留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

【コロナ後の励みに!体験談】Sakurakoさん in IRL ②

こんにちは!

留学ステーションのSakiです🌿

 

みなさん、Sakurakoさんの体験談Part1はご覧になられましたか?

とにかく積極的にアウトプットする機会を作り、スピーキングの実践実践実践!!!をされておりましたね( ´ ▽ ` )♡

アウトプットを実践に移していくのは大変なことですが、それを行なったSakurakoさんは素晴らしいと思います

それでは、続きのPart2にいきましょう!!!

−−−−−

④現地での1日の生活リズムを教えてください。


7:00:起床・朝食・準備

8:30~13:00:学校

13:00:昼食、友達とお喋り

14:00~18:00:曜日によって学校で勉強・選択授業、友達とカフェや買い物、アルバイト

18:00:スーパーなどによって買い物をして帰宅

19:30~:夕食・ハウスメイトと団欒

21:00~:勉強

24:00:就寝

 

⑤留学ステーションの留学相談・サポートはいかがでしたか?


出発前の準備段階から丁寧にしっかりサポートしてくださっていました。

海外に一人で行くのは初めてで不安もありましたが、ダブリン到着後の語学学校への入学やビザ申請など最初の段階でするべきことをしっかり教えてくださり明確であったため、つまずくことなく手続きが出来ました。

 

⑥今後留学を考えている方に向けてアドバイスをお願いします!


・資金は多めに用意する

学生ビザであっても働けるのがアイルランドのメリットですが、仕事を見つけるのは他のワーキングホリデーを受け付けているような国よりも難しいようです。またダブリンの家賃は高く、安いところだと通学の交通費が高くなり、想像以上にお金がかかります。ワーキングホリデーでアイルランドに来ていた人の中には仕事を見付けることが出来ず、資金面の理由から途中帰国する人も少なくありませんでした。また学生ビザであっても資金に余裕があると、ヨーロッパ各国や国内旅行にも行きやすくなり、より充実した時間が過ごせると思います。

 

・家を探すのはできるだけ早く

上記の通り家賃が高く、ダブリンの住居は概ね飽和状態で軒数が多くありません。時間が無く焦って探し失敗したという話も何度か聞きました。家を探す場合はできるだけ早く、また現地に居る日本人から情報をもらうのが正確で安全だと思います。

 

・防水のショートブーツもしくは丈の短い長靴を持って行く

余談かもしれませんが、ダブリンは一年を通して雨が多く、特に秋から冬にかけてはほぼ毎日雨が降ります。一時期は通学の短時間だけでも、毎日のように雨で靴が濡れていました。現地で防水の靴を探したのですが、あまり売っていませんでした。知人の中には日本から送ってもらった人、旅行時に他国で買った人など様々でしたが、あると重宝すると思います。

 


最後のアドバイスはこれからアイルランドに渡航を予定している方にはありがたいアドバイスですね

家や仕事が見つかり難いというのはよく聞く話ですが、努力をしてアルバイトまで経験されたSakurakoさんが得たものは想像できないほどあったかと思います🌟

ワーキングホリデーができる国でも資金はあるに越したことはありません!

ただ、しっかり働ける国もございますので詳細は留学ステーションまでお問い合わせくださいませ

Sakurakoさん、改めて素敵な体験談をありがとうございました!

この学びをお仕事に活かしていくことをスタッフ一同願っております✌︎(‘ω’✌︎ )

 


【コロナ後の励みに!体験談】Sakurakoさん in IRL ①

,

2020年6月21日

こんにちは!

留学ステーションのSakiです🌿

 

みなさんに早くシェアしたい気持ちを抑え、温めていた体験談を本日はご紹介させていただこうと思います😀☆*

なんと!!!アイルランドでの体験談です🇮🇪

ボリューム満点の内容となっておりますので、2回に渡ってお伝え致します!

ぜひ近日アップ予定のPart2もご覧くださいませ♪

 

【仕事を辞めて念願のヨーロッパ長期滞在!】


お名前:Sakurakoさん

ご年齢:27歳

渡航先:アイルランド

留学期間:約8ヶ月

学校名:Kaplan Dublin校

ビザタイプ:学生ビザ

 

 

①留学をしようと思ったきっかけはなんですか?


・ヨーロッパが好きで一度住んでみたかったこと

・日本でしていた仕事が接客業で英語が必要となる場面があり勉強していたが、自宅での座学ではスピーキングが伸びず、一度機会を作り集中して勉強したかったこと。

・アイルランドはヨーロッパの他の英語圏であるイギリスやマルタと比べ、都会すぎず有名すぎず暮らしやすそうと思ったこと。

 

 

②留学を通じて学習面で最もためになったことはなんですか?


・とにかく友達と遊ぶこと

最初は英語に自信が無かったため、相手に迷惑をかけてしまうのでは…?と消極的になることもありました。しかし週末などに友達と遊び一日英語漬けになると、自分でも実感できるほどスピーキング、リスニングが伸びました。語学学校にいる周りの友達を見ていても、よく遊ぶ人ほどスピーキング、リスニングが伸びていたように思います。

 

・Meetupに参加すること

ホームステイの時はネイティブの英語を身近で聞くことが出来ますが、ホームステイを出るとネイティブの英語を聞く機会が一気に減りました。一般的にアイルランドの英語はアメリカやオーストラリア、フィリピンなどの英語よりも聞き取りにくいと言われていますが、私も最初はほとんど聞き取れませんでした。アイルランドのMeetupでは様々な国出身の人たちに加えアイルランド出身の参加者もおり、定期的にネイティブの英語を聞くことが出来ました。たとえ聞き取れず聞き返したとしても、皆さん嫌な顔一つせず丁寧に説明してくれました。

 

 

③留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出を聞かせてください。


・アイルランド滞在中にヨーロッパ各地に旅行できたこと

ダブリンは飛行機で1~2時間で行ける国が沢山あり、土日休みだけでも海外旅行に行けます。私は学生ビザでの滞在でしたが、滞在中に10ヵ国以上旅行に行けました。また旅行する度に自分の英語力も確認でき、勉強のモチベーションも上がりました。

・世界各国出身の友達ができ一緒に過ごせたこと

どの国に滞在しても同じだと思いますが、語学学校を通じてヨーロッパを中心に南米や中東出身の友達が沢山できました。友達の出身国に興味が持てたり、その国について知れたり、互いに自国の料理を作って食べたり、一緒に勉強したり。友達と過ごした時間はいつも有意義で貴重な時間でした。

・アイルランド人の人柄

昨年のラグビーワールドカップでアイルランドが日本に惜敗した際、私は街中やバス停で何人かの初対面のアイルランド人に「あなたは日本人ですか?」と声を掛けられました。皆口々に言ったことは「日本のプレーは素晴らしかった!」「日本のラグビーは本物だ!」「今後の日本の試合を楽しみにしているよ」でした。悔しい思いもあるはずなのに、そのように相手国である日本を称賛するアイルランド人にとにかく驚き、心打たれ、今でもとても印象に残っています。

 


Sakurakoさんの積極的な行動が色々な経験に繋がっていますね*

日本でも大盛り上がりだった世界ラグビー🏉をアイルランド で観戦できたことは貴重な体験だったかと思います!

対戦相手の国の人を褒められるアイルランド 人のお人柄にほっこりしたアピソードをシェアしてくださりありがとうございました💟

 

Part 2も乞うご期待です( ´∀`)♡


【ワーキングホリデー in バンクーバー 〜第4弾〜】

,

2020年6月12日

 

皆さんこんにちは!

留学ステーションのMoeです🍟

 

本日はバンクーバーでの2つ目のお仕事についてお話します\( ˆoˆ )/

 

第3弾でお話したギフトショップを辞めてから、1ヶ月間程は就職活動を行っていました!

 

その際に職探しで重視したポイントは仕事を通して英語を話せること!!!

私は特にスピーキングがとても苦手だったので、とりあえず話す機会が沢山ある仕事に就きたいと思って活動していました。

 

前回の失敗を踏まえこの時は、英語の掲示板を利用することと、お店に直接履歴書を配ることをメインで行っていました( ´ ▽ ` )

 

携帯ショップや留学サポートの現地オフィス、雑貨屋など様々なお店の面接を受けましたが、面接で落ちたり、満足のいく就業時間を確保出来なかったりとなかなか上手くいきませんでした

 

そんな生活を1ヶ月送ってようやく決まったのは、、、

 

 

皆さんご存知のスターバックスです( ;∀;)

 

決まった時は本当に嬉しかったです!!!

仕事がなかなか決まらなくて焦っていたこともありましたが、日本のスターバックスでの就業経験も無く、英語力もまだまだだったので、応募した時も駄目元でした、、、

 

しかし今となってはあの時駄目元でも応募して良かったと思います!!

応募していなかったらスターバックス で働けていませんでしたから

 

皆さんもやってみたい事や働きたいお店があったら、まずは自分の英語力を気にするより応募してみましょう!!!例え採用されなくても、その1回の面接も良い経験や練習になりますし、逆に採用されたらそれ程嬉しいことないですよね( ^∀^)

 

何事も諦めちゃダメですね!!

まずはどんなことでも挑戦すること!!

これは本当に大切なことだなと改めて思わせてくれる出来事でした✳︎

 

 

スターバックスでの仕事についてより詳しいことを聞きたい方、バンクーバーでのワーキングホリデーをご検討中の方、是非カウンセリングやセミナーで弊社にお越しの際にお話しましょう!!!

 

お待ちしております(^O^)♡

 

 


【コロナ後の励みに!体験談】Shoeiくん in the UK

こんにちは、留学ステーションです🌿

日本でも緊急事態宣言が解除され、徐々に日常に戻りつつありますね。
ただ、油断は禁物ですので皆さん十分に気をつけて下さいね🙇‍♀️

今日は体験談をシェアしたいと思います😄

高専生のShoeiくん、英語に苦手意識がありましたが学校のおやすみを利用して今回ロンドンに3週間の留学に行ってきました✈️
ちょうどコロナの影響も受ける事なく、充実した3週間だったようです☝️✨

それでは、どーぞっ!!

お名前:Shoeiくん
ご年齢:16歳
渡航先:イギリス
留学期間:3週間(2020年3月)
学校名:Rose of York
ビザタイプ:Short-Term Study VISA(SSV)

 

留学をしようと思ったきっかけはなんですか?

英語が得意ではなく、あまり興味も無かったので短期留学をして英語に少しでも興味を持とうと思ったからです。短期留学なので英語の上達はあまりできないけれど少しでも日常会話などの英語を学べたらいいなと思ったからです。

留学を通じて語学学習面で最もためになったことはなんですか?

学校の授業もとてもためになりましたが、学校で実施されているアクティビティが1番ためになりました。理由は先生や生徒仲間と世間話を英語で会話したり、英語のみで観光したりするので日常的に使う英語をたくさん学べたからです。また、たくさんの仲の良い外国の友達ができ、一緒にご飯を食べたり遊びに出かけたりと交流の輪を広げられたからです。

なぜイギリスを選びましたか?実際に行ってみてイギリス/ロンドンはどんなところでしたか?

イギリスは小さい頃からテレビや本なので見ることが多く、ビックベンやグリニッジ天文台など世界的に有名な場所を知っていて、1度は行ってみたいと思っていたからです。

留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出をお聞かせください。

学校でできた同年代の友達ととても仲良くなり、一緒に博物館などに観光したり、相手の子の家に遊びに行ったり、スポーツを一緒にしたりしました。こんなに仲の良い友達が外国にできてとても嬉しかったですし、すごく楽しい思い出になりました。

現地での1日の生活リズムを教えてください。

6:30          起床・準備
7:20       朝食
9:00〜12:00 学校
13:00      学校のアクティビティ
17:00      帰宅
19:00      夕食
20:00      ファミリーと団らん
23:30      就寝

 

お母様にお伺いします。お子様を留学させる事に不安はありませんでしたか?

特に不安はありませんでした。
強いて言うなら、テロが心配でした。

留学前に比べ、帰国後のお子様に変化はありますか?

英語が話せるという事は、世界では特別な事では無く、当たり前の事なんだ!という考えになった所が1番の大きな変化でした。

留学ステーションの留学相談、サポートはいかがでしたか?

留学前の説明や準備の時にとても丁寧にペースを僕に合わせて説明してくれました。心配な点もいくつかありましたが、質問すると満足するまで答えてくれたのでとても安心でした。

 

今後留学やワーキングホリデーを考えている方に向けてアドバイスをお願いします!

学校での授業やアクティビティで積極的に会話に混ざり沢山話し、外国の友達を作るのがとても良いと思います。とても外人はフレンドリーなのであまり緊張しすぎなくていいと思います。


Shoeiくん、お母様、素敵な体験談をありがとうございます!

お母様もShoeiくんの留学をとても応援してくださっており今回実現したイギリス留学✨
3月という時期的に中高生向けのアクティビティが付いた語学留学プランがなかなか無く、また同年代の子が居ない可能性の方が高いという状態でしたが、行ってみるとクラスメイトも同年代の学生で構成され非常に楽しい思い出になったようです😊

一番心配していたのは私だった様で(笑)
到着後も連絡をした時には”もう慣れてきました〜!”と元気にお返事をいただきました♪

英語嫌いだったShoeiくんですが、また行きたい!と思える留学になったようです٩( ‘ω’ )و

Shoeiくん、日本でも英語の勉強継続とロンドンでできたお友達と仲良くしてね😄


【コロナ後の励みに!体験談】Keikoさん in AUS

こんにちは!

留学ステーションです🌿

 

前回の体験談はご覧になられましたでしょうか😄?

今回もコロナが収束し渡航ができるようになった後の励みになる素敵な体験談をご紹介したいと思います˚✧

Keikoさんの体験談は社会人でこれから留学やワーキングホリデーにチャレンジしたい方にぜひぜひ読んで欲しいです🙋‍♀️

 

【ずっと行きたかった留学!ステップアップのため挑戦!】


お名前:Keikoさん

ご年齢:33歳

渡航先:オーストラリア

留学期間:約10ヶ月

学校名:Greenwich English College Melbourne校

ビザタイプ:学生ビザ

 

①留学をしようと思ったきっかけはなんですか?


学生の時から英語が好きで、ずっといつかは海外へ留学したいと考えていました。

社会人として10年以上経った時に自分の生活に満足はしていましたが、自分自身を更に成長・ステップアップしたいと思い留学しようと決めました。

 

②留学を通じて学習面で最もためになったことはなんですか?


私は9ヶ月語学学校に通っていました。学校の雰囲気としては、校内では母国語禁止とされておりクラスでもカフェでも英語を話すよう心がけていました。先生やクラスメイトととにかく英語で会話をすることで、Speakingは上がったと思います。

しかし、文法や単語がわかっていないとボキャブラリーの少ない端的な会話となってしまうので、学校での英語の基礎となる学習は非常に大切だと感じました。

また、私は英語で日記を書く時に習った文法や単語などを使っていました。また、それを先生に添削してもらい正しい使い方を学ぶことが出来ました。受け身の勉強だけではなく、Writing→SpeakingにつなげるといったOutputを意識した勉強は効果があったのではないかと感じました。

また、バイト先でウェイトレスとして働いていたので、ネイティブスピーカーの発音を聞き取ること(特に電話)はListeningに効果的だと思いました。

 

③留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出を聞かせてください。


留学中はずっと学校に通っていたので、学校の先生方や多国籍の友達と過ごした時間が印象に残っています。先生はいつも熱心に根気よく教えてくれて、海外生活の悩みなども聞いてくれたりとたくさんサポートしてくれました。特にケンブリッジクラスの友達とは、同じ目標に向かって励まし合いながら勉強したり、みんなでピクニックやバーに行ったりと楽しい思い出ができました。

バイト先はジャパニーズレストランで働いていました。私は英語をのばしたいと店長に伝えて、まったく英語が話せない状態で半ば強引にウェイトレスになり、接客や電話対応など特訓の日々でした。英語力は徐々にのび、ネイティブの方々が使う英語・生活・文化も知ることが出来て挑戦して良かったと感じています。

 

④現地での1日の生活リズムを教えてください。


6:30:起床・準備・朝ごはん

9:00〜15:00:学校

15:00〜17:00:カフェ、勉強、図書館

17:00〜23:00:バイト・晩ご飯

0:00:帰宅・就寝  (バイトは週3〜4日)

 

⑤留学ステーションの留学相談・サポートはいかがでしたか?


留学ステーションの皆さんにサポートして頂き、自分の希望に沿った留学生活をおくれた事に感謝しています。

留学後も留学ステーションの方々と連絡をやり取りできた事や、Mioさん(学校の日本人担当スタッフ)にも相談できたので安心でした。

ケンブリッジ検定コースでPETをとることが出来たので、英語学習は続けていき今後FCEに挑戦していきたいと考えています!

 

⑥今後留学を考えている方に向けてアドバイスをお願いします!


海外留学は簡単な決断ではありませんが、英語だけではなく人生において必ず素敵な経験が得られると思います。

留学をする上で、「◯◯をする」「◯◯を達成する」などというように、目標を明確にしていくことをおすすめします!目標があれば頑張れますし、それが出来た時に自分の成長も感じられるし、来てよかったなと思います。

人生の中で貴重な留学生活、ぜひエンジョイしてください!

 

素晴らしい体験談ありがとうございました!

Keikoさんもおっしゃっておりますが、仕事を辞めて新しい世界に飛び込むことはとても簡単なことではないかと思います。

でも、挑戦することで見ることができる世界はきっと想像もつかないほど大きくて広い世界かと思います🗺♪

Keikoさんのようにストイックにしっかり目標を立ててぜひ皆さんにもがんばっていただきたく思います✳️

コロナが落ち着いたら、Keikoさんの後に続きましょう!!!

 


【コロナ後の励みに!体験談】Yuさん in CAN

こんにちは!

留学ステーションです🌿

 

最近はコロナ最新情報をお届けしておりましたので、ご無沙汰となってしまいましたが、本日は素晴らしい体験談を皆さんにご紹介したいと思います✏️

ぜひ!コロナが収束し渡航ができるようになった後の励みにしていただきたく思います✨

Yuさんの体験談はこれから海外進学を目指している方にぜひぜひ読んで欲しいです🙋‍♀️

 

【現地カレッジへ進学!カナダに来て良かった!】


お名前:Yuさん

ご年齢:20歳

渡航先:カナダ

留学期間:8ヶ月(語学学校分)

学校名:ILSC Vancouver校

ビザタイプ:学生ビザ

 

①留学をしようと思ったきっかけはなんですか?


将来の就職に関連した環境科学がカナダで発展しているので、現地の大学に進学し、最先端の技術と英語力を身につけ、世界で働くためです。

 

②留学を通じて学習面で最もためになったことはなんですか?


日本語と距離をとったことです。

日本人の友達をできるだけ作らない、普段聴く音楽やYouTubeなど、家にいるとき、独り言でさえ英語にすることで日本語を生活から消しました。

日本語は日本にいれば好きなだけ話せますし、語学学校は世界中の留学生が集まる場所なので、いろんな国のいろんな文化に触れられます。

なので、放課後は他の国の生徒と多くの時間を共有するなど、ここでしかできないこと、今を大切にしようという思いで毎日過ごしていました。この意識が今の英語力を作り上げたと思います。

もちろん、いろんな意味で母国から離れるということは勇気がいりますし、時には寂しくなります。でも、そこでどれだけ頑張れるか、自分の目標を見失わずに環境をいかに楽しめるかが良い留学生活を送れるかの鍵になってくると思います。

 

③留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出を聞かせてください。


友達の家に遊びに行くと、みんなでそれぞれの国の料理を作りあったりするのですが、一つの食卓に5カ国の料理が並んだ時は、世界を感じました笑

韓国料理や中国料理は日本でもよく口にすると思うのですが、ブラジルやメキシコなどのラテン料理は自分にとって新鮮だったので、とても良い経験になったと思います。(僕はオムライスを作りましたが、日本料理じゃなかったらごめんなさい。笑)

 

④現地での1日の生活リズムを教えてください。


朝7:20 起床•準備 ➡︎ 朝8:10 朝食 ➡︎ 朝9:00〜16:00 ➡︎ 放課後友達と出かける(遊びor勉強)➡︎ 19:30帰宅&夕食 ➡︎ 23:00 就寝

⑤留学ステーションの留学相談・サポートはいかがでしたか?


渡航前のサポートはもちろん、現地に着いてからも、色々な場面で支えていただきました。

オフィスの雰囲気もよく、質問などもわかりやすく説明していただき、手際よく留学に必要な手続きを代行していただいて、とても感謝しています。

 

⑥今後留学を考えている方に向けてアドバイスをお願いします!


海の向こうには何もかも新しい生活が待っています!

何事にも恐れずにトライあるのみです。

留学ライフを通して自分を磨き上げれば、レベルアップした自分に出会えるはずです。精一杯楽しんでください!

 

素晴らしい体験談ありがとうございました!

Yuさんは予定よりも早く進級され昨年11月にはカレッジ進学が内定しておりました⭐️

「Yuさん英語の伸びが早いな〜」と思っていましたが、並々ならぬ努力をされていたことをこの体験談を通じて知り、納得しました!

カレッジでも引き続き頑張ってくださいね♪

私たちはこれからも応援しております🚩

コロナが落ち着いたら、Yuさんの後に続きましょう!!!


【体験談】Takuyaさん in New Zealand

こんばんは!

今日の東京はとても天気が良く、少しだけ近所を散歩してきました。
そして部屋の換気もしましたが、久しぶりに気分転換になって良かったです!

今日は体験談のご紹介^^
この春休みで初海外渡航を短期留学という形で経験したTakuyaさんにご協力いただきました😄
どんな1ヶ月になったのかご覧ください♪

お名前:Takuyaさん
ご年齢:21歳
渡航先:ニュージーランド
留学期間:4週間(2020年2〜3月)
学校名:NZLC ウェリントン校
ビザタイプ:NZeTA(電子渡航許可書)

留学をしようと思ったきっかけはなんですか?

一度も海外に出たことがなかったので行ってみたかったから、そして自分のこの目で見たことのない景色を見てみたいと思ったからです。また、将来的に英語を話せるようになりたいとも思っていて、今の自分はどのくらい会話できるのだろうという自分を試してみたい気持ちも留学を考えていく上で芽生えていたので、行ってみようと思いました。

留学を通じて語学学習面で最もためになったことはなんですか?

一番大きかったのは、ホストファミリーやホームステイ先のもうひとりの留学生との会話です。自分と同じ立場の人がいるということで会話もしやすかったですし、何よりホストファミリーのみなさんが新しい単語やよく使われるフレーズを教えてくれたので、すごく勉強になりました。

また、学校の授業の中でよくディスカッションが行われたのですが、そこで自分の意見を英語で言う、という経験が非常にためになったと思っています。自分が持っているボキャブラリーの中でうまく言葉を選んでわかり易く説明することは大変でしたが、自分の中でとても大きな経験となりました。

なぜニュージーランドのウェリントンを選びましたか?実際に行ってみてウェリントンはどんなところでしたか?

初めての留学だったので、アメリカやイギリスといったメジャーな国よりも、より落ち着いていて平和そうな国に行ってみたいと考えたからです。また、周りの友人が行ったことのない国に行ってみようと思い、ニュージーランドを選択しました。

実際に行ってみると、自分の想像以上に平和でとてもいい場所でした。落ち着いた雰囲気があり人々も優しく、素敵な国、都市だなと感じました。首都なのである程度の都会っぽさもありますが、その反面自然豊かな一面もあってとても居心地が良かったです。

留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出をお聞かせください。

自然が多い都市だったので、ありとあらゆる山やビーチに行きました。首都とは思えないほど美しい自然の景色を見ることができて感激しました。

コーヒーやチョコレートも有名みたいで、とても美味しかったです。

また、ウェリントンではバスに乗ることが多かったのですが、乗客が降りる際に運転手の方に必ずお礼を言っていたことがとても印象に残っています。美しい文化だなと思いました。

現地での1日の生活リズムを教えてください。

6:45          起床・準備
7:15       朝食
9:00〜15:15 学校
15:30      友人とお出かけ
18:00      帰宅、夕食
19:00〜20:00入浴、就寝準備
20:00      ファミリーと団らんや映画鑑賞、ボードゲーム
23:00      就寝

留学ステーションの留学相談、サポートはいかがでしたか?

最高でした。初めての留学、海外渡航だったので不安しかなかったのですが、留学の準備をする上で複雑な過程もしてくださったり、丁寧に色々教えていただけたのですごくわかりやすかったです。また、新型コロナウイルスの影響で帰国便が多少乱れてしまったのですが、その際の対応もすごく早くて、そのおかげで日本に無事帰国することができました。ありがとうございました。

今後留学やワーキングホリデーを考えている方に向けてアドバイスをお願いします!

日本では体験できないことがたくさんできるので、行く価値はとてもあります。あまり英語を話すことができなくても気にせず、一歩踏み出してみてください。色んな国の友だちができて人生がより充実したものになります。かけがえのない経験になること間違いなしです。


Takuyaさん、素敵な体験談をありがとう!
今回コロナウイルス の影響で最後の1週間は学校が休校になってしまったり、急遽ニュージーランド国内線が明日から飛ばない!というハプニングで帰ってこれないのではととても冷や冷やした瞬間もありましたが、それ以上に素敵な経験をたくさんされた様ですね✨

体験談には不安が多くと書かれていますが、実際にカウンセリングをしていると全然そんな素振りを見せなかったですね笑
シャワーの時間が少しでも短くできるようにと渡航前に髪をかなり短く切っていましたね☺️

大変な時期での留学になりましたが、きっとたくさんの人の優しさに触れた事でしょう。
Takuyaさんありがとうございました🤗


【体験談】Momokaさん in AUS

,

2020年4月17日

こんばんは!

 

昨日、緊急事態宣言が全国に発令されましたね…

ニュースによる情報ですが、軽症でもひどい高熱と怠さがあるようですね。

今も闘われている方がたくさんいらっしゃると思うと胸が締め付けられます。

“今できること”にフォーカスして留学やワーキングホリデーを予定していた、予定しようと思っていた方は気を落とさず、取り組んでいきましょう!

留学ステーションのお客様からも「英語の基礎勉強ができる時間が増えたと思って前向きに入国ができるようになるまで待ちます!」という声が届いております🥺!!!

 

本日も素敵な体験談が届いておりますので、ご紹介したいと思います✏️

 

【春から看護学生!…その前にずっと行ってみたかったオーストラリア短期留学】


お名前:Momokaさん

ご年齢:18歳

渡航先:オーストラリア

留学期間:3週間

学校名:International House Sydney City校

ビザタイプ:ETAS(電子渡航許可書)

 

①留学をしようと思ったきっかけはなんですか?


元々、英語に興味があり英語力を向上させるためにも、いつか留学してみたいとずっと思っていました。

看護学校に合格したら、ご褒美に留学に行かせてくれるとのことだったので必死に勉強をがんばりました!

 

②留学を通じて学習面で最もためになったことはなんですか?


私はクラスで最年少でしたので、みんなからベイビーと呼ばれていました。

最年少でしたが、クラスのみんなが仲良くしてくれて学校だけでなく、放課後や休日も一緒に出かけることがあり英語を話す機会をたくさん作ることができました。

ホストマザーとファザーがイギリス人とニュージーランド人で子供達が寝た後、私に宿題を2人で教えてくれる時間を作ってくれました。とても勉強になりました。

 

③留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出を聞かせてください。


私の誕生日が丁度、学校の遠足の日でした。

その遠足で、Cremorne Pointに行きました。そこでクラスのみんなが母国語でバースデーソングを歌ってくれました。

ホストファミリーは、サプライズでお家をデコレーションしてくれたり、ケーキやプレゼントを用意してくれて今までで1番の誕生日になりました!

誕生日の翌日はホストファミリーが観光へ、翌々日は友達がオススメの場所にお祝いとして連れて行ってくれました☺︎

 

④現地での1日の生活リズムを教えてください。


5:00 起床・準備

6:50 家を出て電車で通学

8:00~12:15 学校

12:15~16:00 友人と遊ぶ

17:00 ホームステイに帰宅

17:00〜21:00 夕食・ホストシブリングと遊ぶ

21:00〜23:00 ホストファザーとマザーとティータイムまたは宿題

23:30 就寝

 

⑤留学ステーションの留学相談・サポートはいかがでしたか?


最高でした。自分の理想の留学をさせてくれました。

 

⑥今後留学を考えている方に向けてアドバイスをお願いします!


どれだけ短い期間であっても、留学はするべきだと思います!

私は3週間でしたが、ホストファミリーと先生にたくさん褒められるくらい英語が上達しました。

初日の学校はみんな何を言っているかわからなかったけど、最後の週には授業で発言がしっかりでき、海外の友達と無駄話をし過ぎて先生に注意を受けるくらい英語が話せるようになりました。

帰ってきてもう2ヶ月も経ちますが、毎日のように先生、友達、ホストファミリーと連絡を取っています。

先生は私が今までで最年少の生徒だったようで、自分に子供ができたみたい!と言いながら可愛がってくれました。

本当に本当に周りの人に恵まれた留学でした。

シドニー、オススメです!!!

 

素敵な体験談ありがとうございました♪

Momokaさんはとっても明るい性格で分け隔てなく積極的に関わりを持ったからこそ素敵な経験がたくさんできたのだと思います!

時々送られてくるMomokaさんからの画像と近況報告を私は楽しみにしておりました🌟

ホストマザー・ファザーがMomokaさんを本当の娘のように接してくれたとのことでしたが、Momokaさんがしっかり子供達の面倒を見てあげたりしていたことが、ホストマザー・ファザーはとても嬉しかったからだと思います!

まさにホストファミリーは”してもらう”のではなく”家族の一員になること”が重要ということですね👨‍👩‍👧‍👦💗

Momokaさんはオーストラリアで看護師免許を取ることにしたそう!!!

まずは日本の看護学校、大変だと思いますが頑張ってくださいね(╹◡╹)

これからもMomokaさんを応援しております


【体験談】Hanaさん in AUS

2020年4月12日

こんにちは!

留学ステーションのSakiです🌿

 

昨夜、ある方がインスタライブで「この自粛期間に“あれもこれもできない”ではなくて“この機会だからできること”を探したらたくさんあって毎日忙しい」と言っておりました⭐️

・家の中にあるものの断捨離をしてみる!

・世界中の友達に連絡をしてみる!

・自分の将来をゆっくり考えてみる!

まだまだたくさんありますね〜🌼

 

本日も素敵な体験談が届いておりますので、ご紹介したいと思います✏️

 

【初海外!現役短大生の本当に行って良かったオーストラリア短期留学】


お名前:Hanaさん

ご年齢:19歳

渡航先:オーストラリア

留学期間:3週間

学校名:International House Sydney City校

ビザタイプ:ETAS(電子渡航許可書)

 

①留学をしようと思ったきっかけはなんですか?


もともと留学やホームステイに興味はありました。

そして、大学のプログラムで留学があり、春休みを利用して留学をしたいと強く思うようになりました。

しかし、そのプログラムは国もスケジュールも決められていたため、自分で行きたい国や学ぶ環境を決めたいと思い留学ステーションに相談したのがきっかけです。

 

②留学を通じて学習面で最もためになったことはなんですか?


最もためになったのは語学学校です。

日本人以外の生徒は英語をスラスラ話していてペアワークの時に上手く話せないことが申し訳なく感じたり、文法よりもスピーキングの大切さを実感しました。

学校の授業はもちろん問題も説明も全てが英語で行われていたので、最初の1週間はついていくのに必死でしたが、文法を英語で改めて1から学べたのがためになりました。

また、午前のクラスは文法などをしっかり学べて、午後のクラスはゲームなどをしながら楽しく英語を学べるクラスだったので毎日の授業がとても充実していました。

午前も午後も授業内で発言する機会が多かったので、ただ学ぶだけでなくスピーキングの力も少しはついたかなと思います。

 

③留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出を聞かせてください。


1つ目はオーストラリアは季節が日本と真逆なので私が行ったときは夏でした。ビーチに行ったり花火を見たりBBQをしたり夏らしいことがたくさん出来たのがとても楽しかったです。特にシドニーの夜景にはとても感動しました。今まで見たことのない綺麗な夜景を見ることができました。

2つ目は学校が14:30に終わるので毎日のように観光ができたことです。食べ物もいろんな国の料理屋さんがあるのでシドニーにいるのにも関わらず、日本・タイ・韓国・インドネシア・イタリアンなどいろんな国の料理を食べました。もちろんオージービーフもとても美味しかったです!

3つ目は現地でたくさん友人ができたことです。海外の友人だけでなく日本人の友人もたくさんできて放課後は毎日のように一緒に過ごしました。今はSNSがあるので海外の友人とも日本に帰ってきてからも連絡を取ることができて嬉しいです。

 

④現地での1日の生活リズムを教えてください。


6:15 起床・準備

7:00 家を出てバスで通学

8:00~14:30 学校

15:00~ 友人と遊ぶ

18:30 ホームステイに帰宅

19:00 夕食

21:00 宿題

22:30 就寝

 

 

⑤留学ステーションの留学相談・サポートはいかがでしたか?


私は漠然と留学をしたいという気持ちだけで行きたい国も決まっていない状態で相談をしに行ったのですが、何度も何度も相談をしてたくさんアドバイスをしていただいて留学に行く決断ができました。

手続きも全てやっていただけて、分からないことにもすぐに対応していただけました。

最初は不安な気持ちばかりでしたが、行く前には楽しみになってきて、帰ってきた今では行ってよかったという気持ちしかありません。

本当にありがとうございました。

 

 

⑥今後留学を考えている方に向けてアドバイスをお願いします!


留学は簡単には行けるものではないと思いますが、もし留学してみたいという気持ちが少しでもあって留学できる環境にいるなら私はして欲しいです!

私も行く前は不安要素だらけでした。ですが実際行ってみると3週間はあっという間で、一度もホームシックにならずむしろ帰りたくない、もっと居たいと思っていました。英語が話せなくても英語が好きならなんとかなるんだと私は感じました!

留学に行って日本以外の文化に触れることは新鮮で毎日がとても楽しかったです。

英語力を高めるために留学に行くのも大切ですが短期間でも、現地でできた友達や現地での経験はそれ以上の宝物だと私は思っています。

良いことも嫌なことも留学をしなきゃできない経験なので迷っている方がいたらぜひ行って欲しいです!

 

素敵な体験談ありがとうございました💖

Hanaさんは留学に行く決断をする前とした後ですごく表情が変わったのがカウンセリングをしていて印象的でした🥰

Hanaさんにとってたくさんの経験ができた3週間になったようで嬉しく思います!

Hanaさんの言う通り留学は、”嫌な思い” “辛い思い” “悔しい思い”をすることも醍醐味です!チャレンジしたから感じられる感情を私は大切にして欲しいと思っております♪

「現地でできた友達や現地での経験はそれ以上の宝物」まさにその通りですね!

この宝物を大切にこれからの学生生活、就活頑張ってくださいね♪

Hanaさんを応援しております

 


【体験談】Hikaruさん in AUS

2020年4月8日

こんばんは!

留学ステーションのSakiです🌿

 

現状的に留学に行きたくても行けない方がたくさんいらっしゃるかと思います。

長い時間をかけて計画してきた留学を1人でも多くの方に諦めて欲しくないと思い、いつか留学に行けるようになった時に向けてブログを更新していきたいと思います!

 

大分ご無沙汰となってしまいましたが、本日は素敵な体験談が届いておりますので、ご紹介したいと思います✏️

 

【現役大学生、自分で貯めたお金でオーストラリア短期留学】


お名前:Hikaruさん

ご年齢:20歳

渡航先:オーストラリア

留学期間:1ヶ月

学校名:Langports Sydney校

ビザタイプ:ETAS(電子渡航許可書)

 

①留学をしようと思ったきっかけはなんですか?


英語を話せるようになりたいと思ったことがきっかけです。英語に囲まれた生活をすることで、今までとは違った気持ちで英語を勉強できたり、英語を身近に感じることができると思ったからです。

 

②留学を通じて学習面で最もためになったことはなんですか?


レベルによって授業は分けられていましたが、どの授業もペアになって会話をする機会があったり、発音を直してくれたりと英語の基本の部分は全部の授業を学ぶことができました。

授業中に1人ずつ全員が当てられる時は、最初は間違えるのが怖くて不安でしたが、はてなマークを付けながらでも発言してみると先生が褒めてくれたり、正しい文法を教えてくれるので発言することに抵抗がなくなりました。

 

③留学中の印象に残った思い出・楽しかった思い出を聞かせてください。


放課後にお友達とカフェに行って話したり、綺麗な景色のところに行ってみんなで写真をとったりすることがとても楽しかったです。

印象に残っているのはLGBTパレードです。パレードに参加する人も観る人も衣装を着、ストーンなどを付けたメイクをしていてその場にいる勢員がとても輝いていて素敵だと思いました。同性愛者でも堂々とすることができ、周りの人も批判をしたりすることはないというところに感心しました。

 

 

④現地での1日の生活リズムを教えてください。


6:30 起床・準備

7:00 朝食

9:00〜15:00 学校

15:00〜 お友達と一緒にカフェや観光

19:00 帰宅・夕食・ホストファミリーと談笑

20:00 シャワー・宿題・復習

21:30 就寝

 

⑤留学ステーションの留学相談・サポートはいかがでしたか?


留学を行くことも迷っていたのですが、詳しく説明してくれたので行くことを決めることができました。

用意してくれた資料などもすごくわかりやすくて、準備する時に役立ちました。

学校を選ぶ時やお申込みをする時に細かいところまで相談しながら決めることができたので、不安や後悔をすることなく留学をおすることができました。

 

⑥今後留学を考えている方に向けてアドバイスをお願いします!


日本にいる時とは全然違う経験ができました。

英語に囲まれて生活をすることで、英語に慣れることができました。また、英語を話さなければならない状況に置かれたので英語を頑張って話し、話したことで先生は褒めてくれたり、正しい単語や使い方を教えてくれました。

以前、英会話に通っていましたが授業を受けている時はなんとなく聞いて自分から発言することはありませんでした。

しかし、オーストラリアでは先生やお友達の話を理解できるようにしっかり聞き、自分から話すようにすることができました。

留学をしたことで、英語や海外への興味がより沸いただけでなく、色々な国の人と接することで新たな発見をたくさんすることができました。

英語ができなくて辛い思いもしたけれど、それよりも素敵な経験をすることができたので行ってよかったと思います!

 

素敵な体験談ありがとうございました💖

Hikaruさんが送ってくれた写真は色々な国のお友達がたくさん写っていました!

自分から話せるようになったからこそお友達もたくさんできたのだと思います(*^^*)

卒業後、数日旅行にも行ってきたHikaruさん!

念願のコアラとの写真も撮ることができました🐨

この経験をこれからの学生生活、就活に活かしていってくださいね♪

Hikaruさんを応援しております