やりたい事はやったもん勝ち!〜社会人のカナダワーホリ体験談〜|留学ステーション

MENU

閉じる

やりたい事はやったもん勝ち!〜社会人のカナダワーホリ体験談〜

こんばんは、東京留学ステーションのYukaです٩( ‘ω’ )و
ブログ久々です!

2週間のカナダ出張から戻りました^^
とっても素敵な経験をたくさんした出張になったので、少しずつみなさんにもブログでお伝えしていきたいと思います😁

今日は4月に帰国したMasatomoさんのカナダワーホリ体験談をシェアしたいと思います!
元々日本で看護師として働いていたMasatomoさんの経験を生かした面白いストーリーを是非ご覧ください😁

 

名前:Masatomoさん
年齢:30歳
渡航先:カナダ トロント
留学期間:1年間(2017年4月〜2018年4月)
学校名:English School of Canada
ビザ:ワーキングホリデー

お帰りなさい!
Masatomoさん、変わらないですね^^
早速色々とお伺いしたいのですが、学校はトロントにあるEnglish School of Canada(ESC)に通われましたよね。
レベルは10段階ある内のどこから入れましたか?

 

レベル7(中上級)から始まったんですよ、自分でもびっくりしました。

 

すごいですね!日本でも勉強して行った甲斐がありましたね。
日本ではどんな勉強したんですか?

 

日本でしていった勉強は文法の勉強ですかね。
入学時のレベル分けテストは日本の入試みたいな感じでした。

レベル7(中上級)のクラスで3週間は一般英語の授業を受けました。
高いレベルなので、クラスメイトが本当によく喋れるので最初はすぐ辞めたくなりました。笑

その後はちょうど入学日とレベルが合ったので、元々希望していた医療英語のクラスに変更をしました。
医療英語を受講する方々は僕みたいな元看護師が多いですね。経験者7割、2割は医者で後は学生という感じです。

医療英語クラスは日本人が多いです。日本人5割、南米3割、他は韓国とかでした。
年齢でいうと18〜34,5歳くらいの人が学んでいました。

 

Masatomoさんは医療英語コースがあったからこちらの学校を選ばれましたもんね。
このコースではどんな勉強をしましたか?

 

先生の作ったスクリプトを元に読み合わせをしたり、リスニングの穴埋め問題をやったりしました。

 

内容的には基本的な医療に関する単語とかですか?

 

そうですね、ただ難しい事はそんなにしなかったです。
先生は臨床検査技師さん(62歳おばあちゃん)で、知識が豊富で授業がうまいんです。
授業中は辞書も使っちゃいけないので、全部先生に聞く感じでした。
【わかんないことは私にきいて、わたしが答えるから】という感じで。
常に生徒に何かを考えさせながら授業をさせるので、全然飽きないです。
13時〜17時までの4時間でしたけど内容が詰まっているので、充実感がありました。

へぇ、Masatomoさんが言うくらいなので本当に授業の進め方が上手な先生なのですね!
宿題はやっぱり多いですか?

宿題は毎日出ました。
教科書に単元毎にテストがついているので、それをやります。
ただ、復習のような感じなので難しくはないです。

 

やっぱり宿題は毎日出るんだ。
16週間医療英語コースを受講し修了証ももらったのに、研修にいかなかったんですよね?
(※English School of Canadaの医療英語コースは、16週間修了した方のみ現地で研修が可能です。)

 

はい。笑
9月1日にコースが終わって1週間後にバンフに行きました。
シーズンが始まるので仕事探しのために早く行った方がいいと思って。
最初はホステルに泊まりました。1泊4000円のドミトリーです。

すぐにシェアハウスは見つかりました?

 

シェアハウスは9月が入れ替わりの時期なので、なかなか空いてなくて。。
なので、滞在先付きの仕事を探し始めました。
ローカルのお店は滞在先付きが多いのでそこで探しました。

 

どうやって探したんですか?

 

たまたまバンフ出身の男の子が同じホステルに泊まっていて、その子に仕事先について聞いて勧めてくれたところが働いたところです。
ローカルのスパゲティー屋です。
到着して1日目はバンフ観光をして、2日目にそのお店にレジュメを配りました。
ただ、今はポジションが空いていないと言われて、開店前の清掃の仕事だったら空いてるよと言われそれで決めました。
清掃の仕事は9:00〜11:30までの2時間半くらいで、席は150席あるレストランでした。
週5でしたけど、でもそんなに仕事ないんですよね。笑
だから与えられた雑務をかなりやりました。笑

この清掃の仕事は帰国するまでやりました。
清掃の仕事と平行してバッサーの仕事もし始めました。働き始めて1ヶ月後くらいですかね。
(※海外ではウェイター/ウェイトレスの仕事が分かれています。ウェイター/ウェイトレスはオーダーを取ったりしますが、バッサーはテーブルなどを片付けるお仕事をします。)

バンフは結構繁忙期と閑散期がはっきりしているので、シフトは週によって全然違いました。
清掃の仕事だけだと月に稼げるのは$400くらいです。時給は$12.5くらいだったかな?
バッサーの時給は$13.6でした。
あ、途中でカナダ時給あがったんですよ。
清掃の時給が$14まで上がりました。
チップをもらえない清掃員の僕は賄いとしてタダでお店のスパゲティが食べられるんです。ジュースも飲めるし。

最初の清掃の仕事のみの時はこれでは生きていけないのでステーキ屋でディッシュウォッシャー(皿洗い)の仕事もしてました。
なので、朝にスパゲティー屋の清掃の仕事をして賄いでスパゲティを食べて一度帰宅して、夕方からステーキ屋に出勤しました。ステーキもタダで食べられました。普通にメニューのものを食べて良いんですよ!
ディッシュウォッシャーもチップがないので、その分賄いが良かったです。

賄い豪華すぎません?笑
羨ましい!
ステーキ屋についても詳しく教えてください!

働き始めてから食費は牛乳代とシリアル代くらいしかかかってませんでした。笑

ステーキ屋は小さいお店だったので人の入れ替わりも少なく、ほとんど同じメンバーで働けました。
なので店全体で仲が良かったです。
クリスマスパーティの2次会はお店でやったんですけど、そこでカラオケ大会が始まったんですよ。
カナダのカラオケってYoutubeに繋げてやるんですよね。
僕、英語の歌うたえないので何を歌おうか迷ったんですけど、日本語で歌ってもみんな知ってるカバー曲を歌ったんです。
最初に郷ひろみのGold Fingerを歌ったらすごく盛り上がってくれて。
2曲目はYMCAを歌ったんですけどこれもまたみんな凄く盛り上がってくれて。
Masaはカラオケチャンピオンだってみんあが褒めてくれました。笑

良い職場に巡り会えましたね^^
後でカラオケの動画見せてくださいね。笑

 

はい。笑
それと、スパゲティー屋の方は途中からはキッチンの仕事もやりました。
1つのお店で3つの仕事ができたので、ポジション関係なく、お店のみんなと仲良くなれたのは大きかったですね。

それと実は12月から寿司屋でバイトも始めたんですよ。笑
スパゲティとステーキの賄いに飽きて、寿司が食べたくなって笑

凄い理由ですね。笑
合計3つのお店で働いていたって事ですよね、すごい働きましたね!

 

スノーボードがしたかったので。
シーズン券が$1200くらいするんですよ。
日本に比べるとやっぱり高いんですよ。
後はボード用品を揃えるにもお金が必要だったので。

ただ、中古品もFacebookで購入したりして、やりくりはしました。
これがカナダでは結構スタンダードなやり方みたいです。

バンフに結構長く住んでいる日本人も多くて、20年とか。
そういう方も嫌な顔せず仲間にいれてくれるんですよ。

トロント時代はEnglish School of Canada以外にもう1校、学校に通いました。学校というよりは個人塾なんですけど日本人のおじいちゃんがやっていて。長くカナダに住んでいる人ですけど。
その方は長く海外で仕事や生活をされていて話を聞くのも楽しかったですね。
授業は1時間$20で1日2時間ずつ、週3で通いました。
トロントの頃は仕事はせずに勉強に専念したので結構忙しくしてました。
仕事をしてなかったので先生にお金ないって言ったら、庭の手入れの仕事をもらってお小遣いをもらってました。笑
ご飯もたまにご馳走になりました。

 

素敵な出会いでしたね^^
トロントのシェアはすぐ見つかりましたか?

 

見つかりました。ダウンタウンで1ヶ月$600でした。
立地はいいけど、少し古かったです。部屋も狭くて。オーナーがカナディアンで、テキトーな人でした。
入居前に衣装箪笥を付けてくれるって言ってたんですけど、入居したらなくて。笑
オーナーに再度言ったら2週間後にもってきましたが、それの大きさが尋常じゃない。笑
部屋が半分埋まるくらい大きくて。「もっと小さいのにしてよ!」と抗議しました。笑

 

出会う人出会う人面白いですね。笑
でも今日お話を伺ってとても素敵な経験をされたんだなと聞いていてワクワクしました!
そんなMasatomoさんから、最後に今後留学やワーキングホリデーに興味のある方に向けてアドバイスをお願いいたします!

 

やりたい事をやったもん勝ちですね!
カナダ人はレイジーと言われますけど、上に立つレベルの人はすごく仕事ができる。
カナダ人から仕事の仕方を学びました。
7ヶ月間一緒に過ごしたスパゲティ屋のオーナーのロブが最後に「Masaの英語は本当によく伸びた」って言ってくれたんですよ、それが本当に泣きそうになる程嬉しかったです。

日本に帰ってきたら親や周りの人にカナダどうだったって聞かれるじゃないですか。
本当になんて答えたらいいか迷った挙句に出てくる言葉って ” 良かった “ しかないんですよね。
だってカナダでの出来事を話したら1日じゃ足りないから。
だから迷ってるんだったら行った方が良いと僕なら言いますね!

因みにMasatomoさんは帰国時にアメリカ周遊で大谷くんの試合も観れたんだって!


Masatomoさん、ご協力ありがとうございました^^

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562