留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

コロナウイルス(COVID-19)最新情報

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

最近はテレビのニュースを観ていてもコロナに関する報道が増えてきていますね、、、

Go to トラベルやGo to イートの見直しが今後行われるようですが、やはり経済を回しながらコロナの拡大を抑えることは安易ではないな〜と改めて感じます!

現在は日本のみではなく、世界的にもコロナの拡大が広がっています。

各国の現在の状況に関しては、先日ブログでご紹介させて頂きましたので、こちらをご覧下さいね!

 

また先日(11月20日)にカナダ最大の都市トロントのあるオンタリオ州政府は、コロナウイルス感染拡大に伴いトロントとトロント近郊の街(Peel)にて都市封鎖(ロックダウン)を行うことを発表致しました。

 

そこで本日は現段階でロックダウンが行われる予定、行われている国とその期間についてまとめさせて頂きました!

現在渡航を計画されている方、今後渡航を検討しようと思っている方の少しでも参考になれば幸いです^ ^

 

 

 

 

・カナダ(トロント、ピール)

 

11月23日からロックダウンを実施。

期間は最低でも28日間行うことが発表されています。

また上記によりロックダウン地域の私立の語学学校は、学校内での授業を一時的に停止する必要があり、
対面授業の再開が許可されるまでオンラインレッスンへ移行されます。

 

・イングランド(イギリス、スコットランド、北アイルランド等)

 

11月5日〜12月2日までの4週間、2度目のロックダウンを行っております。

現在のところ12月3日からは緩和される予定であり、地域ごとに警戒レベルを設定し行動規制を実施する予定とのことです。

 

 

・アイルランド

 

10月21日から6週間ロックダウンを行っております。

ロックダウン措置を行ったこともあり、現在の新規感染者数は減少傾向にあります!

 

 

・フランス

 

10月30日〜最低でも12月1日までロックダウンを行っております。

12月1日以降は状況をみて解除される予定だと発表されています。

 

 

その他にもチェコが現在ロックダウン中であり、アメリカもニューヨークを始めとする大都市で感染者が増加しており、昨日は1日あたりの感染者が19万人を超えてしまったようです。

 

 

現在の状況は大変流動的なので、また状況が変わりましたらアップデートさせて頂きますので、ブログを是非こまめにチェックして下さいね!

 

 

 


コロナウイルス(COVID-19)最新情報:各国

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

寒さも厳しくなってきて、コロナも感染者がどんどん増えてきてしまっていますね、、、

北海道も感染者が増えてしまい、札幌は警戒ステージも4に引き上げられてしましました

日本でも東京・大阪・北海道などなど感染者が増加しつつありますが、海外はどうでしょう???

 

今回は皆さんが気になっている、各国の現在の状況についてまとめていきたいと思います!!

 

 

 

 

・カナダ🇨🇦

 

10月20日に入国制限が緩和され、政府に認可された学校に通う方で学生ビザを持っている方は入国が出来るようになりました(^O^)!

移民局も再開しているので、学生ビザをお持ちでない方も新規申請が出来るようになっております!

但し、ビザが発給されるまでのお時間に関してはやはり通常時以上にはかかるようです。

 

またワーキングホリデーは、3月12日に2020年ワーキングホリデービザの登録・申請は受付終了となりましたが、未だ2021年のワーキングホリデー についての情報は発表されておりません!

 

・オーストラリア🇦🇺

 

未だ入国制限が続いており、入国制限の解除や緩和については発表がありません、、

しかしながら、現在のオーストラリアの新規感染者は全土でも30名程(11月15日時点)と非常に少なくなってきています!

また10月16日よりニュージーランドからの旅行者を、14日間の隔離期間不要で受け入れが可能となりました。

 

このままの状態が続けば、入国制限の緩和や解除もそう遠くはないのではないかと思います^ ^

早く今の状況が変化してくれることを願います!

 

またビザについても、新規学生ビザ・ワーキングホリデービザの受け付けは行っておりますが、発給までにはお時間を要するようです。

 

 

・ニュージーランド🇳🇿

 

ニュージーランドでは政府が2021年2月までは留学生やワーキングホリデーを受け入れないことを発表しております。

またビザに関しても先月末の政府からの発表によると、2021年2月まではビザ申請の審査を見送るとのことです、、

 

ただ良いニュースもありますよ^ ^

ニュージーランドの新規感染者数は、オーストラリア以上に落ち着いており、11月に入ってからも連日1桁を維持しています!

やはりコロナ対策が厳格なニュージーランドでは、新規の感染者も抑えられていますね!

もちろん状況によって変動する可能性もありますが、今発表されている2月が延長される可能性はこのままの状態が続けば低いかも、、、?

 

 

・アメリカ🇺🇸

 

アメリカでは学生ビザ・ESTAでの入国が可能となっております。

但し、入国後14日間の自主隔離は必ず必要となりますので、ご注意くださいね!

またハワイでは先日ハワイ州の指定する病院が発表されたので、渡航72時間以前にその病院でPCR検査を行い陰性証明を持って渡航すると自主隔離期間不要で入国が可能となりました。

また学生ビザを含むビザ申請も現在は再開しておりますので、新規ビザの申請も可能です!

 

アメリカは渡航は出来る状況にはありますが、つい先日も1日あたり18万人を超える感染者が出てしまったようなので、リスクの部分もしっかり念頭に入れておく必要はありますね!

 

 

・イギリス🇬🇧

 

イギリスは自主隔離なく入国が出来る国の1つです!

ビザについても、申請は可能です!

ただ現在イギリスでは感染者拡大に伴い、11月5日から12月2日までロックダウンの措置が取られました。

ロックダウンといっても前回のロックダウンとは異なり、学校は開講しているので学生が学校に通うことは出来ること、

また食糧や日用品、定期的な運動の為の外出は許されており、それ以外の時は家にいるよう求められています。

 

イギリスも1日あたり2万人を超える感染者が出ているので、このロックダウン措置の後は落ち着いてくれることを願うばかりです!!

 

・マルタ🇲🇹

 

マルタもイギリス同様自主隔離期間なく、入国が可能です!

ヨーロッパの感染者が拡大してしまっている影響で、10月26日に規制強化(バーやナイトクラブの営業停止や10以上の集団行動の禁止等)が発表されましたが、入国に関しての規制に変化はありません。

 

 

・アイルランド🇮🇪

 

アイルランドでは自主隔離は必須となりますが、入国が可能です!

しかしながらアイルランドは、10月21日から6週間再びロックダウン措置が取られています。

またビザについても、学生ビザは申請はすることが可能ですが、発給業務は止まっており、ワーキングホリデービザは現在も未だ業務が停止していることが発表されています。

 

ビザの申請・発給が再開されれば渡航が可能となりそうですね!

 

 

本日は各国の現在の状況についてお伝えさせて頂きました!

日本も同様ですが、コロナ渦の状況は日々変動がありますので、最新状況については是非お気軽にお問い合わせ下さいませ!

 

 

一刻も早くこの状況が良くなり、皆様がご留学・ワーキングホリデーに行ける日が来ることを願います!!!

また各国状況が変わり次第すぐにブログにてご案内させて頂きますね!

 

現在カナダ・アメリカ・イギリス・マルタ・アイルランドへの渡航は可能(国によっては条件付き)ですので、ご興味ある方は是非お気軽にお問い合わせ下さい٩( ‘ω’ )و

精一杯サポートさせて頂きますよ〜

 

 

 


コロナの影響でワーホリを諦めてしまった方へ

2020年11月10日

こんばんは、留学ステーションのYukaです٩( ‘ω’ )و

3月くらいから続くコロナ禍ですが、まだまだ海外渡航の規制が続いています。
弊社のお客様のみならず、不本意にも海外留学を断念された方も多い事と思います。

中にはワーキングホリデーで渡航する予定だったけどビザの期限を迎えてしまい止むを得ず断念せざるを得なかった方、31歳になってしまい他の国のビザ申請も出来なくなってしまった方など、、

悔しい思いをされている方もいらっしゃるかと思います😭

特にワーキングホリデーは年齢制限があるビザなので、割と多くの方が断念せざるを得なかったのではないかと思います。

今日はそんな方にお勧めの留学方法をまとめたいと思います・:*+.\(( °ω° ))/.:+

ワーホリビザじゃなくても働ける!?

 

◎◎学生ビザでも働ける国4選◎◎


【オーストラリア】

学生ビザを保有している日本人留学生は40時間/2週間の就労が許可されています。
現在オーストラリアの最低時給:$19.84

【ニュージーランド】

NZQAカテゴリー1の学校で14週間以上就学する為の学生ビザを保有している日本人留学生は20時間/週の就労が許可されています。
現在のニュージーランドの最低時給:$18.90

【アイルランド】

ILEPに認可された学校で週15時間以上(8:00〜18:00内のtimetable)/25週間以上就学するための学生ビザを保有している日本人留学生は20時間/週の就労が許可されています。(6〜9月、12月15〜1月15日の間は40時間/週の就労が可能です。)
現在のアイルランドの最低時給:€10.10

【カナダ】

26週間以上カレッジや大学に通うための学生ビザを保有している日本人留学生は20時間/週の就労が許可されています。(※語学留学の場合は就労不可になります。)
また、カナダにはCo-opプログラムというものがあり、カレッジでの座学+有給(無給)インターンで長期滞在も可能になっています!
現在のカナダの最低時給:オンタリオ州$14.25
ブリティッシュコロンビア州$14.60


11/10現在、アイルランドとカナダのみが条件付きで入国可能となっています。
(※アイルランドは10/21から6週間、再びロックダウンとなりました。)

オセアニアはまだ入国制限解除がいつ頃になるのかわかっていません。

つい先日、カナダの入国規制緩和が発表されたので、これからカナダへ留学希望の方がいらっしゃいましたら弊社でお手伝いをさせていただきます^^

 

実はワーキングホリデー制度を使わなくても働きながら勉強できる国もあります♪
お金の心配も減りますし、何より学校でインプットした事をお金を稼ぎながらアウトプットできる場所があるなんて素敵すぎます😊

ワーホリを諦めなければならなくなったover31の方は是非学生ビザで留学する事も視野に入れてみてくださいね✳︎✳︎


【ワーホリ生必見】留学中の生活費はどのくらい?〜とある22歳大学生の1ヶ月の生活費まとめてみた〜

こんにちは!

留学ステーションのGenkiです🥦

 

日が落ちる時間もあっという間に遅くなりましたね🌞

チャリンコでの通勤がいよいよ厳しくなってきた季節になってまいりました…

 

外は寒いものの、漕いでいると汗がでるあたりは

まだいけると言い聞かせております。

 

 

というわけで今回は、

留学生が気になる「生活費」についてお話ししますね💰

 

留学で気になることの中で皆さん気になる、

「お金」💵

 

留学エージェントから、「そこまでかかりませんよ!」

と聞いてもイメージってあまりつかないですよね…🤦🏻‍♀️

 

そこで!

実際に留学していた、とある男子大学生(僕)の

1ヶ月の生活費をまとめてみました🔥

 

まずは、どういう留学をしていた留学生(僕)なのかからご紹介します👩🏻‍💻

男子大学生(22歳)

 

行き先 : カナダ・バンクーバー🇨🇦

留学タイプ : ワーキングホリデー

滞在期間 : 1年間

仕事: レストランでホールスタッフ&無印良品のショップ店員

 

ちなみに皆さん、

大学生がワーホリでどのくらい稼げるのかは知っていますか??

 

前回のブログでご紹介しておりますので、

こちらをもとに、まずは収入を頭に入れましょう💁🏻‍♀️

↓ ↓ ↓

 

ワーホリ生必見】え!?大学生で○○万円稼げるの?!

 

 

 

 

それでは生活費をご紹介します💸

これは1ヶ月にかかったおよその費用です💁🏻‍♀️   (1CAD=85円で計算)

 

 

 

<固定費>

家賃 : 550ドル (47,000円)  ※光熱費、wi-fi代込

そのエリアごとに平均の家賃はありますが、

スーパーが徒歩7分ほどに2つ、中心部にはバス1本で行けるというなかなか安い好物件!

10畳ほどのプライベートルーム、キッチン&バスルームシェア。

最低限の設備はお家でした🏡

 

携帯料金 : 39ドル (3,350円)

通話&ショートメール無制限の格安SIMです📱

ただWi-fiが無いとネットをひらけないのが難点…🤦🏻‍♀️

 

定期 : 98ドル (8,500円)

「ゾーン制」という運賃制度を取っているバンクーバー。

一番安い区間の定期券で済んだのでお得でしたよ🚃

 

 

<変動費>

食費 : 180ドル (15,500円)

「安っ!!」なんて思った人もいらっしゃるのではないでしょうか??

ある理由があります💡

それは…

スタッフミール(まかない)🍽

レストランで働くと、海外でもほとんどの飲食店は用意してくれます🍚

日本食レストランであれば日本食が食べられます!

 

僕が働いていたお店は食費が無料!

 

カツ、蒲焼き、ちらし寿司、刺身、余ったお寿司などなど。

日本食があればどこで行っても落ち着きますよ🤤

働けば働くほど食費がかからなくてとっても生活費の味方になりました☆

 

その他の雑費 : 最大100ドル (8,500円)

シャンプー、トイレットペーパー、コロコロの替え芯などの身の回り品です🚽

ワックスなどは日本から買いだめして持っていったので、現地でかかる最低限の費用。

女性の方は、ここの費用は美容費などでもっとかかっちゃいますよね…😵

 

計 : 967ドル (82,200円)

 

これにプラス交際費や娯楽費がかかります、ここは人によりますよね🤔

人それぞれによりますが、ただ1つ言えること。

 

 

自炊をちゃんとして普通に過ごしていれば、

10万円はかかりません。

 

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは1ドルの値段が特に低いので、

留学先で人気のこの国で過ごす方々はこのくらいで過ごすことができちゃいますね😎

 

 


コロナウイルス(COVID-19)最新情報:カナダ

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

先日10月20日からカナダでは入国制限の緩和が発表されたと、ブログでもご紹介させて頂きました!

まだそちらのブログをご覧頂いていない方はこちらよりご覧くださいね^^

 

政府から認可された学校に通う学生ビザをお持ちの方は、カナダへの入国が出来るようになりましたが、本日は現在までに政府から認可を受けている語学学校のご紹介をさせて頂きます(^O^)

 

 

ブリティッシュ・コロンビア州


 

ILSC Vancouver

VGC International College

Camber College

Greystone College of Business and Technology

LaSalle College Vancouver

Eurocentres Canada

Tamwood Careers

Tamwood Language Centres

VGC International College

EF International Language Campus

 

 

オンタリオ州


 

Tamwood International College

 

 

現在BC州では10校、ON州トロントでは1校が政府に認可を受けた学校として発表されています!

現在上記の学校に就学予定の方、就学希望の方は学生ビザの取得が出来れば、カナダへの渡航は可能です٩( ‘ω’ )و

 

 

ただ上記以外の学校も認可は受けており、随時追加・発表がされます。

こちらの発表は2週間毎に行われて、次回の発表は11月3日です

 

 

カナダでは認可された学校に通う学生様の為に、学生ビザの受け付けも始まっております!!!

カナダへの留学をご希望の方は、是非弊社へお気軽にお問い合わせくださいませ

カウンセリングは、対面・オンライン・お電話からお選び頂けるので、コロナが心配な方もカウンセリング予約を承ります!!

 

 

皆様からのお問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(⌒▽⌒)!

 

 


【セミナー・イベント情報】11月セミナーのご案内✈︎.

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

もう早いことで10月も後半ですね、、、

私は昨日お休みだったので、友人と定山渓や豊平峡に行って紅葉を観てきました🍁

ちょうど見頃でとっても綺麗でしたよ〜

 

 

 

綺麗な紅葉が観られる時期は限られますので、皆さんも是非お近くに行った時は観てきて下さいね(^O^)

 

そんな本日は、11月のセミナーのご案内です!!!

 

 

11月は3回のセミナーを開催予定です🌟

開催日程やセミナー内容は下記からご確認下さいませ♪

 

 

11月14日(土)15:00〜16:00 「本当に初めての留学セミナーin札幌」

 

弊社のセミナーの中で人気No. 1のセミナーです(^O^)

毎月開催していますが、参加者が多く、皆様の満足度も🙆‍♀️

 

留学に興味はあるけど何から始めていいのかわからない、準備は何から始めたら良いのかや費用等留学に興味がある方の為のスタートアップセミナーとなっております!!

留学やワーキングホリデーに興味を持っている方は、まずはこちらのセミナーへのご参加をお勧め致します🌟

皆さんの疑問が当セミナー参加後にはきっと解決されているはずです

 

 

11月21日(土)15:00〜16:00「ワーキングホリデー特別セミナーin札幌」

 

こちらは皆さんから大人気のワーキングホリデーに特化したセミナーです( ^ω^ )♪

ワーキングホリデー希望者から人気のある、カナダ・オーストラリアを始め様々な国について概要をご説明させて頂きます!!

就学期間や就労の条件が国によって異なりますので、国ごとに分けて特徴などご案内しております!!

ワーキングホリデーは語学留学に並ぶ大人気なプランです!

 

勉強をすることもでき、現地で就業経験が積めるのは非常に大きな魅力ですよね〜

また現地で働き収入を得ることが出来ることから、初期費用も抑えられるのも大きな特徴です🌟

 

 

 

11月29日(日)11:00〜12:00 「本当に初めての留学セミナーin札幌」

 

本当に初めての留学セミナーは非常に人気なセミナーの為、今月も2回開催致します(^O^)♪

11月14日はご都合の悪い方、土曜日は仕事があって参加出来ない方でも大丈夫!!!

是非29日のこちらのセミナーにご参加下さい

 

 

弊社のセミナーは何度お越し頂いても

 

参加費は無料!!!

 

また皆さん一人一人疑問に思うことや興味があること、希望の国や都市も異なりますので、毎回セミナー終了後には個別カウンセリングも承っております!

 

個別カウンセリングも予約制となっておりますので、ご希望の方は事前にご予約をお願い致します(⌒▽⌒)

 

弊社のセミナーに参加した後は、きっと留学やワーホリに行きたくて行きたくてしょうがない!!

そんな気持ちになって頂けると思います(^O^)♪

 

セミナーのご予約は下記⬇︎からお願い致します!

https://www.ryugaku-station.com/seminar/?date=202011

 

皆様からのご予約・ご参加を心よりお待ちしております

 

 

 


【ワーホリ生必見】え!?大学生で○○万円稼げるの?!

こんにちは!

留学ステーションのGenkiです🥦

 

夜はまさかの1ケタ、だんだん寒くなってきましたね…🤧

今日は窓を開けて、チャリ通勤をやめました。

寒すぎる。雨が降るかもしれない。ということで中止しました🤦🏻‍♀️

 

降水確率40%ってずるいですよね、微妙に降りそうな雰囲気を見せるけどだいたい降らない。

からいけるだろと思って行ったら雨が降る。

という愚痴でした。どうでもいいですね。笑

 

 

というわけで今回は、ワーキングホリデー生は必見!

みんなが気になるのが、収入

 

1ヶ月でどのくらい稼げるの??

ってみなさん気になりますよね🤔

 

 

 

そんな方々に、とあるワーホリ生(僕)が稼いでいた収入をご紹介します💰

 

 

僕はカナダのバンクーバーにワーキングホリデーで留学していました。

アルバイトはダブルワーク。2つ掛け持ちです。

 

1つはレストランでサーバー(ホール)のアルバイト。

もう1つは無印良品(MUJI)で服のお兄さんをやっていました💪🏻

 

そんなワーホリ生の収入は…?

(1カナダドル=87円の場合)

 

レストランの時給 : $11

これが1日6時間の週3勤務で、合計12日間勤務したとき。

 

$11 ✖︎ 6h =$66

$66 ✖︎ 3days/1 week =$198/week

 

これが週給。

 

カナダやオーストラリアなどのワーキングホリデーは2週間に1回が給料日になります🔥

ということで、

 

$198 ✖︎ 2 = $396/2 weeks

$396 ✖︎ 2 =$792/month

 

月給だと792ドル。日本円だと69,000円ほど。

 

飲食店のメリットはもう1つ。チップが入ります。

これはカナダやアメリカの北米圏、イギリスなどで働くとチップが給料としてくれる職場が多いです。

オーストラリアは無いんです。

 

僕の職場は、毎回出勤するたびにだいたい1日に最低でも20ドルは入ってきました。

ということは、$20 ✖︎ 12=$240 (20,000円)

 

レストランで稼いでいた月給は$792 ➕  $240=$1,032 (89,700円)

 

 

学生ならまあまあな金額ですね。

そしてもう1つの職場の無印良品。

 

無印良品の時給 : $12.00

 

フルタイム(8時間)で週4勤務だったので。。。

$12 ✖︎ 8hours =$96 (日給)

$96 ✖︎ 4days=$384/week (週給)

$384 ✖︎ 2weeks =$768 /2weeks (給料日ごとの収入)

$768 ✖︎ 2 = $1,536 /month (月給) 約13.6万円

 

これを足すと、、、

$2,568 (223,416円)

 

学生でなんと20万円以上稼げるんです!!!

 

20万円以上あったらいい生活できちゃいますよね🤤

そして貯金もできてしまいます🔥

 

 

週6〜7となかなかの激務ですが、

レストランが6時間、早上がりももちろんあるので何も苦ではありませんでした💆🏻‍♀️

 

ちゃんと休暇も取れるので旅行にもいけます🛫

 

ワーキングホリデーは稼ぐのも自分次第なんです!

 

次は使い道についてお話しようと思います💁🏻‍♀️

 

 

 

「留学生はみんな月にいくら使ってるのか?」

これもみなさん気になりますよね??😇

 

 


カナダでの自主隔離を現地からレポート!

こんばんは、留学ステーションのYukaです٩( ‘ω’ )و

先日カナダ移民局からの発表で、学生ビザでの渡航が緩和されるというブログをMoeがアップいたしました✨
コロナウイルス(COVID-19)最新情報:カナダ

ほんと待ってました😭!!

またこちについては詳細が何か発表され次第、ブログにてお知らせさせていただきます^^

緩和されると言っても14日間の自主隔離は継続されます🌀

現在弊社では、現地オフィス協力の下、バンクーバーはホームステイ、トロントはホテルでの自主隔離手配も行わせていただいております。(現時点で条件をクリアしている方のみ)

先月トロントへご出発されたお客様とお話しをさせていただく機会がありましたので、自主隔離先についてやどうやって過ごしてるのか聞いてみました😊


トロントでの自主隔離先として手配させていただいているのは、
Hilton Toronto Airport Hotel&Suite
となります!

14日間は外出禁止なので、もちろん3食付きです☝️✨

朝食

昼食

夕食

食事はお部屋に電話が来てロビーにある売店?に取りに行くスタイルとの事💡

朝は電話は来ないので自分のタイミングで取りに行き、お昼は12:30頃、夜は18:30頃にいつも電話が鳴るそうです。

食べ盛りの方だとなかなか量は足りないかもしれませんね^^;
そうゆう時は売店でスナックを買うこともできますし、一応Uber Eatsを頼むこともできますよ♪

また、日本食が好きな方は日本からカップラーメンやさとうのごはんもお持ちいただいた方が良いかもしれません🙆‍♀️
ロビーに電子レンジもあるそうなので、自分の好きなタイミングで食べられるものがあるとストレス負担が減るかと思います🤔

そして気になるお部屋!!(しかも動画!!)

とっても綺麗で広いですよね!!

これだと2週間快適に過ごせそうです✨

ただ、やはり暇つぶしが相当辛いらしく、、笑
勉強本や読書用の本とかは持ってきた方が良いですよとアドバイスがありましたよ👏

今日で隔離が終わりですが、やっと終わります!!と歓喜の声が😂

Wi-Fiも完備なのでインターネットも使えます✨
NetflixやHuluも見れますが、国がかわると見れる内容が変わるので注意です⚠️

 

以上、現地からのレポートでした!


【国・都市情報】今日は何の日??

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

最近の札幌は寒さが増してきたので、ついにブランケットをオフィスに持ってきました!!

通勤も雨の日以外は未だに自転車ですが、いつまで続けられるかな〜と勝手に自分の中で寒さと戦っています!笑

理想は雪が降るまでは自転車通勤ですが果たして出来るのか、、、と思う今日この頃です(^O^)

 

 

さて本日、カナダでは祝日なのですが、皆さん何の日かご存知ですか??

タイトルに思いっきり書いてしまっておりますが←、本日は

 

 

Thanksgiving Day (感謝祭)です!!!

 

 

Thanksgiving Dayはアメリカとカナダの祝日でありますが、両国で日にちが異なるので注意!!

 

・アメリカ🇺🇸・・・11月第4木曜日

・カナダ🇨🇦・・・10月の第2月曜日

 

カナダ時間の本日が感謝祭の日ということになりますね〜!

 

日本では馴染みのないThanksgiving Day。。。

一体どんな日なのでしょうか??

 

→Thanksgiving Dayとは、昔イギリスからアメリカに渡った移民達が、アメリカの先住民であるネイティブアメリカンから狩りや食物の育て方などを学び、自分達が育てたものを収穫して食することで生活をすることが出来ていました。

彼らが初めて食物を収穫した日(収穫の秋の時期)、恩人であるアメリカ先住民も招き神に感謝をしながらで皆で食事を共にした。

これがThanksgiving Dayの由来と言われております!

 

その為、アメリカやカナダでは感謝祭の日は家で家族や友人同士で集まって、御馳走を沢山食べるそうです

 

またThanksgiving Dayの食事では七面鳥やかぼちゃなどを食べることが定番の為、別名Turkey Day(七面鳥の日)とも呼ばれているそうですよ♪

 

2年前私もカナダにいましたが、友人とお店でローストターキーを食べました!!

 

もちろんとても美味しかったです🌟

 

 

このように、世界には日本にはない祝日が沢山あります(^O^)

 

その祝日ごとに、祝日前後の街中はイベントも沢山あって活気に溢れています!

こういったところからもその国の伝統や文化を学ぶことができますが、それだけでなく日本にいたら経験出来ないようなことが沢山味わえる海外での生活は非常に魅力的ですね〜

 

 

「祝日」といったところからでも、是非皆さんに異文化を感じて頂き、現地での生活を楽しんで頂けたらと思います(⌒▽⌒)!

 

 


コロナウイルス(COVID-19)最新情報:カナダ

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日はカナダの移民局から新たな発表がありましたので、その嬉しいお知らせのご案内です!!!

 

その内容とは、10月20日以降カナダ政府から万全なコロナ対策が出来ていると判断された学校へ通う学生は、

 

カナダへ入国が出来るようになります!!

 

なんという朗報、、、( ;∀;)!!!

私たちもこの非常に良い傾向、そしてカナダ留学への兆しが見えてきたことを大変嬉しく思っております!!

 

どの学校が政府から認定されるかはまだ発表されておりませんが、現地の大学やカレッジはもちろん、語学学校も学校のコロナ対策についての書類を既に政府に提出しているようなので、今は結果を待っている状態のようです!

 

10月20日までには認定された学校の一覧の発表がありますので、発表された際はこちらのブログを通して、皆様にご案内させて頂きますね(^O^)

 

それでは具体的に万全なコロナ対策とは何か???

 

・カナダへの入国前に留学生の健康状態や自主隔離期間のプランなどを政府に情報提供を行うこと。

・留学生への自主隔離期間への支援を行うこと。

(→自主隔離期間中の食料や医薬品など生活必需品を入手する為の指導や支援等)

 

移民局のHPには上記の内容が明記されております!

詳しくはこちら↓をご覧下さい。

 

カナダ移民局のHPより

 

 

認定された学校の発表が待ち遠しいですね!!

 

 

ただし、カナダへの入国制限は未だ解除されてはおりませんので(現時点では10/31まで)、まだビザをお持ちでない方は入国は出来ませんのでご注意下さいね!!

 

また現在のカナダでは入国後の自主隔離(14日間)が必須となっておりますので、入国が出来たとしても

2週間は自主隔離期間となりますので、今後のプランを考える上でその期間もお忘れなく!!!

 

ご質問やご不安なことございましたら、メールやお電話、個別カウンセリングを通してご相談頂ければと思いますので、お気軽にお問い合わせ下さいね

 

 

 

本日はカナダ移民局から発表された朗報についてお知らせ致しました!!

カナダ以外の国の朗報も早く皆さんに届けたい気持ちでいっぱいです!!!!

 

また最新情報が入り次第ブログでご案内させて頂きますので、要チェックですよ〜(⌒▽⌒)!!