海外留学での衣服について👗|留学ステーション

MENU

閉じる

海外留学での衣服について👗

こんにちは!札幌留学ステーションのSakiです😊

最近は暖かい日が続いて、札幌にも半袖をきている人がちらほら伺えますね👕👀

 

みなさんは衣替えの準備はできているでしょうか?私は、未だに夏に向けて夏服を買いにいかなきゃ〜とおもっているところです🌞💦

ということで今回は、留学をする際の衣服についてお話したいと思います👗🌿

 

①留学に持っていくべき衣服の量

まずは衣服の持って行き方についてお話します👜

スーツケースには最小限の衣服を持って渡航することをお勧めします😇 帰国の際にはお土産や現地で買ったもので渡航時よりもスーツケースが満杯になってしまうので・・・💦

渡航する時期に必要な衣服をもっていくだけで十分です👍

(ちなみに私はシーズン分すべて持っていってしまったので、カナダで衣服を減らす作業が大変でした💦)

 

ただ少量とはいっても、ホームステイ先では週に一回の洗濯をする家庭が一般的なので、ホームステイをされる方は最低でも約一週間分の衣類は持っていくことをお勧めします👕👖!

 

David Hilowitz

 

 

②渡航先での洗濯事情🐳

次に海外留学先での洗濯事情についてお話します😊

 

ホームステイ先では、先ほどもお話したように、週一回の洗濯が一般的です。また、シェアハウスでは、洗濯機付きのお家とそうでないお家があるので、留学中に家を探す上では、ランドリーの有無も確認しておくべき大事なポイントです☝

 

ランドリーがないお家に住むと、家から近いコインランドリーに通う形になってしまうので、少し大変かと思います😫👟

 

また、シェアハウスやホームステイ先のお部屋には基本的にクローゼットやハンガーがついているので、日本から大量にハンガーを持っていく必要もないです👒

 

Mike Mozart

 

 

③渡航先での衣服調達について

 

渡航先で足りない分の衣服は衣服は現地で購入するか、必要であれば日本から送ってもらいましょう😌(日本から送ってもらう場合は郵便局やクロネコヤマトから発送できます。事前に荷物をまとめておきましょう)

 

 

海外にはショッピングモールもありますし、海外ならではのヴィンテージショップや古着屋を巡ってみるのも楽しいですよ👗💖

 

By: OiMax

 

④帰国時の衣服管理について🌹

帰国前に海外から荷物を送りたい場合も、現地の郵便局やクロネコヤマトさんから発送可能です👌🏼(カナダ、アメリカ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランドなど)

 

私もカナダのバンクーバーで、帰国間近にクロネコヤマトさんで大量に荷物を送りました!🐈📦

 

また、留学した人の中には、あらかじめ日本から持ってきた服や現地で購入した服を帰国時に捨てたり、リサイクルに出して荷物を減らして帰国する人もいます♻

 

 

以上海外留学での衣服事情でした!

ぜひ参考にしてみてください👖📝💫

 

 

 

Counseling無料カウンセリング相談

これまでサポートをしてきた留学・ワーキングホリデーのお客様は1万人以上。
留学の経験や海外での就職経験のあるカウンセラーが日々変化するリアルタイムの留学情報はもちろん
自分だけのオリジナルプランの作成、弊社のシステム、はじめての留学など、
0からわかりやすくご相談頂けます。

留学カウンセリング札幌オフィス
留学カウンセリングオンライン

無料カウンセリング受付中!

Contactお気軽にご相談ください

【電話受付】
平日10時~19時
土日祝10時~17時

【札幌店】

011-215-0375

【東京・静岡サテライト】

03-6869-0562