コロナウイルス(COVID-19)最新情報:カナダ学校情報|留学ステーション

MENU

閉じる

コロナウイルス(COVID-19)最新情報:カナダ学校情報

こんにちは、留学ステーションです٩( ‘ω’ )و

続けてカナダの語学学校/カレッジ Vanwestより嬉しいお知らせが届いているので共有致します😊


カナダBC州の今後の方針が発表されました。
https://www2.gov.bc.ca/gov/content/safety/emergency-preparedness-response-recovery/covid-19-provincial-support

段階的な緩和になりますが、今月中にもレストランやカフェ、美容室、小売店、オフィスワークなどは再開の見込みです。

学校は9月を目途に再開予定と発表がありましたが、それよりも前にオンラインクラスを組み合わせるかたちで、一部開けられる可能性もあると発表されています。
私立の学校へのガイドラインはまだ明確にされていませんが、ようやく明るい兆しが見え、ほっとしております。


VanwestはCo-opプログラムで非常に人気の学校です。
※Co-opとは・・・専門コースとインターンシップを組み合わせたコースです

現状でCo-opプログラムは受講できるのか?とご不安な方も多いかと思いますが、Vanwestからは以下の様に連絡が入っています!

<VanWestのCo-opについて>

<<在校生への対応>>
・プラン通りにCo-opをする
・休学し、緊急事態宣言が解除されるまで様子を見る
・アカデミックタームを先にオンラインで受講し、Co-op期間を後に回す
(1年以上のプログラムの場合)

新型コロナウィルスの影響で経済状況の悪化が懸念されています。
この状況を受け、皆様からCo-opとワーホリのお仕事について多くお問合せを頂きました。
ご安心を頂く為に、現状をシェアさせて頂きますね。

当校のCo-op部門による調査の結果、
下記のように需要と共有のバランスが変わっているそうです。


減るポジションもあれば増えるポジションもあるということです。
例えばピンポイントで「空港で働きたい」と言われてしまうと、今は国境が閉鎖されているので、無理です。
ただ例えば英語環境の接客であれば、Take outができるお店やスーパー、ドラッグストアなどは人が足りていません。
インターネットビジネスやサプライチェーンのビジネスもかなり人手不足です。
夏前に終息に向かう場合、観光業はいっきに夏に向けて人を雇います。
高い賃金を払わなくても良く、期間限定で働いてくれるCo-op生は会社の現状を考えるとメリットが高いです。

<<カナダ政府の対応>>
カナダは日本と違い、一時解雇が普段からよくあります。
現在恐らく半数近い人口が一時解雇になっていると思います。
ただ、一時解雇になった場合働かなくても国から$2,000/月支給され+家賃補助も受けられています。(16週間)
時間短縮になるのであれば、一時解雇された方がメリットがあるので、フルタイムで働けない限り、一時解雇を会社にお願いすることが多いそうです。
会社が通常通り始業できる状態になり次第、必要な人からまた同じ会社から再雇用されることがほとんどです。
上記は留学生(ワーホリ/Co-op)も同じサポートを受けられます。
また座学期間のパートタイム(オフキャンパス)は通常週20時間と決まっていますが、現在、エッセンシャルワークはフルタイムで働くことが認められています。

もともと税金が高い国なので、国からのサポートが手厚いですね。

経済への影響はもちろんあると思いますが、
しっかり需要と供給を把握していれば問題ありません。


また新しい情報が入り次第、ブログでお知らせいたします!

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562