留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

渡航先から現地レポート!〜オーストラリでワーキングホリデ〜

,

2019年8月3日

こんにちは!

 

留学ステーションのSakiです🌿

 

本日は【渡航先から現地での体験談】が届きましたのでご紹介させて頂きます!

 

【プロフィール】

名前:Shoheiさん

渡航先:オーストラリア

ビザタイプ:ワーキングホリデー

 

 

【学校生活について】

IH Sydney City校はとても素敵な学校でした!

シティの中心にあり、シドニーを十二分に堪能することができました。

先生方は皆素晴らしく、英語の勉強に限らずオーストラリアの文化や歴史など多くのことを学ぶことができました。

「3か月では物足りないな」というのが正直な感想です!笑

運よく仕事を早めに見つけることができ、Morning Class からEvening Classに移動したのですが、Morning Class は日本人が多いなと思いました。

🙍‍♀️<IH Sydney City校はウィンヤード駅とタウンホール駅の真ん中に位置しており、本当に好立地です!Shoheiさんのおっしゃる通りシドニーを堪能できるのです!

お仕事が始まったらなかなか余裕が無くなってしまうので、学校で出会った友達と放課後シティを散策するのがオススメですよ🌉

日本人の比率が高くなるのは、学校に通う時期も関係してきますが、いかに自分から外国の友達を作るのか!というのも留学の醍醐味ですよね😉

3ヶ月では物足りないと思える程濃い学校生活を送ることができたようで私たちも嬉しく思います!)

 

 

【私生活について】

シドニーに来て1ヶ月目に車を買いました!

1800ドルのすごく安い車ですが、今もなんとか動いています!笑

何も知らない状態で購入したのでいろいろと大変でした。

まず苦戦したのはラウンドアバウトです。走り方を知らなかったので最初は運任せで走ってました。

また縦列駐車も大変でした。日本ではほとんど経験がなかったので苦労しました。

駐車のサインも理解するのに時間がかかりました。こちらでは無料で駐車できる曜日や時間などが細かく決まっており、どこにとめていいのか最初は全く分かりませんでした。

ガソリンの入れ方も全く違うことにも驚きました。ガソリン代も週によってコロコロ変わるのも面白いです。先週と今週で30セント近く変わるのでびっくりしました!

そして1番困ったのはE-Tagという、高速道路や橋を渡るときに必要な装置についてです。E-Tagを持っていないと、通常の通行料に+10ドル加算されます。

はじめは知らずに6.7回通っていたので、それだけで70ドル近く余計に払わなければいけませんでした。

そういえば!1度駐禁を取られました。交差点近くの停めてはいけないところに停めてしまい230ドルほど払いました。罰金は高いですね!!!

こうして書いてみるとデメリットばかりな気もしますが、買って良かったこともたくさんあります!

まずはなんと行っても新しくできた友達と色々なところに行けることです。

ブルーマウンテンや近くのビーチに行きました!

また夜のハーバーブリッジから見るシドニーの景色も美しいです!

今は通勤でほぼ毎日車を使っています。

僕はバスが苦手なので車があって良かったです!!!

🙍‍♀️<ShoheiさんはGumtree というサイトから中古車を購入されたようです!1800ドルはなかなかの買い物上手ですね🚗車ひとつ取っても本当にたくさんのことに苦戦されやや悲しいお金が出ていってしまったようですが…何事も経験だなと改めて思いました💭これから車の購入を考えている方はとても参考になりますね✨

車を購入されたからこそ作ることができた思い出もたくさんあるかと思います!

素敵な経験をされていて嬉しい限りです!ハーバーブリッジからの夜景…恋しいです😭)

 

 

【仕事について】

僕は今、日本食を扱う倉庫で働いています。

ネットでいろいろと探していると、ブルース・ジャズのジャムセッションをやっているコミュニティを見つけました。

そういえば何ヶ月もギターを弾いていなかった僕は思い切ってそのジャムセッションに参加することにしました!(この時も車が役に立ちました)

そこで出会った女性に「仕事を探している」と話したところ、彼女が今の職場を紹介してくれたのです。

今は時給26ドル(手取りは22ドルですが)で働いており、シドニーで生活するには十分なお金を稼ぐことができています。

また、現在職場内でのクリスマス企画でビートルズを演奏しようという話があり、僕もギターで参加する予定です。(こっちでギターを買ってしまいました)

そして、毎週土曜日の午前中だけ、日本語学校でアシスタントティーチャーとして働いています。以前教師をやっていたこともあり、こちらはとんとん拍子仕事を手に入れることができました。

日本に戻ってまた教師をやるかはわかりませんが、もしやるとしたらここで働いていることは将来大きな財産になると思います。

🙍‍♀️<Shoheiさんが今の職場に出会えたのは何事もチャレンジしたからですねヽ(´▽`)/ギターを通して出会いがあり、仕事の紹介まで繋がっていく…これぞワーキングホリデー!読んでいる私がワクワクしました!

ビートルズの演奏はぜひ動画を録ってシェアして欲しいです!

また、前職を活かして外国で働くといのもShoheiさんの言う通り将来大きな財産になること間違えなしですね✌️

やはり…オーストラリア時給高い…!!!)

 

 

みなさんどうでしたか?

現在渡航中のみなさんは色々な困難な壁を必死で越えていることと思います*

困難な壁に出会えたのも留学にチャレンジしたからですよね🥰

Shoheiさんのように越えた先にある糧をたくさん増やして下さい!!!

 

次回、今住んでいるシェアルームのことや、音楽を通じて出会ったたくさんの人たちのこと、昔新潟にいたときにお世話になった方のつながりでバリナの小学校にボランティアをしに行くことなどについても書いてくれるとのことですので、またご紹介したいと思います*

 

 

【お知らせ】

留学ステーションから渡航されたみなさんで…

「こんな体験しましたよ!」「私・僕も体験談を書いてもいいですよ!」

と言う方はぜひ留学ステーションまでメール下さい

 

 

 

 


カナダに行ってみたい!~どこの都市がいいのかな~??

2019年7月11日

みなさま、こんにちは

 

留学ステーションのMichitakaです!

 

カナダに行ってみたいけど、どこの都市がいいのかな〜??と迷われている方いらっしゃいませんか?🇨🇦

 

本日は、カナダの中でも人気都市バンクーバートロントについて、ご紹介したいと思います!

 

せっかくカナダに行くならどっちも行ってみたい!

と思っても、

バンクーバートロント」移動方法って、

バス:約72時間

飛行機:約4時間

鉄道:4泊5日!?

実はそんなに近くないんですよね…

 

カナダの西側にバンクーバー、 東側にトロントがあり、時差も3時間あります。

同じ国の移動なのに、アメリカにいった方が近い?
だなんて、
それだけカナダは大きな国ということですね! !

 

2つの都市情報のまとめになりますので、よかったら参考にしてみてくださいね!

 

【バンクーバー】

~自然も都会も楽しみたい~

「世界で最も住みやすい街」の一つであるバンクーバー!多くの移民が生活していて、様々な文化を日常から感じることができます。日本をはじめ各国の食材が揃いレストランやカフェも充実しています。夏はドライで涼しく、高緯度ながら冬もそこまで寒くないので、年間を通して過ごしやすいです。近代的な大都市でありながら、すぐ近くには海や山の大自然があるというのがバンクーバーの魅力です!

 

【トロント】

〜カナダ最大の都市で都会生活を満喫したい〜

カナダ最大都市、経済中心のトロント!バンクーバーとともに世界で最も住みやすい街」の一つです。トロントとは、先住民族(ヒューロン族)の言葉で「出会いの場所」という意味で、その名の通り、様々な国の移民者に出会えます。世界的規模の美術館や博物館が点在し、スポーツではメジャーリーグやNBAのチームを持つなど、エンターテイメントが充実しています。中心地には有名なCNタワー、ショッピングセンターが並び、常に人々の活気に満ち溢れています。夏は暖かいですが、冬はマイナスになるほど寒いので防寒が必要です。また、『ナイアガラの滝』までバスや鉄道を利用して約2時間で行くことができるので、日帰り観光が可能です。 

 

みなさんは、バンクーバートロント、どちらに行ってみたいですか??

 

ちなみにわたしはナイアガラの滝に行ってみたいです!!なので、トロントを選びます

ただ、極寒は耐えられないので、暖かい時に…

 

さて、更にもっと詳しいカナダの情報、他の都市について知りたいという方、ご安心ください

札幌留学ステーションでは、カナダ留学のための特別セミナーを開催します!!

 

【カナダ留学セミナー】

日時:2019年07月13日(土)14:00~15:00

 

ご興味のある方は、こちらからお申し込みください!

まだ間に合いますよ!

 

Michitaka :)


イギリスで働きたい方必見!!〜7月のチャンスを逃さないでください〜♪

,

2019年7月4日

 

みなさま、こんにちは

札幌留学ステーションのMihitakaです!

 

今回は、まもなく第2回目の抽選日が迫って参りました
イギリス🇬🇧【ワーキングホリデービザ(YMS)】についてご紹介します!

 

 

イギリスのワーキングホリデー(YMS)の2019年の募集人数は、年間で合計1,000名!!

 

人気国のカナダが6,500名、オーストラリアは募集制限なしと比べると、狭き門!!ですね!

 

1月と7月に行われる2回の抽選に分けられ、2019年1月の抽選ですでに800名が選ばれているとのことですが…

 

まだまだチャンスはありますよー!!

 

申請が許可されると、英国に最長2年間滞在ができ、就労及び就学が可能となります!!
魅力的なビザですよね!!

 

さて、迫る決戦の日は、

 

2019年7月10日(水)12時(正午)から2019年7月12日(金)12時(正午)

 

の3日間です!!

 

抽選結果は、2019年7月19日(金)に発表です

 

18歳以上30歳以下のみなさま、(ビザ申請時に30歳以下であれば、渡航時は31歳でもOK)

この機会に挑戦してみませんか??

 

簡単に申請方法をまとめますと…

 

上記期間内(日本時間)に JapanYMS2019.ballotrequest@fco.gov.uk 宛てにemailを送信!
メールの題名にはパスポートと同じ表記の申請者氏名、生年月日(日/月/年)
およびパスポート番号明記!

また、メール本文には、英語で下記情報を明記!

 

  • Name (名前)
  • Date of birth(生年月日)
  • Passport Number(パスポート番号)
  • Home and mobile phone number(電話番号・携帯電話番号)

 

となりますが、自分で手続きするのが心配、不安…

そんな方は、ぜひ!留学ステーションへお任せください!!

 

<<こちら>>からご連絡お待ちしております!

 

イギリスで働いてみたい方!!この機会を逃さないでくださいね!

 

Michitaka:)

 


【留学FQA】ワーホリ先にどんな違いがあるの?〜ワーホリ人気3カ国徹底比較!〜

2019年6月29日

【留学FQA】どんな違いがあるの?〜ワーホリ人気3カ国(カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)徹底比較!〜

 

 

 

 

こんにちは、Yuです!札幌も暖かい日が増えてきて、いよいよ夏に近づいてきている雰囲気が感じられますね!春に続き、何か新しいことを始めたくなりますよね!私は夏バテ対策として(?)お酢を毎日飲んでいます🥛✨

 

ところで、年間6500人の枠があるカナダワーキングホリデーの残り枠もいよいよ1800人を切って参りました😲そこで今回は、留学ステーションのお客様でも多いワーキングホリデーでの留学人気3ヶ国としてカナダ、オーストラリア、ニュージーランドのワーキングホリデービザを比較してみたいと思います😃

 

 

🇨🇦カナダ🇨🇦

【費用】$335(内、指紋登録費用$85)

【年齢制限】申請時30歳、渡航時31歳

【滞在可能期間】1年間

【人数制限】年間6500人

【就学期間】6ヶ月まで可

【就労の制限】無し

【コメント】2019年より東京での指紋登録が必要になったため、申請費用と東京までの旅費がかかってしまうのは北海道民には出費が痛いところです😣しかし、オーストラリアやNZと違いビザを延長することはできませんが、学生ビザや観光ビザに切り替えて滞在を延長することは可能です!

 

 

🇦🇺オーストラリア🇦🇺

【費用】$455.93(カード手数料含む)+ 英文残高証明書発行手数料

【年齢制限】申請時30歳、渡航時31歳

【滞在可能期間】最長2年間(※1年目に88日以上、2年目に6ヶ月以上ファームで働くことが条件で3年目可能になる予定)

【人数制限】無し

【就学期間】4ヶ月(17週)まで可

【就労の制限】同一雇用主下で6ヶ月まで

【コメント】2019年から$5000以上の残高証明が必須となったため、渡航前にまとまった金額の用意が必要となります。しかし、カナダと違い渡航までの手続きは全て北海道内で完結します!また、一度ビザ申請をして何らかの事情で渡航できなかった場合、再度申請し直すことができるのも強みです。基本的に滞在期間は1年間ですが、一定条件を満たせば現在のところ最長2年間まで滞在を延長できます。また、オーストラリアは最低賃金が高いのも魅力の一つです!

 

 

🇳🇿ニュージーランド🇳🇿

【費用】申請費用無料 + ¥10000程度(※X線検査費用)

【年齢】申請時30歳、渡航時31歳

【滞在可能期間】最長1年3ヶ月(※指定の季節労働等を3ヶ月以上することが条件)

【人数制限】無し

【就学期間】6ヶ月まで可

【就労の制限】無し

【コメント】こちらも渡航まで全ての手続きが北海道内で完結します!延長は最長3ヶ月間ですが、就労の制限がないのがオーストラリアとの大きな違いになると思います!また、四季があることや時差が小さい事、また、都心部も大都会でなくちょうどいい規模なことから初海外の道産子には心地よい渡航先となるかもしれません🌿

 

 

いかがでしたか?「英語圏にワーホリ行きたい!」と思っても国によってルールが違うので迷ってしまいますよね🙄また、選ぶ語学学校によっても伸ばせる力や対策できる資格も違ってきます!

もっと詳しい話が聞きたい!自分に合ったワーホリプランを一緒に考えてほしい!と思われた方はこちらからカウンセリング予約を、とりあえずサクッと情報収集をしたい!と思われた方はこちらから資料請求をしてみてください!

 

きっと新たなワクワクに出会えるはずです🤗❤️

 

それではまたお会いしましょう!

 

See you next time🍀


【レポート】ESC特別セミナーを開催しました🇨🇦

【レポート】ESC特別セミナーを開催しました🇨🇦

 

 

本日、ESCことEnglish School of Canadaよりグレーン様をお招きし、特別セミナーを開催いたしました🤗トロントの街やESCのプログラム、英語勉強法についてなど、ワライありマジメ有りの1時間となりました!ご参加いただいた方の中には、バンクーバーを希望していたけどトロントにかなり気持ちが傾いた、、、という方もいらっしゃいました👀‼︎

こちらの記事では昨日のセミナー内容の一部を特別にご紹介します!

 

 

◆トロントの街について◆

カナダで一番大きな都市がトロントです!都市の規模故、交通の便がよくて都会暮らしが好きな方にはもってこい!また、トロントは世界1の多民族都市としても知られています。そのため、各国のホンモノの料理も楽しみの一つ!滞在期間の長短に関わらずもれなくみなさんお腹にお土産をつけて帰られるんだとか・・・グルメ好きにはたまらないですね🐷💜そんなシティーライフが満喫できるトロントですが、一歩外に出れば自然にも触れられるのです◎例えば、電車で2時間でナイアガラの滝まで行けてしまいます🚆💫

 

◆ESCについて◆

ESCの最大の魅力の一つが、スキルごとのレベル分けです👍それがなぜ勉強をしていくう上で良いのか、実際学んでいる生徒さん方から出てくる声などを踏まえて説明をされました。また、教室の雰囲気や現地でのサポートなどのお話もあり、これから入学が決まっている方にとってはとても安心できる情報満載でした◎

 

◆プチ英会話タイム◆

セミナー後半ではグレーンさんによる授業のデモンストレーションが行われました。英語を英語で学ぶとは実際どんな感じなのか、日本の中高のテストや受験対策の時にした勉強方法とは一味違う勉強方法のアドバイスなどが行われました🎓

 

 

改めて、トロントから来札していただいたグレーンさん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!少しでも皆様にとって有意義な機会となっていれば幸いです🍀

 

 

今回セミナーには参加できなかったけど、カナダの事、海外生活の事、留学の事を知りたい!と思われた方は留学ステーションのスタッフによるカナダセミナーを開催しますので、ぜひご参加ください!詳細と参加フォームはこちらこちらから!

 

 

それでは、たくさんの方のご参加をお待ちしています!

 

See you next time🍀


カナダの都市紹介! その6 〜モントリオール〜

2019年4月12日

こんにちは!

 

 

 

札幌留学ステーションのGenkiです☆

 

 

 

 

最近鼻がムズムズしてきた今日この頃…

花粉症の季節がやってきました🤧

 

 

 

今回はカナダの都市紹介を最後にしていきます🇨🇦

 

 

 

 

最後はこちらの都市です💁🏻‍♀️

 

 

 

モントリオール

 

 

 

カナダの東にある州・ケベック州の最大都市です🙆🏻‍♀️

 

実はこのモントリオール、カナダでは2番目に大きい都市なんです😧

 

 

 

このモントリオールの最大の特徴は、

英語とフランス語が混じった環境!

 

 

 

信号の表記などの公共の看板がフランス語であったりと、

カナダにいながらもフランス語圏の中心地なんです🙄

 

 

 

英語圏の空間にいながら不思議な都市ですね🤔

 

街は旧市街の二つのエリアから成り、

北米とヨーロッパの両方の雰囲気を感じられます!

 

 

英語とフランス語の両言語から成り立つ街であることから『北米のパリ』とも呼ばれています🇫🇷

 

 

 

日本人比率はかなり少なめ!

まずアジア人自体があまりいない都市であるため、完全な英語環境に浸りたい留学生はおすすめです😎

 

 

 

モントリオールはノートルダム大聖堂が街中にあったりと、

歴史的な建造物が街中に建っているため、

ヨーロッパ調の雰囲気が好きな方にはたまらないのではないでしょうか😍

 

 

 

 

またモントリオールはフランス語と英語が入り混じる都市であるため、

この両言語を学べるコースが特徴です😇

 

 

 

ILSC

 

 

豊富なコース数が特徴!

大学進学コースも手がける語学学校です💁🏻‍♀️

 

 

一般英語コースはもちろん、

フランス語コースも持っているため

ILSCで両言語を勉強することができます🇨🇦🇫🇷

 

 

 

 

EC

 

このECはマルタが発祥🇲🇹

 

ほとんどの英語圏にキャンパスを構えている大規模な語学学校です🌏

 

 

 

キャンパスによって30+という大人向けのコースも持っているため、

幅広い年齢層で多国籍の留学生が集まります👬

 

 

 

こちらの語学学校では

英語とフランス語が同時に学べるバイリンガルコースが特徴です😇

 

 

 

 

日本人のいない英語環境を求める留学生、

ぜひモントリオールはいかがでしょうか😎


語学学校で学べるコースをご紹介! 〜バリスタコース〜

こんにちは!

 

 

札幌留学ステーションのGenkiです☆

 

 

 

最近、Amazon PrimeでTedが配信されたので観ていたら

Tedのかわいさに目覚めてしまった今日この頃です🤔

 

 

 

ということはさておき、

今回は語学学校で勉強ができるコースについてお話しします🙆🏻‍♀️

 

 

 

 

留学中に働きたいみなさん!

カフェで働いてみたいという方はいらっしゃいませんか?😎

 

 

 

そんな夢をサポートするために、

語学学校ではバリスタを育成するコースがあります!!

 

その名もバリスタコース

 

 

 

 

 

そのままですね。笑

 

 

 

 

このバリスタコースはオーストラリアの語学学校で実施されています🙆🏻‍♀️

 

 

オーストラリアはカフェ文化が根強いカフェの国🇦🇺

 

 

 

あのスターバックスがオーストラリアのカフェ市場から撤退を決めるほど

個人経営のカフェが多く立ち並んでいます😮

 

 

 

 

留学生やワーキングホリデー生は、このバリスタの資格を持っていることで

カフェで働くための武器にします💪🏻

 

 

 

それを英語を学びながら教えてくれるのがバリスタコースなのです!

 

 

 

バリスタコースは基本的に4〜5週間ほどの完結コースがほとんどになります☕️

 

クラスの平均人数は10名以下の少人数!

生徒一人一人にしっかりとバリスタの基礎を教えていきます👩🏻‍🏫

 

 

 

 

その内容とは….??

 

 

 

まずは、授業でカフェ文化の歴史についてやオーダーの取り方など、基礎的な分野について学んでいきます🤔

 

 

 

そして実践!

学校に実際にあるエスプレッソマシーンなどでコーヒーの入れ方などを磨きます🖌

 

 

 

ここからラテアートの描き方や面接についてなど、

職場で使えるスキルや仕事探しについてなど、本格的な内容に入っていきます💪🏻

 

 

そして実際に学校の休憩時間中に学校のコーヒーのカウンターで生徒や先生からのコーヒーの注文を受け

接客やコーヒーのサービングを担当したり、

語学学校によっては実際にローカルのカフェでの無給のインターンシッププログラムがついている学校もあります😧

 

 

 

働く前に実際のカフェ環境を体験できるのは留学生にとってはありがたいですね🤗

 

 

 

そしていよいよバリスタコース修了!

語学学校からの修了証をもらえるので、仕事探しの際にしっかりとバリスタ資格を持ったことをアピールできます😎

 

 

 

そんなバリスタコースを学ぶことのできるオーストラリアの語学学校は…

 

 

 

Impact

 

 

メルボルン・ブリスベンにある語学学校です🇦🇺

日本人スタッフによる生徒一人一人の充実したサポートで、しっかりとした目標を元に英語のステップアップができます👭

 

 

Impactのバリスタコースでは校内カフェ・ローカルカフェへの実習プログラムも持っています😎

 

 

Browns

 

 

ブリスベンとゴールドコーストに2キャンパスを持つ語学学校!

 

各生徒に与える「Brownsパスポート」で先生からのテスト結果のフィードバックをもらえるのが特徴です👯‍♀️

 

 

学校内で実際に生徒から注文を取り、本番さながらの職場体験ができます🙆🏻‍♀️

 

 

INUS

 

 

メルボルンにキャンパスを構えるアットホームな語学学校です🇦🇺

 

 

こちらの語学学校もローカルカフェへのインターンシップがついたバリスタコースが人気で、

INUSでも人気のコースとなっています👼🏼

 

 

 

 

カフェで働きたいワーキングホリデー生の方は

ぜひ参考にしてみてくださいね😎

 

 

 


これからの留学生必見!ローカル都市へ留学する2つのメリットとは??

こんにちは!

 

 

 

札幌留学ステーションのGenkiです☆

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ4月が始まりましたね!

 

新学期や新社会人の方は

ドキドキしながら過ごしているのではないでしょうか😎

 

 

 

 

今回は、

今後の留学生は知っておきたい都市比較についてお話しします🙆🏻‍♀️

 

 

 

留学をするときにまず大事なのが、渡航先!

 

 

 

 

 

前回は大きな都市へ留学するメリットについてお話しました👀

 

 

 

今回はその逆!

ローカル都市に行くメリットについてお話します🙆🏻‍♀️

 

 

 

都会に行きたい!

という方はこちらのブログからご覧ください💁🏻‍♀️

 

 

ポイントは大きく分けて2つ!

 

 

 

 

 

1.日本人の少ない英語環境

 

 

留学に行きたい人たちのお話を聞いていると、

こんな希望の人が多いです🤔

 

 

 

「日本人の少ないところに行きたい!」

 

 

 

そんな希望をする留学生にはローカル都市がオススメです💁🏻‍♀️

 

 

 

大都市に比べるとやはり日本人は少なくなります!

 

そのためネイティブの方が多いことから

英語環境に浸ることができます🤤

 

 

 

 

現地の人とコミュニティを広げたい人もいれば、

あえて日本人が少ないところに行って英語しか話せない環境で語学力を上げたいという留学生もたくさんいます👯‍♀️

 

 

 

 

2. アットホームな雰囲気でスローな留学生活

 

 

 

ローカル都市はもちろん規模は小さくなります🤔

 

そのためアットホームな雰囲気が流れるところもたくさんあります😎

 

 

都市自体も動きやすく、

通学や移動が大変!

なんてことも慣れてしまえば特にありません🙅🏻‍♀️

 

 

 

都会に慣れていない方や

混み込みとした雰囲気が好きではない方はオススメです🤗

 

 

 

語学学校も生徒数は少なく、

ワーキングホリデーや長期留学などで語学学校通う方は

自分のコミュニティの広げやすさも魅力の1つですね😎

 

 

 

留学を決めるために欠かせない留学先!

 

ローカル都市への留学もぜひ考えてみてくださいね😇

 

 


都市紹介〜🇦🇺Perth②🇦🇺〜

2019年4月3日

 

こんばんは!

 

 

札幌留学ステーションのSakiです🌿

 

 

一昨日は新元号が発表されましたね!!!

私も家族や友達と予想してましたが…見事に外れました(^_^;)

どのような未来になるのかワクワクしますね✨

 

 

今回は前回に引き続き西オーストラリアの都市Perthをご紹介します😄

 

最近留学ステーションからもPerthへ渡航されるお客様も増えています!

現地の語学学校に通われている生徒さんからお話を聞きましたが、

仕事が見つかりにくそうなイメージを私自身持っていたのですが

そのようなことはなく、お仕事は割と決まるようです👨‍🍳

そしてお客様が地元の方がほとんどのため、英語はかなり鍛えらるようですよ💪

とは言うものの…お仕事探しは行動あるのみ!

ぜひ勇気を振り絞って頑張ってみてくださいねヽ(´▽`)/

 

ではまた写真を使ってご紹介しますね📷

 

【キングスパーク】

キングスパークは中心地にある大きな公園です!

道なりに沿って歩いていくとこの絶景が見られます👀

途中にカフェやレストランもあり、芝生も一面に広がっているので

ゆっくり時間を過ごしたい時にもってこいの場所です😉

 

 

【ロンドンコート】

1930年代に建てられた建物でヨーロッパを感じることができます!

見ているだけでうっとりしてしまいますね🇬🇧

カフェが入っているようですが閉まるのが早いので早めに行くことをオススメします💡

 

 

【スカボロービーチ】

Lexis Perth校から歩いて5分にある海です!

波がほぼ無く穏やかで地元の方々で賑わってました🌊

ダウンタウンからは40分程度で行くことができます🚌

 

 

次回はの都市紹介はオークランドに🇳🇿についてご紹介しますね☆


留学生活で気をつけるべき3つのこと! 〜その1〜

2019年3月31日

こんにちは!

 

 

 

札幌留学ステーションのGenkiです☆

 

 

 

 

明日からいよいよ新年度🗓

進学や就職、そして外を飛び出して新しい地で新たにスタート!など、

 

 

新生活にドキドキしている方もたくさんいるのではないでしょうか🙄

 

 

 

 

 

今回は留学生活で気をつけるべきことをお話します💁🏻‍♀️

 

 

 

 

留学先では日本と違うことがたくさんあります!

 

文化や性格、マナーなどなど…

 

 

 

その中でも少し苦労したのが、交通機関!

 

 

 

地下鉄やバスなど、慣れない土地でどの線に乗るとどこへ行くのか…

 

そしてGoogle Mapが全く役に立たないなど..

 

 

環境慣れするまではかなり苦労します😵

 

 

 

 

 

その中でも、日本と違って一番苦労したのが、

 

 

 

音声ガイドが日本よりも地味

 

という事です🤦🏻‍♀️

 

 

 

 

 

 

Next Stop is … (次は…)

 

というように案内はしてくれるのですが、

そのボリュームがものすごい小さい!

そして、電光案内板が小さくて読めない!

 

 

 

 

そこに慣れない英語+ここがどこか分からないのダブルパンチが飛んできます🤦🏻‍♀️

 

 

 

地図を読むのがあまり得意ではない方は相当つらいですね🤢

 

 

 

 

日本の交通機関の案内がどれだけしっかりと案内してくれるのかというのが

手に取るようにわかります😵

 

 

 

 

留学先ではいろいろなことが日本と変わります🤔

 

 

 

まだまだたくさんあるので随時紹介していきますね🤗

 

 


短期留学者必見👀 観光ビザの比較まとめ🌏

2019年3月29日

こんばんは!

 

 

 

札幌留学ステーションのGenkiです☆

 

 

 

新元号発表まで3日ですね!

一体何になるのでしょうか🙄

 

 

全く想像がつきません…🤦🏻‍♀️

 

 

 

 

今回は短期留学生必見!

 

英語圏の国についてです💁🏻‍♀️

 

 

 

 

英語圏で留学生から人気な国としては、

・カナダ

・アメリカ

・オーストラリア

・ニュージーランド

・イギリス

 

が人気の国になるのではないでしょうか🤔

 

 

 

今回は、どの国にどのくらい行けるのか

をビザ別にまとめてみました💁🏻‍♀️

 

 

 

まずはアメリカ

 

留学といえば!で思いつく方も多いのではないでしょうか🤔

 

 

ただこのアメリカ、

入国するためには電子渡航許可証(ESTA)の取得が必要となります!

 

 

このESTAで勉強できる期間は3ヶ月です🙆🏻‍♀️

 

ただこのビザのデメリットは学校が週に18時間しか勉強できません…😵

 

 

1日にだいたい3.6時間くらいですね⏰

 

 

「しっかり勉強したい!」

 

と考えている留学生にとっては少し物足りないかもしれないですね😵

 

申請代は14~15ドル(1,500円)ほどになります💰

 

 

 

続いてカナダ

 

 

 

カナダに入るためには電子渡航許可証(eTA)の取得が必要となります🇨🇦

 

 

 

このeTAでカナダにいることのできる期間は6ヶ月!

 

 

なんとアメリカの倍なんです😧

 

なかなか長いですね🤔

 

 

さらにカナダ、

語学学校で勉強できる時間は無制限

 

 

そしてこのeTAの取得にかかるお金はわずか7ドル!

約650円〜700円です😧

 

 

これは良心的すぎるビザですね👼🏻

 

 

 

次はオーストラリア

 

 

このオーストラリアも電子渡航許可証が必要です☝🏻

 

その名前はETAS!

 

ESTAとETAS、似すぎてどっちがどっちか分からなくなりますね🤦🏻‍♀️

 

このETASでオーストラリアにいられる期間は3ヶ月です☆

 

これはアメリカと同じですね😎

 

 

 

ただアメリカと違うのは、

語学勉強の勉強していい時間がオーストラリアも無制限

 

これはカナダと一緒なんですね🤔

 

 

 

なので、オーストラリアのETASはカナダとアメリカのビザを足して2で割ったような感じですね 🧐

 

 

申請費用は20ドル(1,800円)ほど!

 

短期でオーストラリアに留学したい人にはおすすめのビザです🤗

 

 

 

続いてニュージーランド

 

 

 

オーストラリアのお隣にあるニュージーランド!

豊富な自然が特徴です😎

 

 

ニュージーランドはカナダ・アメリカ・オーストラリアのような電気渡航許可証はいりません🙅🏻‍♀️

 

 

パスポートだけで3ヶ月もいることができます👼🏻

 

さらに学校で勉強できる時間の制限もありません🙅🏻‍♀️🙅🏻‍♀️

 

申請費用が事前のビザの準備がいらないのがいいですね🤗

 

 

最後にイギリス

 

有名な観光スポットやおしゃれな街並みが人気なイギリス👯‍♀️

 

 

このイギリス、短期留学生はビザの申請はとくにありません🙅🏻‍♀️

 

 

その代わりに、語学学校に通う生徒は

入国時にビザレター を見せる必要があります🤔

 

 

このビザレターを見せないと一気に怪しまれるので気をつけてくださいね🙄

 

 

イギリスも語学学校で勉強する時間に制限はありません🙅🏻‍♀️

 

 

 

 

このように同じ英語圏の国でも

滞在期間・費用・勉強時間数にそれぞれ違いがあるんですね🤔

 

 

 

短期留学を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね💁🏻‍♀️

 

 


都市紹介〜🇦🇺Perth①🇦🇺〜

2019年3月28日

 

こんばんは!

 

 

札幌留学ステーションのSakiです🌿

 

 

札幌はまだまだ寒さが続いてますね(><)

ぽかぽか陽気が早く来ることを願うばかりですね☀︎

 

 

今回は西オーストラリアの都市Perthをご紹介します😄

 

パースを訪れてみての感想は、とっても静かで日本人が少ない!

とは言うもののダウンタウンはデパートやレストランがあり活気があります♪

写真でみた方がわかりやすいと思うので写真でご紹介します📷

 

 

【ダウンタウン】

ユニクロやH&M、ZARAなどもありました!

日曜日にマーケットが開催されていましたが、規模は小さめでした

街を歩いていてもほとんど英語が聞こえてきました👂

カフェはあまり無く、パブが多かったです🍷✨

お仕事はシドニーやメルボルンに比べて見つかりにくそうですが、英語を頑張る良いチャンスになりそうですね!

 

 

【街のアート】

細い小道に入ると突然現れた可愛い道!

いたるところにおしゃれなウォールアートがありました

ウォールアートはメルボルンが有名ですがオーストラリアは

至る所に色々なアートが楽しめますね

 

 

【コテスロービーチ】

パースで1番人気のサンセットスポットです!

1番と言う言葉に弱い私…本当に1番でした

バスで行くと1時間以上かかるのですが、車で約20分程度なので

ウーバーでお友達と行くことをオススメします☆

 

 

続きはまた次回ご紹介させていただきます!!!


1 / 2412345...1020...最後 »