留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

コロナウイルス(COVID-19)最新情報:イギリス

 

皆さんこんばんは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日も引き続きコロナウイルスにおける各国の現状をお伝えさせて頂きます。

本日は🇬🇧イギリス🇬🇧についてです!

 

昨年12月20日からロンドン・イングランド東部及び南東部の緊急レベルが4に上がり、事実上のロックダウン状態となっていたイギリスですが変異種の発見から感染者の増加が拡がり、1月5日から2月中旬までイングランド全土では新たにロックダウンを実施することが発表されました。

 

新たにロックダウンが行われたことにより、各語学学校や大学等は閉鎖となった為、ほとんどの学生がオンラインで授業を受けている状態です。

今回のロックダウンでのルールは以下の通りです。

 

・昨年3月の最初のロックダウンと同様に、住民は特定の理由を除き自宅待機

(特定の理由に含まれるのは、必要不可欠な医療、食料品の購入、運動、在宅勤務が困難な人の通勤など)

・全ての学校は5日からほとんどの生徒を対象に閉鎖され、2月中旬までリモート学習に切り替わる

(※保育園など幼児向け施設は継続)

・今夏の期末試験について、通常通りの実施はない

・レストランはデリバリーを継続できるが、アルコールの持ち帰り販売は禁止

・ゴルフ場、テニス・コート、屋外ジムなどの屋外スポーツ施設は閉鎖しなければならない

・屋外の児童遊園は継続

・アマチュアの団体競技は禁止だが、サッカーのプレミアリーグなどプロ競技は継続できる

 ・結婚式や葬儀等は、出席者に厳しい制限がある。安全な会場か公共の屋外スペースでのみ行われなければならない。

 

このようにイギリスではまた厳しいルールのもとロックダウンとなってしまいましたが、逆にロックダウンでは人々の外出や流れを抑えることでウイルスの拡散も最小限に抑えることが出来ます。

 

その為ロックダウンが終わる春頃にはイギリスの新規感染者も落ち着いている可能性があります!!

 

 

日本でも現在1都3県では緊急事態宣言が発令されていますが、日本の緊急事態宣言とイギリスのロックダウンでは「強制力」に大きな違いがあります。

詳しくは以前両者の違いについてご説明させて頂いているのでコチラからご確認下さい( ^ω^ )

 

またイギリスではロックダウンを行っていますが、入国制限はかかっておらず、日本人は入国後の自主隔離も不要です!!

 

1月16日(土)追記:イギリス政府は1月18日より免除リストの国(日本も含まれます)からの入国者へ10日間の自主隔離を義務付けました。また同日から全入国者はPCR検査の陰性証明の提出が必須となります。

こちらは出国の72時間以内にご取得頂く必要がございます。

 

 

 

さらに今月末にはあの大人気のYMSビザ(イギリスのワーキングホリデービザ※正しくは就労ビザです)の抽選も行われます(^O^)

抽選に当たれば2年間もイギリスに滞在することが出来ます!!!

その為、非常に人気な上1000人しか抽選で当たらないので例年倍率が凄いのです、、、

 

しかし応募すること自体は費用なども発生致しませんので、少しでもイギリスに興味がある方は是非応募だけでもしてみては如何でしょうか??

 

YMSの抽選に関しては、先日Yukaさんがブログで紹介してくれているので、詳しくはコチラをご覧下さいね⭐️

 

 

YMSビザに当選した後のお手続き、学校や滞在先の手配等のご準備はもちろん弊社にお任せ下さい٩( ‘ω’ )و!

 

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求