留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

渡航前に知っておくべき日本のことTOP3!!!🎖

2019年5月19日

 

こんにちは!

 

留学ステーションのSakiです🌿

 

 

留学前って渡航する国についての情報収集をみなさんされるかと思いますが、意外と日本についての情報収集も大切です!

 

「え?これから外国に行くのに?」…と思いますよね😉

でも、語学学校でのコミュニケーションのトピックスは大抵世界共通の話題!

私が実際にハワイとオーストラリアに留学して、海外の生徒さんは母国のことをしっかり話せるほどの情報量を持っています。もしかすると、私含め日本の生徒が1番母国を語れないんじゃないかな…😖と痛感しました!

 

そこで私の経験したことも踏まえ今日は

【渡航前に知っておくべき日本のことTOP3!!!】

をご紹介したいと思います⭐︎

 

 

1:人口・面積

みなさん日本の人口はお答えできると思いますが、「北海道の人口は?」「札幌の人口は?」「北海道って日本で何番目に人口が多いの?」「札幌と東京の人口の差は?」なんて質問が来ます!

面積についても一緒で、「北海道は日本で1番面積が大きいんだよ!」なんて言ってしまった時には「じゃあ面積は?」「どこの国と同じぐらい?」なんて質問も来ます!

上記の質問、みなさんはいくつわかりましたか🤔⁈

 

2:文化

会話の授業で母国の文化について話し合いましょう!というトピックスは在学中に絶対と言って良いほど出てきます👩‍🏫

日本独自の文化ってすぐに思い浮かびますか?日本のアニメが海外でかなり人気のようで日本の文化は意外と海外の方が知ってくれています。

「着物って何?」「着物と浴衣の違いって何?」

「年越しそばって何?」「どうしてうどんじゃなくてそばなの?」

なんて会話になることもあります👘

 

3:情勢

このご時世、様々な世界情勢がありますよね。世界共通で問題となっていることについては話すことができても、「日本の情勢は?」「日本は何が今問題になっているの?」と聞かれて思い浮かぶものはしっかりあるでしょうか?

地震大国日本、では地震に対してどのような対策がとられているのか、どこまで復興されたのかということは知っているでしょうか😌⁈

 

日本にいる時に少しでも情報収集していくといかないじゃ、会話の深みがだいぶ変わってきます💡

会話が止まってしまってはせっかくの機会がもったいないので、渡航前に1度日本について調べ直すのも良いことだと思います(*^^*)

 

ぜひ参考にしてみて下さいね!!


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

【留学FQA】ワーホリに行きたいけど、学校は通ったほうがいいの?〜語学学校に通う3つのメリット〜

,

2019年5月17日

【留学FQA】ワーホリに行きたいけど、学校は通ったほうがいいの?〜語学学校に通う3つのメリット〜

 

 

こんばんは、Yuです!

 

みなさん、いかがお過ごしですか??

 

先週末気温が低い日が続いたりした関係で、街中も留学ステーションにいらっしゃるお客様も、ちょっと風邪気味の方が多いような気がします😖

 

スタミナ料理を食べたり、暖かくするなどして、風邪を引かないようにしてくださいね!

 

 

それでは、本日はワーホリを目指すお客様からよく質問のあるこちらテーマをお伝えしたいと思います。

 

 

本日のFQA:「語学学校は通ったほうがいいの?」

 

 

 

 

 

結論から言うと、Yes!!留学ステーションは語学学校に通うことをお勧めしています!

 

 

以下ではワーホリにおいて語学学校に通うことのメリットを3つご紹介します😉

 

 

 

1.英語力がつく

 

 

言わずもがなですが、語学学校では英語の力を養うことができます!

 

日本から現地に行ってまず苦労するのが「言いたいことが言えない」、「何をいってるかわからない」という点ですよね😨

 

これから英語の世界で働くのに、お客様が何いっているのか聞き取れない、お客様に商品の説明をできない状態でお仕事ができないですよね😣

 

そのため、「学ぶ」だけでなくネイティブ英語に「慣れる」ためにも学校に通うことをお勧めします🙌

 

「英語の環境にいるだけで慣れるのでは?」と思われるかもしれませんが、確かにある程度慣れはしますが時間がかかり質的にも限界がきてしまいます😞

 

特に大人の場合は外国語や第二言語として言葉を学ぶには体系的に学んだほうが質よく圧倒的に伸びるのです🏫

 

さらに、語学学校で学べるのは一般英語だけではありません。

 

Business, Academic, Cambridge, TOEIC, TOEFL, IELTS, GRE, GMATなどなど、様々なニーズに応えてくれるのです!

 

しかし、これはどこの学校でも開講しているわけではないので、詳細が気になった方はカウンセリングを受けられることをお勧めします🤗

 

 

2.人脈が広がる

 

 

 

渡航前から現地に知り合いがいれば心強いですが、そのようなお客様は極めて珍しいです😵

 

到着早々わからないことだらけで、頼れる人もいないと不安ですよね。

 

そんな時に語学学校で知り合ったクラスメイトや先生、そしてホストファミリーや現地サポートスタッフのような存在がいることで、精神的にも落ち着いて留学生活をスタートすることができます!

 

 

 

3.様々な情報が得られる

 

 

 

語学学校には、似た境遇の生徒さんが多数在籍しています!

 

同じタイミングで到着し、同じタイミングで働き出す。

 

あるいは、ちょっと先に到着し、一足先に学校を卒業する人もいるでしょう。

 

そういった仲間が身近にいると、日々自分に必要な情報が得られるのです😀

 

いつ頃からどんな仕事を始めたらいいのか、お仕事探しはみんなどうしているのか、ホームステイからシェアハウスに移る時はどうしたらいいのか、ネットには載っていない治安のお話などなど、同じ境遇だからこそ持っている情報を共有し合えるのも学校というコミュニティーの強みですよね✨

 

 

 

 

いかがでしたか?渡航前に十分な英語力とネットワークがあれば怖いもの無しですが、なかなかそうはいかないですよね😣

 

 

今回ご紹介したように、語学学校には英語を学ぶ以外にも機能があるのです❤️また、国や学校によって色々な特色があるので、詳細を知りたいと思われた方はこちらから個別カウンセリングのお申し込みをお勧めします!

 

 

また、2019年5月21日にカナダ🇨🇦の語学学校からスタッフの方をお招きして特別セミナーを開催しますので、こちらもご活用ください🙋‍♀️🌟

 

 

それでは、また次回お会いしましょう!

 

See you next time🍀


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

海外で携帯電話📱はどうすれば良いの⁈

2019年5月16日

 

こんにちは!

 

留学ステーションのSakiです🌿

 

ようやく北海道にも春が来ましたね🌷

大通り公園では『札幌ラーメンショー2019』が開催されているようですよ!

平日の大通り公園もとっても賑わっていました🍜˚✧

 

 

弊社では渡航の約3〜4ヶ月前に『渡航前のしおり』で公的手続きのやり方やお家探し、仕事探しの方法、渡航中の注意事項などご案内しています☺️

 

そこでよくお客様が困っているのは…

海外で携帯電話📱はどうすれば良いの⁈ ということです。

実際、SNSを利用するのみでは無く、何と言っても地図が使うことそしてホストファミリーや学校スタッフと連絡を取ることについてはとっても重要になってくるかと思います。

私もワーキングホリデーに行く前、携帯電話の持って行き方についてはかなり悩み、調べに調べました🤓💡

 

そこで今回は携帯電話の持って行き方についてご説明いたします☝️

 

 

【携帯電話を解約する】

こちらは携帯料金がかからないというメリットがありますが、日本に帰国した際に携帯電話を再契約しなければないというデメリットがあります。

渡航先でWi-Fiがある場所ではアプリの使用は可能ですが、Wi-Fiが無い場所ではアプリも使えませんし、通話はできません。

長期で滞在する場合は現地でポケットWi-Fiを契約するか新たに携帯を買う必要があるでしょう!

 

【携帯電話を最低料金の設定にする】

こちらは一時帰国をした際にすぐに使用でき、電話番号と、メールアドレスが維持することができるというメリットがありますが、維持費用(各キャリアや機種代を払い終えているかなどでも変わってますが最低1000〜2000円はかかるでしょう)がかかるというデメリットがあります。

 

【携帯電話を休止しSIMフリーにする】

1番オススメしている方法です!!!

こちらは月々500円〜600円(それぞれのキャリアで異なります)かかるというデメリットがありますが、携帯電話番号とメールアドレスが保管できるというメリットがあります!!!

そしてSIMフリーにして行くと渡航先で相場30〜40ドルでSIMが買えます📳

Wi-Fiを気にせず携帯番号も持つことができるのでオススメです🌟

ただ、SIMフリーにするには色々と条件があるのでキャリアにお問い合わせしてみましょう♪

 

渡航前にあれこれ準備することがありますので、まずは携帯電話から解決しましょう😁😁😁

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

【英語学習】超入門編その4〜文に「どこに」情報を足してみる〜

2019年5月12日

【英語学習】超入門編その4〜文に「どこに」情報を足してみる〜

 

こんばんは、Yuです🍀

 

 

早いもので5月も中盤に差し掛かりますね!

 

GWロスからみなさん立ちなおられましたか😌

 

留学ステーションは花粉症と闘いながらも元気に営業しております😷

 

 

最近は、夏休みを利用した短期留学のお客様や、来年度に向けて準備を始めたいというお客様が増えていますね✈️

 

 

航空券は日にちが近くなってしまうと価格がびっくりするくらい高騰してしまうので早めの準備がオススメです✈️💸💔

 

 

夏休みの留学をしたい!ご検討中の方、無料カウンセリングのご予約はこちらから!

 

 

 

それでは、ちょっと時間が空いてしまいましたが、英語学習の本題に入っていきましょう!

 

本日のお題はこちらです

 

 

「文にいろんな「どこに」情報を足してみる」

 

 

前回は、”There is(are)”, “This is (These are)”を使って簡単な文を作ってみましょう、というのがトピックでした。

 

 

日本人の使えない英語の代表例として“This is a pen.”がよく例に挙げられますが、「これは〜〜です」以外にも、「こちら〜〜さんです」「こちら〜〜になります」など文脈によって便利に使われる表現なんですよね😽

 

 

前回の詳しい内容はこちらで確認してみてください^^

 

 

さて、本題へと戻りましょう。

 

前回この画像を使って文を作ってみました。“This is”, “They are”と使ってこの画像から

 

 

Ex] This a poster.

This is a chair.

They are books.

They are my photos.

 

などの文が作れたと思います。

 

次に、”There is”, “There are”を使ってこの画像から

 

Ex] There is a clock.

There is a black table.

There is a big gray sofa.

There are two small sofas.

 

などの文が作れたと思います。

 

 

今回は、この文に更に情報を付け足したいと思います!

 

どんな情報かというと、「どこに」に関する情報です。

 

場所を説明したいときは前置詞を使います!

 

基本的にはin(〜の中に), on(〜の上に、〜にくっついて), at(〜のところに、あたりに), between A and B(AとBの間に), next to A(Aの横に), behind(〜の後ろに), in front of A(〜の前に),などを使います。

 

 

そして、この「どこに」情報は基本的には文の最後の方にくっ付けます。

 

Ex] There is a big black table in the room.

 

 

結構長い文になってきて気づいた方もいると思うのですが、英語って語の並びが日本語とは違うんですよね!日英を並べてみましょう。

 

 

英:There is a big black table in the room.

日:部屋には黒くて大きいテーブルがあります。

 

 

英語の語の並びを無理やり日本語に置き換えるとこのようになります。

 

 

あります/(物、人)が/(どこ)に

 

 

日本語で思い浮かべた文を語順そのままに英語にしようとするとはちゃめちゃな文になってしまうのはこのせいなんですね、、、😭

 

 

英語の基本的な語の並びに関しては後日また改めてご紹介したいと思います💻!!

 

 

それでは、実践です!先ほどおさらいした文にin, on, at, between A and B, next to A, behind, in front of A,などを使ってどこ情報を付け足してみてください!

 

 

There is a clock (どこに).

There is a black table(どこに).

There is a big gray sofa(どこに).

There are two small sofas(どこに).

 

 

それではまた次回お会いしましょう👏

 

 

See you next time!


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

【留学FQA】留学先はどのように選んだらいいの?〜国・都市選び編〜

2019年5月9日

【留学FQA】留学先はどのように選んだらいいの?〜国・都市選び編〜

 

こんにちは!Yuです😀皆さんはどのように10日間を過ごされましたか??休みが長かった分再適応ができない〜〜😢💔なんて声もニュースで聞こえてきますが、あと少し踏ん張れば週末なのでなんとか乗り切りましょう😃!!

 

 

 

留学ステーションのGWはというと、近く渡航されるお客様の出発前のオリエンテーションを行ったり、遠方からカウンセリングにいいらしたお客様をお迎えしたり、オーストラリアの語学学校から現地スタッフの方をゲストにお迎えしたり、普段と変わらないような少し違うような雰囲気の中営業していました🍀

 

詳しくはインスタグラムをのぞいてみて下さい👀!

 

さて、本題へと参りましょう!

 

 

本日のFQA:「留学先はどのように選んだらいいの?」

 

こちらもやはり皆さん悩まれるところですよね!

 

 

留学ステーションにいらっしゃるお客様の大半は「英語力をつけたい」「英語でコミュニケーションができるようになりたい」という動機でカウンセリングにいらっしゃいます。

 

では、同じスタートにたってから皆さんどのように国選びをしていくのか、いくつかのパターンをご紹介します。

 

 

1. 費用で選ぶ

 

「なんとなく、留学と言えばアメリカと考えていますが、、、」

「英語を学ぶなら、英語発祥の地イギリス、、、かな?」

「オーストラリア、カナダ、どっちにしようか迷っていて、、、」

「フィリピンって、安い、、んですよ、、ね?」

 

といったお客様は、お見積もりをもとにカウンセリングしたのち渡航先を決められる方が多いです✌️

 

例えば5月7日現在のレートを見てみましょう!

🇺🇸アメリカドルは1ドル111円

🇬🇧イギリスポンドは1ポンド149円

となっています💸

 

ここだけ見れば、アメリカに行く方が安いのかな?と考えがちですが、国、学校、時期、滞在携帯によって授業料や諸費用には違いが出てきます😯

 

また、あまり知られてい点として、渡航先とビザの形態によって授業を受けられる時間数に制限があったりもします(°_°)

 

そのため、カウンセリングで諸々のご説明をし、お見積もりを元に渡航先を決められる方も少なくないのです。

 

 

2. 学習・生活環境で選ぶ

 

こちらもまた決定打になることが多いポイントです👍

 

「落ち着きがあり、伝統を重んじる街に住んでみたい📚」

「交通の便が良くて、洗練された都会で学んでみたい🏙」

「北海道では体験できない、リゾート地のような雰囲気とマリンスポーツを堪能したい🏄‍♂️」

 

など、留学の目的に応じてお客様それぞれ求められる住環境や学習環境も異なります。

 

旅行や短期での留学なら普段とは何かと違う環境を、長期滞在なら無理なく馴染めそうな環境を選ぶ、というのも一つ大事なポイントではないでしょうか

 

 

3. やりたいこと、学びたい事で選ぶ

 

ワーキングホリデーや語学留学は、英語の勉強のみにとどまらないのも魅力の一つです💕

 

例えば、サーフィンができたり、バリスタコースが用意されていたり、コンピューターを英語で学べたり、地元の学生に街案内をしてもらいながら友だちのように会話の勉強ができるオプションがあったり😸

 

国や地域の特性を生かしたオプションで選ぶのも、渡航先選びのポイントの一つですよね

 

また、語学学校によって開講してる試験対策コースや強みが異なってもきます🤔

 

学びたい事にフォーカスすると、国選びというよりも学校選びの要素が大きいかもしれません🎓冒頭でも少しお伝えしましたが、GW中に訪問していただいたオーストラリアのとある語学学校のスタッフの方からお聞きした貴重なお話も踏まえ、次回語学学校選びについてお伝えしたいと思います🙂

 

 

いかがでしたでしょうか^^留学に行きたい気持ちは決まっていて、行き先で悩んでいる、、、という方はぜひ一度カウンセリングでお話をお聞かせください😁

 

オーストラリア、カナダ、イギリス、ハワイ等に長期滞在経験、その他様々な国や地域に訪問経験のあるスタッフがお待ちしています

 

 

カウンセリングをご希望の方はこちらからご予約ください🖥!

 

 

それでは、次回またお会いしましょう🙏

 

See you next time🍀


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

オーストラリア ワーキングホリデービザ4月からの変更点!

2019年5月3日

こんばんは、留学ステーションのYukaです٩( ‘ω’ )و

みなさんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?^^
長い方だと10連休かと思います∑(゚Д゚)
10日もあれば1週間の短期留学もできますね!

弊社のお客様にも大変人気なオーストラリアのワーキングホリデービザですが、4月からオンライン申請のフォーマットが大幅に変更になりました💡
また、今まで必要のなかった英文残高証明書の添付を求められる様になりました。

ご自身で申請を進めている方も多いかと思いますが、こちらの変更点に十分ご注意ください。
弊社ではお客様にご案内する際、
個人名義のオーストラリアドル建て英文残高証明書
の取得をお願いしております。
金額は50万円程あることが証明できれば問題ありません。

弊社では学校の手配をさせていただいたお客様のビザ申請サポートも無料で行っておりますので、お任せいただいて大丈夫です^^

ビザ申請はとっても神経を使う大切な作業ですので、慎重に進めていきましょう✨


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

Kaplan International Englishをクローズアップ!〜オークランド校〜

2019年5月2日

こんにちは!

 

留学ステーションのSakiです🌿

 

 

ついに平成の時代も終わり、令和の時代が始まりましたね!

平成の大晦日なんていう特集が組まれていて、平成生まれの私は何とも言えない悲しい気持ちになったのですが、平成を共にした仲間と一緒にお花見🌸をして悔いなく平成を締めくくることができました😊🙌

 

皆さまはゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか⁈✈️

 

 

それでは本日も各都市のKaplan International English校についてご紹介します📣

 

《オークランド校》

【校舎】

建物全てがKaplan オークランド校!

外観が可愛くて入学を決めたなんていう生徒もいらっしゃいました😻

 

 

【アクセス】

ニューマーケット駅から徒歩15分!

今まで紹介してきた校舎の中では少し歩く時間が長いです🚶‍♀️

 

 

【学校周辺の環境】

校舎の前にある公園を挟んだ先にカフェ☕️や日本食レストラン🍣がありテイクアウェイできるとのこと

昼食を買うスーパーなどは周囲に無いですが、ここの日本食レストランの巻き寿司は美味しかったですよ😚

 

 

【外観からのわかりやすさ】

キャンパスタイプで看板も大きく表示されているためわかりやすいです🏫(第二校舎は古風な感じではないのでご注意を⚠️)

 

【内装】

古風な校舎はアットホーム感がある内装でした🌟

教室内にエアコンがありませんので服装で体温調節は必要そうです👚

ただ、風通しが良いため過ごしやすいとのことでした👌

 

 

【校内の雰囲気】

校舎が温かみがあるからか、生徒もアットホームな感じがありました👩‍🎓💗

国籍関係無くみんなフレンドリーに接していましたよ👬

 

 

【生徒の特徴】

長期で通っている生徒が多いようでした!

訪問した時期も関係していると思いますが、1クラスの生徒がやや多くクラス全体というよりは小グループでの取り組みが多かったです👨‍🏫

 

 

【生徒の声】

・国籍バランスが良い!

・クラスの雰囲気が良い!

・渡航前に聞いていた話と実際のカプランは違わない!

・仕事は割と見つけられる!

・高級住宅地エリアのため治安がよい!

・多国籍の友達がたくさんできた!(中級以上の生徒の意見)

 

 

【国籍バランス】

全体的にバランスが良い!

 

 

【日本人スタッフ】

Yoshieさん💐

対面式でのサポートは毎週火曜日のみですが、24時間対応で電話での対応はしてくれています😊

何かあった時に頼れる日本人スタッフが居るということはとても安心できますね♪

 

【私から一言】

オークランドのダウンタウンは高いビルがたくさんあり小さなシドニーのような印象でした🏙

ダウンタウンにはジャパニーズレストランも多くまずはジャパニーズレストランからとお考えの方も多いと思いますので、職探しはそこまで難航しないとのことでした!

学校側のサポートとして入学初日に警察の場所や電車の乗り方について説明し、2日目には銀行口座の開設のお手伝いをしてくれるなど手厚いです🤝🌼

出席率対しては厳しくしているそうで、生徒全員の出席率が廊下に張り出されていました!!!

ケンブリッジの試験会場でもあることからケンブリッジ試験を考えている方にはもってこいの学校かと思います📔

毎週金曜日に外で卒業セレモニーを行っていて生徒の努力をみんなで褒め合うというとても素敵な催しもありました🎓

卒業する生徒さんはみんなの前でスピーチをします🎤

学校生活の集大成ですね☆

↑セレモニーの様子

 

ぜひ参考にしてみてください😁


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

【留学FQA】短期留学のメリットとは?

2019年5月2日

【留学FQA】短期留学のメリットとは?

 

こんにちは!Yuです

GWも半分が過ぎましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

本日のFQA:「短期留学のメリットは?」

短期留学でどれくらい英語は上達するの?

どんなメリットがあるの?

こちらも留学ステーションでよく受ける質問です。

結論から言いますと、短期留学で物凄く話せるようになるわけではない、というのがお答えになってはしまいます😲

事実いくら英語浸けの環境とはいえ、2週間、あるいは1か月英語圏に行ったからといって“ペラペラ”になることは難しいでしょう。

じゃあ、行く意味あるの?と思ってしまいますよね。

そこで以下では短期留学から得られるメリットを3つ取り上げて紹介します。

 

1. 費用が安く抑えられる

短期留学はなんといっても時間、費用の面でコンパクトにおさえられるのが人気の理由ですよね。

滞在費、授業料共に最小限におさめられるのがこの短期留学です!

学生さんであれば、夏休みや春休みを使った4週間のプラン、社会人の方であれば有給を使って2週間フィリピンでスパルタコースやバカンスも兼ねてマルタへ2週間など、お好みやライフスタイルに合わせてお気軽に利用していただけます。

 

2. 旅行よりもより深く現地を知ることができる

1週間でも、2週間でも、学校に通ったりホームステイをすることで、旅行ではできない現地の人と濃いコミュニケーションができるのも留学ならではですね。

例えば、語学学校の授業で現地の言葉や文化を習ったり、他の国の生徒と交流出来たり。

あるいは、ホストファミリーと一緒に観光客はなかなか見つけられないお店やレストランに行けたり、実際の家庭料理が味わえたり。

短期間で地元をより深く知りたいのであれば、持って来いですね!

 

 

3. その後の長期留学、仕事、英語学習のモチベーションになる

留学ステーションのお客様でも実は多いパターンです。

夏休みにロンドンに行ってみたから、春休みは同じ語学学校のバンクーバー校に!

シドニーでの短期留学がとても良かったので、今度はシドニーでワーホリに挑戦!

なんてお客様もたくさんいらっしゃいます!

また、次の留学とは限らずその後のお仕事や英語学習のモチベーションアップにもお役立ちしているのが短期留学です。

 

いかがでしたか。

たとえ短い間の留学であっても、気持ちと活かし方ひとつでとっても有意義なものになる短期留学!

 

短期留学、国選びなどでまず相談してみたいと思われた方は、はこちらからカウンセリングのご予約をお願いします!


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

【留学FQA】初めての英語環境で大切な3つの心構え

2019年4月25日

【留学FQA】初めての英語環境で大切な3つの心構え

 

こんばんは。留学ステーションのYuです

 

ある日の仕事帰りのことです🚶‍♀️。

4月17日からレンタルになったボヘミアンラプソディーを借りるのを楽しみに意気揚々と某レンタルショップに行ったら、まーーーから、カラ、空箱祭りなのです🙀🙀!

久々にがーーーっくりしました。

 

ある記事によると6月まで品薄状態は続くそう…

私はいつになったらラミ・マレックに再会できるのでしょう😭💔

 

さて、今日は留学ステーションご利用の皆さんからのご相談も多い質問、お悩みを取り上げたいと思います☝️

 

短期留学、長期留学、ワーキングホリデーなどを考えている皆さんは、異なる言語や文化の中で生活することに期待と共に様々な不安や疑問を抱えていることと思います

この記事では、そんな皆様のお悩みに少しでも役立てていただけるよう、ちょっとしたアドバイスを差し上げたいと思います🤗

 

本日のFQA:「英語が通じるか心配です」

 

それを試すのが留学、上達させるのが留学の大きな目的の一つなのです!だから、そんなに心配しなくても大丈夫です!

とは言え、やっぱり不安ですよね。。。😿

以下では英語に囲まれた環境で大事な心構え3つを紹介します。

 

1. 分からないまま話を進めない

カウンセリングの際にお伝えすることもありますが、分からない事は理解できるまで聞き返しましょう!

何かと遠慮がちの日本人の多くは何回も同じことを聞くのに抵抗があるかもしれませんが、留学先で出会う多くの人はノンネイティブに対して寛容ですし、言葉が通じないと言う場面にも慣れています。

ちょっとした会話であれば大きな問題にならないかもしれませんが、アルバイトやルームシェアなどの交渉の場面で分かったふりをしてうまく言いくるめられては大変ですよね😵❗️

なので、遠慮せず何度も聞き返す勇気を持ちましょう!

 

2. 自分の言いたいことが伝わったか確認する

こちらも、遠慮がちな日本人にとっては少し難しいかもしれませんね

でも①と同様、自分の意思とは違った結果になってしまわないように、しつこいくらい確認しましょう!

特に、ホストファミリーと予定の確認やルルーを確認する時、授業で説明や意見を求められた時は確認する勇気を持ちましょう!

 

3. 家族やクラスに溶け込む姿勢を持つ

日本人の多くは、どこか遠慮がちで、受け身の人が多いですよね。

そんな気持ちを汲んで周りの人が話しかけてくれればラッキーですが、ずっと続くと積極性がないな、私たちと仲良くする気はないのかな?なんて思われかねません

最初のうちは、聞き取れなかったり、うまく言葉が出てこなかったりで心が折れそうになりますがそこで諦めずなんとか会話に食らいつきましょう🙄

 

私の友達で「途中で話についていけなくなるかもしれないけど、仲間に入れてね。頑張ってリスニングするから!」と言って果敢に粘り強くネイティブの輪に入り、ものすごい早さで上達した子もいました。

 

 

いかがでしたか。

出発前、着いてすぐは英語が通じるか不安、コミュニケーションが取れるか不安と感じるかもしれないですが、3つの心構えを参考に、粘り強く頑張ってみてください!

頑張って理解しよう、伝えようとしている気持ちは絶対に伝わります。

 

少しだけ「恥ずかしい」の殻を破って、せっかくの留学の機会を最大限に活かしましょう!

 

 

 

まずは留学について聞いてみたい!相談したい!と言う方や、もっと具体的な相談がしたい!と言う方はこちらからカウンセリングのご予約を🍀


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

Kaplan International Englishをクローズアップ!〜メルボルン校〜

2019年4月24日

こんにちは!

 

留学ステーションのSakiです🌿

 

 

今週末から10連休が始まりますね⭐️

みなさんのご予定はお決まりですか?

毎日学校や仕事に追われ、なかなか留学について相談に行けていない…

そんな方はぜひ!留学ステーションにお越し下さい♪

令和の日5月1日を除いてGW毎日営業していますよ💪

 

 

 

それでは本日も各都市のKaplan International English校についてご紹介します📣

 

《メルボルン校》

【校舎】

建物全てがKaplan メルボルン校!

 

 

【アクセス】

サザンクロス駅(トラムの駅)から目の前!

 

 

【学校周辺の環境】

校舎の裏側に5分程度歩いたら港があり、その周囲にアイスクリームショップやレストランがあります🍦🍝

ダウンタウンまでは無料トラムで10〜15分程度🚃!!!

 

 

【外観からのわかりやすさ】

全面ガラス張りのおしゃれなキャンパスであり、大きく看板もあるのでとてもわかりやすいです!

 

 

【内装】

ブリスベン校同様とても綺麗で開放的!

全面ガラス張りのため光が入ってきて校内は明るいです☀️

なんと!!!カフェが入っています☕️🥐

このピーナツクロワッサンは絶品でした😘

 

 

【校内の雰囲気】

スタッフのテンションがとても高く笑顔であふれていました❤️

生徒と先生の距離も近い印象でしたよ😄

 

【生徒の特徴】

中級レベルのクラスを見学させて頂きましたが、みなさん真剣に授業に取り組んでいました!

プリントを配られてもまずはわからない単語は無いか先生が確認し、みんなが内容を理解した上で取り組んでいるため、内容がわからなく取り残される…なんて様子はありませんでした👨‍🏫

 

 

【生徒の声】

・国籍バランスが良い!

・ロケーションが良い!

・授業・先生の質が良い!

・勉強をしたいと思っている生徒にはサポートが良い!

・ワークショップでカフェのサービスについて学べる!

・アクテビティが充実している!

・English Only Policyが守られている!

 

 

【国籍バランス】

全体的にバランスが良い!

 

 

【日本人スタッフ】

Mioさん💐

元々校長先生と別の語学学校で働いていたことから、スタッフとのコミュニケーションが長けている方です*

娘さんがいらっしゃることから生徒への話し方も親近感があり、とにかくパワフルでした🤗

 

 

【私から一言】

テキストでは小さく説明されている部分も日常な会話の中で先生が重要と思う部分は他にプリントを用意して授業を行っていました👩‍🏫

グループワークの1グループが少人数のため、積極的に取り組む環境ができているように見受けられました👭👬

校舎があるドックランド地区は高級住宅地なので落ち着いていて勉強に適している環境で、ダウンタウンにも無料のトラムで行けるのがとても良いところだと思います🚞

トラムの乗り心地も良かったです😉

 

ぜひ参考にしてみてください😁


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

【英語学習】超入門編その3〜文にしてみる〜

2019年4月22日

【英語学習】超入門編その3〜文にしてみる〜
 

こんばんは、Yuです😃
 
いよいよ10連休!!皆さんはどこかに行かれるご予定はあるのでしょうか🎶
 
とてもありがたいことに、先週からGW期間中のカウンセリング予約も増えてきています☺️
 
夏休みの短期留学や、秋出発のワーキングホリデーの相談でいらっしゃるお客様も多く、皆様のワクワクをサポートさせていただけるかと思うとスタッフもワクワクしてしまいます💕
 
いろんなワクワクに満ち溢れる春🌸春って、いいですね(花粉さえなければ、、、😷)
 
 

ぜひこの連休を利用して、皆さんもオフィスに遊びにいらしてください!
無料カウンセリングのご予約はこちらから。
 
 
 
 
さて、前回は単語(名詞)に単語(形容詞)をくっつけて、より詳しく描写する方法をお伝えしました。
 
前回の画像、いくつ説明できたでしょう^^
 

 
 
 

a white clock(白い時計)
a black table(黒いテーブ)
a big gray sofa(大きな灰色のソファー)
a big rug(大きなラグ)
two small black tables(2つの黒いテーブル)
two small sofas(2つの小さなソファー)
などがありましたね!
 
 

それでは、今回はいよいよ文をつくっていきますよ!
 
こうなってくると、より“英語勉強してる感”が出てきますよね😆
 
型さえマスターすればいくらでも応用がきくので今回は楽チンな回です✌️
 
今回マスターするのはこちら👇すごくシンプルですが、基本的な、実はとてもよく使われる表現です!

 

 
 

感の良い方は気づかれましたね!もちろんここでも単数、複数の使い分けが必要です。
 
1つしかないものを表したいときは“is”、2つ以上を言い表したいときは“are”を使っていきます。
 
では早速実践!
 

 

【練習:This is~~~./ They are~~~.】

 
早速、画像の女の子になったつもりで試してみてください!
 

 

英語を喋るクレヨンしんちゃんが自分の部屋にきて、
 
“What is this?/ What are they?”
(ねえねえお姉さん、これ何?)
 
と質問ぜめにあっていると想定します。
 
“This is~~~. / They are~~~.”
 
と答えてみてあげましょう!
 
例)This is a chair. (これは椅子よ。)
 
いくつ答えられるでしょうか^^
 
 

ちなみにこの型、物だけでなく人を言い表すときも使えます。
 
例えば留学先のホームパーティーにお呼ばれしたとき🤝
 
“This is my friend, Satoshi.
(こちらが友達のサトシです。)
 
という風に、お友達や家族を紹介することもできます。
 
 

【練習:There is ~~~./ There are~~~.】
 
次は、客観的にこの部屋の中にあるものを説明してみてください!
 
前回作った語のカタマリを再利用してみましょう!
 
例) There is a white clock.
 
 

 

 

いかがでしたか!3回目にして文が作れるようになりました!
 
ちょっと飛ばしすぎでしょうか・・・?
 

 

次回、上の画像から作れる文をいくつか紹介し、文をさらに大きくする技をおつたえしたいと思います。
 

 

それではまた次回お会いしましょう👋
 
See you next time!


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

Kaplan International Englishをクローズアップ!〜ブリスベン校〜

2019年4月21日

こんにちは!

 

留学ステーションのSakiです🌿

 

 

先週やっと暖かくなったと思ったのに、まだまだ寒い日々が続いてますね🌬

オーストラリアも秋になったようで、朝・晩の気温がグッと下がっているみたいです!

渡航中の方、渡航予定の方、しっかり羽織物を持ってお出かけしてくださいね🌷

 

 

 

それでは本日から各都市のKaplan International English校についてご紹介します📣

 

《ブリスベン校》

【校舎】

ビルのグランドフロア、4階、5階!

 

 

【アクセス】

セントラル駅から徒歩5分!

 

 

【学校周辺の環境】

グランドフロアにややお値段は高めですが美味しいカフェがあります☕️

徒歩5分のセントラル駅周辺にはスーパーマーケットなどもあります🥐🍹

 

 

【外観からのわかりやすさ】

ビルの中に入っているため看板はありますが、ややわかりにくいので学校が始まる前に一度学校に行ってみることをオススメします🚶‍♀️Google Mapを使うとすぐに辿り着けます!

 

 

【内装】

とても綺麗で開放的!

各階によってテーマカラーが異なるのも気分転換になります🚥✨

 

 

【校内の雰囲気】

校舎は広いですが、生徒と先生の関係は近くアットホーム感あり❤️

国籍を越えて生徒全体で挨拶を交わしている姿が印象的でした!

 

 

【生徒の特徴】

中級クラスを見学させてもらいましたが、クラスの全員が真剣に授業に取り組んでいました

積極的に発言している様子も見受けられ、日本人の生徒も頑張っている様子でした👏

 

 

【生徒の声】

・Kaplan独自のK+ツールは授業では使わず、自宅学習に使っている!(使っていなかったら先生から注意を受けることもあるそうです)

・アクティビティを先生と生徒で考えているため、参加率が高く生徒みんなが仲良し!

・オーストラリア英語も教えてくれるため、授業がより楽しいし、外で活かせる!

・ブリスベンというロケーションは良い意味で誘惑が少なく、平日(学校)と休日のメリハリができる!

・リアリティショックが無く過ごせている!

 

 

【国籍バランス】

下級に南米、中級にアジアがやや多いが全体的なバランスは良い!

 

 

【日本人スタッフ】

Kiyomiさん💐

最近ブリスベン校に入られたようですが、生徒との距離が近くとても親身にサポートしていらっしゃいました☺️

日本人スタッフがいることは大きな心の支えになりますね*

 

 

【私から一言】

校舎の周りに緑も多く、校舎も綺麗で広々としていました🌱

各階にカフェテリアがあるためか生徒同士の距離感も近く感じました👫

生徒全体的に切磋琢磨して学校生活を過ごしている印象で、生徒が学習しやすいようにコンピューター室や図書館も充実していました📗🖥

Kaplan独自のシステムK+の使い方について初日のオリエンテーションで詳しく説明しているため、利用している生徒も多いというのはとても良いことだと思いました✌︎

各国を代表した生徒と先生がアクティビティを一緒に考えているのはとても楽しい取り組みだと思いました🌈

 

ぜひ参考にしてみてください😁


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求