航先かもしれません・・・!😇(他国の費用についても随時更新していく予定です📝)

 

 

 

〜カナダ〜

①短期語学留学プラン(1ヶ月間)

航空券(往復): ¥150,000

授業料:¥150,000

滞在費(ホームステイ):¥90,000

ビザ申請費用(eTA): ¥600

海外留学保険: ¥25,000

空港送迎費用: ¥12,000

生活費 : ¥50,000

合計:¥477,600

 

 

 

②長期語学留学プラン(1年間)

航空券(往復): ¥150,000

授業料: ¥1,500,000

滞在費用(ホームステイ1ヶ月): ¥90,000 ※

ビザ申請費用(学生ビザ): ¥12,000

海外留学保険: ¥230,000

空港送迎費用: ¥12,000

生活費 : ¥500,000

合計:¥2,494,000

※長期の留学では、ホームステイを出た後シェアハウスを探して住む流れが一般的です👀

その場合、家賃の相場は4万〜6万円が一般的です!(家具付き・光熱費込み)日本で一人暮らしをすることを考えたら、断然安いですね!!💖

 

また、申請してホームステイを延長することも可能です!👨‍👩‍👧‍👦🏠

 

 

③ワーキングホリデー(1年間)

航空券(往復): ¥150,000

授業料(4ヶ月):¥500,000

滞在費(シェアハウス):¥600,000

ビザ申請費用(ワーキングホリデービザ): ¥20,000

海外留学保険: ¥250,000

空港送迎費用: ¥12,000

生活費(3ヶ月) : ¥150,000

合計:¥1,682,000

ワーキングホリデーは働くことができるので、働く分費用も抑えられます!💪

以前のブログで時給について書きましたが、海外は日本と比べて時給が高い上に、チップの制度(時給とは別に、サービスに対して支払われるお給料)もあるのでお金を稼いでその分生活費や交遊費に当てることができます!✨

普通に働いていても1ヶ月あたり15万程度は稼ぐことができますよ!

私とGenkiくんのワーホリ経験上、掛け持ちをした場合は、ほぼ確実に20万以上はゲットできるはずです・・・!

 

 

以上の3パターンの留学費用はあくまでも概算ですが、かなり現実と近い形で考えて見ました!

いかがでしたか?想像よりも低かったでしょうか、高かったでしょうか・・・?🙂

🙃

留学プランをしっかり考えたり(働けるビザにするか・修学期間はどのくらいにするか)、費用を抑えるための工夫(安い航空券を探すなど)をすれば費用は抑えられます!!☘

 

留学ステーションではお見積りも無料で作成していますので、『自分の留学プランに合ったもっと具体的な費用が知りたい!』という方はお問い合わせくださいね🔍!

留学をする上で大切な費用!ぜひ参考にしてみてくださいね👼🏻

 

 


いってらっしゃい♪ 静岡からカナダ留学へ!

,

2018年9月13日

こんにちは! 静岡留学ステーションです! ここ最近の静岡も朝晩は寒くなっていますね。
今朝カナダへ出発したメンバーさんの見送りへ行ってきましたが、かなり涼しくなったなと感じました。




1日の中で寒暖差がありますので皆さんも体調には気をつけてくださいね。

さて肝心の見送りですが無事に出発ができました!

出発前の静岡駅にてお母さんと♪

今回Umiくんが出発する留学先はバンクーバーです。 
バンクーバーはカナダ西部ブリティッシュコロンビア州で一番の都会になります。(ちなみに州都はビクトリアです)

秋にかけて雨も多くレインクーバー(Raincouver)と呼ばれることもありますが、学校の数も多く、留学生にはとても人気の年です。
留学生が多い分、お仕事の数も多いので、まず一番最初はバンクーバーと言われるほど入りやすい都市となっています。

クオリティが高い学校が揃っているバンクーバーですが今回Umiくんが通割れる学校は
VGCとなります。


オフィスではVGCのパンフを持ってパシャり♪

VGCは世界55ヵ国以上から学生さんが集まり、国際色豊かでアットホームな雰囲気の中、意識の高い仲間と共に日常英会話のその上を目指せる学校です!
もともとTOEFLやIELTSの専門校として始まった学校なので長年かけて作り上げられたカリキュラムと、経験豊富な教師陣が成果を実感できる授業を体験できますよ!

アドバイザーより

また落ち着いたらエピソードや写真など待っていますね!
体には気をつけて留学生活をとことん楽しんでくださいね!


人気国!カナダのワーキングホリデービザとは…?

2018年9月9日

こんにちは!

 

札幌留学ステーションのGenkiです!

 

 

 

今回発生しました地震、みなさんはご無事でしょうか…?

 

 

停電や断水など、

今回の災害でまだ爪痕が残っている部分はありますが、

1日も早く日常生活に戻れるようにみなさん頑張りましょう…!!

 

 

 

先日、ついにカナダのワーキングホリデービザの定員が埋まりました!!

 

 

これからビザを取ろうと思っていた人は来年度になりますね…

 

 

今回はカナダのワーキングホリデービザについてさらっとお話します🇨🇦

 

 

カナダのワーキングホリデービザは、

誰でも取れる訳ではありません🙅🏻‍♀️

 

 

 

 

日本でこちらのワーキングホリデーでの留学を許されるのは

毎年6,500人と決められています🤔

invitation(招待状)が送られてきた人のみこのワーキングホリデービザ申請が許されます🙄

 

 

 

こちらのビザでは1年間の滞在が認められています!

 

 

語学学校に通える期間も、

長くて6ヶ月と決まっているのが

このワーキングホリデービザの特徴です🤔

 

 

まずは自分のアカウントを作り、poolという抽選会場にエントリーします!

このpoolには、みなさんと同じように招待状を待っている人がたくさんいます😕

 

 

ここからコンピューターが無作為に抽選、

当たった人に連絡が入るという仕組みです🙆🏻‍♀️

 

そこからパスポートの情報や

学歴、職歴を記入していって、

 

最後にカナダ政府に収めるビザ申請料金、

カナダは今年は$250なので

こちらをクレジットカードで支払います🙆🏻‍♀️

 

 

これで政府側が審査にかけて

通ると晴れてビザ取得完了です🌞

 

 

ざっくりとした説明しかしておりませんが、

この一連の流れは

運が良くて2.3週間〜1ヶ月、

運が悪いと数ヶ月かかる人も…

 

 

僕はちなみに招待状がくるまでに2ヶ月かかりました…

運がないのはわかっていたのですが、

ここでさらに実感しました…🤦🏻‍♀️

 

 

通常通り取得できる人はそこまでかかりませんので、

ご安心してください🙆🏻‍♀️

 

 

 

 

ワーキングホリデーを考えているかた!

ぜひ参考にしてみてくださいね🇨🇦


意外と知らない、各国の水情報🚰

2018年9月2日

こんにちは!札幌留学ステーションのSakiです😊

とうとう9月に突入しましたね!札幌はすっかり涼しくなりましたね🍃

 

 

さて、今回は海外の『水』についてお話したいと思います!🚰

(少し地味なところですが、暇つぶしにでも読んでください。笑)

 

 

生活する上で重要な役割を果たしている水。もちろん留学生活をする上でも欠かせません!

 

ですが海外の水は安全性が低くて飲めない、と耳にしたことのある方もいるのではないでしょうか?

水の安全性は国によって違ってきます🧐

せっかくの海外留学なのに、何も知らずに水道水を飲んでお腹を壊してしまった・・・

なんて経験したくないですよね😣💦

 

そこで実際海外の水事情はどうなのか?国別に検証して行きたいと思います🤔

 

 

 

〜アメリカ〜

アメリカの水道水は飲めるのでしょうか?

・・・

答えはYesです!

実はアメリカの水質基準は日本と同じか日本より厳重だそうです。ですので比較的安心して水道水が飲めるそうですよ!

少し意外じゃないですか?😳

 

 

ただ、州によって水質基準や水の硬度は違うので、留学する都市によっては日本の軟水より飲みづらいと感じたり安全性が低いところもあるかもしれません💔💧

 

 

 

〜カナダ〜

カナダの水道水はどうなのでしょうか?

実はこちらも『飲める』んです。

しかし、カナダの水は中硬水と言われているため比較的飲みづらいかもしれません。

 

ただ、ほとんどの家庭にはウォーターサーバーや浄水器がついているのでそれらを使えば何も問題ありません◎私のホームステイ先にもついていました◎

ちなみに私はカナダで水道水を飲んだことがありません。🤭

 

 

というのも、シェアハウスをしている時、水道から水を出したら茶色い液体が出てきたことがあるのです・・・😱実は水道管の工事によるものだったそうなのですが、その日以来水道水は飲まないと決意しました。笑

 

シャワーや洗顔の際にも特に問題ないです!ただ硬度が違うので、肌などが敏感な人は違和感を感じるかもしれませんね☔️

 

 

 

 

〜イギリス〜

イギリスもカナダと同様に硬度は高いですが一応水道水は飲めるそうです。

ただ、ヨーロッパの水は硬度が高くお腹を壊しやすくなるので注意が必要です🌀

 

ここでもう一つ水にまつわるエピソード。

イギリスに旅行に行った際、お湯を沸かそうとケトルを覗いたらケトルの中に白い物体が大量に・・・!!🙀 まるで鍾乳洞でした(本当です)

 

これは一体何なんだ?と思って聞いたところ、イギリスの水には石灰が含まれているため、ケトルに石灰がこびりついてしまうんだそうです。

この現象でもわかるように美味しい水が飲めるとは言えないようですね🙏🏼

 

 

 

〜オーストラリア〜

オーストラリアは地域によりますが水道水は飲めます◎

 

メルボルン、パース、シドニーなどは、硬度が低く日本の水と変わらない軟水ですが、一方、ブリスベン、アデレードなどは、硬度100を越える地域であるため注意が必要になります☝️

 

また、オーストラリアは水不足で知られている国なので、ホームステイ先でお水を飲む際には一言尋ねたり、長時間シャワーに入らないようにするなどの気遣いも必要です😯 ホームステイ先のルールに従いましょう!

 

 

 

今回は以上の4カ国について調べてみましたがいかがでしたか?

アジアの国に比べて意外と水道水が飲める国は多いみたいですが、日本と比較すると安全性に欠けたり違和感を感じるところがほとんどみたいです🤐

 

 

不安な方はスーパーでミネラルウォーターを買えば問題なしです!🙆🏼‍♀️

皆さんも留学前に一度確認してみてくださいね😋

 

 

 


渡航前に知っておきたい! 〜銀行口座編〜

こんにちは!

札幌留学ステーションのGenkiです☆

 

北海道マラソンのランナーが街を歩いているのを結構見かけました!

 

走るのがあまり得意ではない僕としては42kmを走るのは尊敬します…🧐

 

 

今回は海外の銀行事情についてお話しします💰

 

 

 

ワーキングホリデービザや学生ビザで長期で留学すると、

働くことができる国がたくさんあります🙆🏻‍♀️

 

 

 

その給料をもらうためには、

海外で銀行口座を開けなければいけません🤔

 

 

銀行口座は留学先で最初にやらなければならないことの1つなので、

最初の関門になります…🤦🏻‍♀️

 

 

もちろん英語で伝えなければなりません😵

 

 

 

 

 

 

 

I’d like to open my bank account.

(銀行口座を開けたいです。)

 

このI’d like toはI want toの丁寧な言い方です!

 

 

フォーマルな場や目上の人にはこのI’d like toを使いましょう💪🏻

 

 

 

銀行口座には2つ種類があります♪

・Chequing Account

日本の普通口座と一緒です💁🏻‍♀️

お金の引き出しが自由にできます🙆🏻‍♀️

 

・Saving Account

これが、日本でいう定期預金になります💰

引き出し回数や金額に制限があります🤔

 

 

 

基本的にChequing Accountで開けるのが一般的ですね🤔

 

口座を開けるために必要な書類については、

国によって違います!

 

 

 

・パスポート

・住所を証明できるもの

 

この2つはどこの国でも絶対に必要になります💁🏻‍♀️

 

 

あとはマイナンバーカードや、

働くことのできるビザを持っている人は納税者番号など!

 

 

国とビザによって必要書類が違うので、

日本にいるときに下調べしておいたほうがいいですね🤔

 

 

あとは口座を開けたら

デポジット(保証金)を請求される可能性があります!

 

敷金・礼金のようなものなのですが、現金が必要なときもあるので、

少し多めに持って行ってくださいね😕

 

 

これで契約書にサインをすれば口座開設完了です🙆🏻‍♀️

 

みなさんも参考にしてみてくださいね💁🏻‍♀️


ワーキングホリデーって稼げるの?海外の時給しらべ💸

2018年8月25日

こんにちは!札幌留学ステーションのSakiです😊

夏が終わろうとしている気がしますね・・・皆さんは夏休みをいかがお過ごしでしょうか?大学生の方はまだ夏休みも中盤くらいでしょうか?🌺

私はカナダワーホリ中にできた友達に会いに、9月に台湾に行ってきます✈️ 台南に行く予定なので美味しい料理をたくさん食べてしっかり肥えてくる予定です🐷💧🍽

 

さて!今後ワーホリされる方は、色々と疑問や不安があるのではないでしょうか?

仕事の探し方は以前のブログでも書きましたが、皆さんは海外の時給はどのくらいかご存知ですか?💵

実は、日本で働くよりも断然稼げる国が多いのです🤩✨今回はそんな国別の時給についてお話したいと思います!🙌

今回はカナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの主要4カ国について見ていきたいと思います🤔(ちなみにアメリカはワーキングホリデー制度はありません💔)

 

ということで、最低賃金ランキング!(あくまでも概算です)

 

第4位・・・イギリス🇬🇧

イギリスの最低賃金は約£5~£7.5(715円~1050円)です!

また、最低賃金は年齢によって違いがあるそうで、18歳〜25歳までで、年齢が上がるほど最低賃金の金額も上がる仕組みになっているようです💵

6ポンド(950円)が平均的な時給になるかと思います!

ちなみに、学生ビザでも週20時間まで働けるビザがあります。正規のワーキングホリデービザですと時間の制限なしに働くことができますよ💪

 

第3位・・・カナダ🇨🇦

カナダの最低賃金は約$7.15(約795円)です💰

一般的なサービス業や接客業に就くと、時給は約10ドル~14ドル(900~1250円)です🤗

さらにチップ制度などもあるので日本に比べると断然稼ぐことができますね!

 

第2位・・・ニュージーランド🇳🇿

ニュージーランドの最低賃金は約$7.15です!

就くお仕事にもよりますが、一般的には15~20ドル(1200~1600円)は稼げるみたいです!

こちらも高時給で日本と全然違いますね・・・🤔

 

第1位・・・オーストラリア🇦🇺

第一位はオーストラリアです!最低賃金は約$8.5(1050円)

最低賃金が日本の高時給レベルですね😂💸

一般的には約16~22ドル(1400~1800円)が手に入ってしまう程、高時給で有名なのがオーストラリアです!日本人には夢のような数字ですね😇✨

 

今回は最低賃金を元にランキングにしましたが、就く仕事や年齢によって時給が異なるようです!!

また、日本よりも断然時給が高いということがわかりますね😳

あくまでも概算ですが、ワーキングホリデーを考える際に参考にしてみてください!

 


1 / 2012345...1020...最後 »