【留学FQA】初めての英語環境で大切な3つの心構え|留学ステーション

MENU

閉じる

【留学FQA】初めての英語環境で大切な3つの心構え

【留学FQA】初めての英語環境で大切な3つの心構え

 

こんばんは。留学ステーションのYuです

 

ある日の仕事帰りのことです🚶‍♀️。

4月17日からレンタルになったボヘミアンラプソディーを借りるのを楽しみに意気揚々と某レンタルショップに行ったら、まーーーから、カラ、空箱祭りなのです🙀🙀!

久々にがーーーっくりしました。

 

ある記事によると6月まで品薄状態は続くそう…

私はいつになったらラミ・マレックに再会できるのでしょう😭💔

 

さて、今日は留学ステーションご利用の皆さんからのご相談も多い質問、お悩みを取り上げたいと思います☝️

 

短期留学、長期留学、ワーキングホリデーなどを考えている皆さんは、異なる言語や文化の中で生活することに期待と共に様々な不安や疑問を抱えていることと思います

この記事では、そんな皆様のお悩みに少しでも役立てていただけるよう、ちょっとしたアドバイスを差し上げたいと思います🤗

 

本日のFQA:「英語が通じるか心配です」

 

それを試すのが留学、上達させるのが留学の大きな目的の一つなのです!だから、そんなに心配しなくても大丈夫です!

とは言え、やっぱり不安ですよね。。。😿

以下では英語に囲まれた環境で大事な心構え3つを紹介します。

 

1. 分からないまま話を進めない

カウンセリングの際にお伝えすることもありますが、分からない事は理解できるまで聞き返しましょう!

何かと遠慮がちの日本人の多くは何回も同じことを聞くのに抵抗があるかもしれませんが、留学先で出会う多くの人はノンネイティブに対して寛容ですし、言葉が通じないと言う場面にも慣れています。

ちょっとした会話であれば大きな問題にならないかもしれませんが、アルバイトやルームシェアなどの交渉の場面で分かったふりをしてうまく言いくるめられては大変ですよね😵❗️

なので、遠慮せず何度も聞き返す勇気を持ちましょう!

 

2. 自分の言いたいことが伝わったか確認する

こちらも、遠慮がちな日本人にとっては少し難しいかもしれませんね

でも①と同様、自分の意思とは違った結果になってしまわないように、しつこいくらい確認しましょう!

特に、ホストファミリーと予定の確認やルルーを確認する時、授業で説明や意見を求められた時は確認する勇気を持ちましょう!

 

3. 家族やクラスに溶け込む姿勢を持つ

日本人の多くは、どこか遠慮がちで、受け身の人が多いですよね。

そんな気持ちを汲んで周りの人が話しかけてくれればラッキーですが、ずっと続くと積極性がないな、私たちと仲良くする気はないのかな?なんて思われかねません

最初のうちは、聞き取れなかったり、うまく言葉が出てこなかったりで心が折れそうになりますがそこで諦めずなんとか会話に食らいつきましょう🙄

 

私の友達で「途中で話についていけなくなるかもしれないけど、仲間に入れてね。頑張ってリスニングするから!」と言って果敢に粘り強くネイティブの輪に入り、ものすごい早さで上達した子もいました。

 

 

いかがでしたか。

出発前、着いてすぐは英語が通じるか不安、コミュニケーションが取れるか不安と感じるかもしれないですが、3つの心構えを参考に、粘り強く頑張ってみてください!

頑張って理解しよう、伝えようとしている気持ちは絶対に伝わります。

 

少しだけ「恥ずかしい」の殻を破って、せっかくの留学の機会を最大限に活かしましょう!

 

 

 

まずは留学について聞いてみたい!相談したい!と言う方や、もっと具体的な相談がしたい!と言う方はこちらからカウンセリングのご予約を🍀

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562