deliciousやtastyだけじゃない!?美味しいの英語表現!|留学ステーション

MENU

閉じる

deliciousやtastyだけじゃない!?美味しいの英語表現!

 

 

 

みなさんこんにちは

札幌留学ステーションのMayuです☆

 

最近色んなコーヒーを飲むのにはまっていて

1日1杯は必ず飲んでいる私です:)

 

さて今回は

“美味しい”の英語表現について!!!

海外に旅行や留学で行った時、

欠かせないのはグルメ✨ゴハン✨ですよね!

せっかく食べるなら美味しいものを

そしてせっかく美味しいならそれを伝えたい!!

実はdeliciousやtasty以外にも多くの表現があるんです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

 

一般的に日本人がイメージする

美味しいという英語表現は

deliciousやtasty。

ですがネイティブの人たちはそれ以外の表現も多く使っています^^

 

 

yummyも使われることがありますが

海外では小さい子供が良く使う言葉。

またはお母さんが小さい子供に対して使う言葉なんです!

表現も少し可愛く発音しやすいので

日本人も良く知っていて使う単語ですよね!

 

 

それでは

実際にネイティブのひとたちは

どのような表現を使っているんでしょうか?

 

 

 

1, good

例:This steak is good! (このステーキ美味しい!)

The humberger taste really good! (このハンバーガーの味すごい美味しい!)

 

goodは一番多く使われる表現だと思います。

私がカナダに留学していた際も使っている人をとても多く見ました^^

 

 

 

2, great/awsome

例:It was great! (美味しかった!)

This soup is awsome! (このスープ最高!)

 

greatの方がgoodよりもニュアンス的には 最高!!!!っていう感じのイメージです

 

 

 

3,  I love it

 

これも多く使われる表現で

直訳すると これすごく好き!という意味ですが

好き=美味しいから ということがくみ取れます☆

 

 

4,  the best 〜

これは美味しいという単語ではありませんが

良く使われる表現です。

This is the best pizza I’ve ever had!!!!

(今まで食べたピザの中で一番!!!)

 

 

 

海外の方達は、お客さんとしてレストランなどに行く時

美味しかったら美味しい

美味しくなかったら美味しくない、と

お店側もびっくりするくらいストレートに伝えてきます!笑

 

 

美味しかったら美味しいと伝えることは

素敵なことです^^

 

 

良くウエイトレスさんが

食べ終わった後に

How was everything?(お食事どうだった?)

などと聞いてくることがあるので

I loved it! It was really good.

なんて答えることもできます!!

 

 

 

どんどん使ってみてください☆

 

 

 

 

 

 

 

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562