留学ステーションブログ

留学に関する様々な情報をお届け!

知っておくと便利な英単語 〜その2〜

2018年6月8日

こんにちは!

 

留学ステーションのGenkiです☆

 

昨日は調子に乗って薄めの布団で寝たのですが、

今朝、寒すぎて起きてしまいました…🤦🏻‍♀️

 

 

風邪引くかと思いました😷

まだ寒いのが続きそうですね…😔

 

 

 

前回の英単語シリーズが意外と好評だったので、

シリーズ化していきます。(笑)

 

 

今回は使える英単語、お酒編!

 

ネイティブ環境から教わった、パブでよく見る英語をご紹介します☆

 

 

ちなみに、イギリス英語でパブはバーのことを言います!

 

 

 

 

日本とは違う使い方になります🐇

 

 

バンクーバーやオーストラリアなど、

元々イギリス領だったこちらの地域はイギリス英語が混じっています🇬🇧

 

 

なので、基本的にパブというと

飲み屋さんのことを指します🍺

 

 

基本どこでも騒がしいです。笑

 

 

お酒が回ると、

となりのテーブルの人とも仲良く話しかけたり話しかけられたりと

仲良くみんなで飲んでいることもしばしば🤔

 

 

ネイティブの人と話ができるのはやはり勉強になります👼🏻

 

ワーキングホリデーで留学している留学生は、

働き始めるとネイティブのアルバイトの人と飲みに行くことも多くなるので、

どんどん遊びに行きましょう👯‍♀️

 

 

 

 

 

まずは、ビールのサイズは基本的に

Pint (パイント) です!

 

メニューにはpintという単位で書かれていることが多いです🤔

 

サイズでいうと中ジョッキくらい🍺

 

 

3/4 pintという、

Pintよりもちょっと小さめのビールが売られていることもあります🙃

 

ちなみに、みんなで飲むために大きなのを頼むピッチャーは一緒です⚾️

 

pitcherとちゃんとした発音で言うと通じます😇

 

日本人はカタカナ英語で言ってしまいがちなので、

聞き直されることも少なくはありません😵

 

 

英語の文法や話す能力も大事ですが、

発音の勉強もなかなか大事です☝🏻

 

映画や音楽などで、ネイティブがどう発音しているか聞いてみてください😊

 

 

みなさん、ちなみに3/4はどうやって言うかわかりますか?🤔

 

 

こういったのをどんどん掘り下げていくと、

本当にいろいろなことが勉強になります🤔

 

 

割り勘の時とかに

「わたし3分の1払うね!」

とかサラッと言えるといいですね😎

 

 

分数の言い方は調べてみてください👩🏻‍💻

 

 

こうやって自分で掘り下げて調べることで、絶対に覚えます💪🏻

 

 

 

お酒を飲むともちろんみなさん酔っ払いますよね?

 

 

酔っ払うことを表すこと、drunkだけじゃありません!

 

 

 

酔い加減によってもちろん英単語もあります!

 

 

Soberがシラフ、Tipsyがほろ酔い、drunkが酔っ払い、wastedがベロベロに酔っ払ってることを言います💁🏻‍♀️

 

Wastedはあまりフォーマルな表現ではないですね…笑

 

 

酔い加減によって言い方を変えると、

ネイティブの人とも

おっ!と思うのは間違いありません🙆🏻‍♀️

 

 

仲が良い友だちにいいところを見せたいときは

It’s on me!

と言うと友だちはみんな歓喜になります👫

 

 

おごりだよ!と言う意味です♪

 

かっこいいとこ見せたいときはドヤ顔で言ってみてください😎

 

 

お酒の席で学校の友だち、職場の友だちとどんどん仲良くなれることもたくさんあります!

 

そんなときにこう言ったのを覚えていると、もっと仲良くなれます👼🏻

 

 

留学は勉強の日々です!

こう言った楽しい場で楽しみながら勉強にするのも留学のいいところですよ😎

 

 

 

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

各国のbeach紹介🐬part 1

2018年6月6日

 

こんにちは!札幌留学ステーションのSakiです😉

札幌は6月にして早くも猛暑日がつづいていますね〜💦

早くも夏を感じます🌞👒

ということで、今回はこんな暑い日に行きたくなる海外のビーチについてお話ししたいと思います!

留学ステーションに来ていただくお客さんからも、海がある場所で留学したい!という声をたくさん耳にします🌊🐚

今回と次回の2回にわけて、各国のビーチ事情を紹介していきたいとおもいます🇬🇧🇨🇦🇺🇸🇦🇺🐬🌟

一回目の今回はカナダとオーストラリアのビーチの紹介をしたいとおもいます😊

 

 

 

◯カナダ

カナダは私が留学していたトロントとバンクーバーの人気なビーチについて書かせていただきます🌼

トロント:wood bine beach(ウッド・バイン ビーチ)

カナダトロントのビーチといえばここ!と言っても過言ではないwood bine beach🐳 海水浴や日光浴を楽しむ人たちや、砂浜で遊ぶ子供たちで賑わっています!私がトロントでデイケアのボランティアをしていた時も、子供達を連れてこのビーチで遊びました😻 夏になると、フェスや花火も上がってとても盛り上がりますよ!

 

 

バンクーバー: English bay beach(イングリッシュ・ベイ ビーチ)

スタンレーパークの近くにあるイングリッシュベイビーチ🏄こちらもトロントと同様、日光浴やビーチバレーを楽しむ人で賑わっています☀ 種類豊富な食事処もあり、ここに来るだけで夏を満喫できます!

 

 

 

◯オーストラリア

シドニー、メルボルン、ゴールドコーストについてお話しします😋

シドニー: Bondi beach(ボンダイビーチ)

広い砂浜と大きな弧を描くこのボンダイビーチはシドニーでもっとも人気なビーチです!時間を忘れて日光浴や友達との時間を楽しみたいですね😊

ビーチのだけでなくカフェや食事処も豊富なBondi Beachは必見です!

 

 

メルボルン:Brighton Beach(ブライトンビーチ)

可愛らしい小さな小屋(家?)が立ち並ぶこのブライトンビーチ!

海外映画でも舞台にされていますよね🌼

可愛らしい小屋の写真とビーチを撮りたい!という観光客にも大人気のスポットです💓自分のお気に入りの柄の小屋を見つけるのも素敵ですよね😊

メルボルンはカフェの多さでも有名なので、アイスコーヒー片手に浜辺でまったり、なんて憧れちゃいますね😊

By: Mat

 

 

 

以上、カナダとオーストラリアのビーチについて紹介しました!

どのビーチも楽しみ方が満載で、どこのビーチでもレストランで食事もできますね🌿オーストラリアはカフェのあるビーチも多いみたいです☕️

次回はアメリカ、イギリスのカフェについて紹介したいと思いますので楽しみにしててください☺🌻


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

残りわずか!カナダ・ワーキングホリデービザはどうやって取るの?🇨🇦

2018年6月4日

こんにちは!

留学ステーションのGenkiです☆

 

今日は異例の暑さでしたね😧

ようやく北海道にも夏がやってきたのでしょうか🌴

 

夏好きとしてはうれしい限りです😆

 

 

今回は、カナダのワーキングホリデービザについて少し詳しくお話ししたいと思います🇨🇦

 

 

まずは、簡単に☝🏻

 

ワーキングホリデーは現地で実際にアルバイトをする事で英語を勉強することができるという留学方法です💁🏻‍♀️

 

 

 

申請対象になるのは30歳までの人たちで、

かといって30歳以上の人たちはワーキングホリデーで行けないのかと言われると

そうではありません🙅🏻‍♀️

 

 

 

細かくいうと、

ワーホリのビザを30歳最後の日までにとればいいということです☝🏻

 

 

取ってしまえば1年間はそのワーホリビザは有効なので、

取ってからの1年以内に行けばOKです🙆🏻‍♀️

 

 

現地で働けるということから、留学生からも人気があります😇

 

 

僕はこのワーキングホリデーでバンクーバーに行きました🛫

 

 

 

人気のある国としては、オーストラリア、ニュージーランドにイギリス、

そしてカナダがワーキングホリデーで人気のある国ではないかと思います🤔

 

 

 

実はこのカナダのワーキングホリデービザ、

ただ申請するだけで取れるという優しいものではありません🙅🏻‍♀️

 

 

なんと抽選で選ばれます!

 

 

 

カナダが1年でビザを取らせてくれる人数は6500人

 

 

ビザの申請をした人たちが今や遅しと待っているなか、

週に1回の抽選でコンピュータが無作為に選ぶというシステムになっています👩🏻‍💻

 

 

6500人の枠が埋まった時点で抽選は終了🙌🏻

 

 

残った人たちは来年までカナダへのワーキングホリデー留学はお預けになってしまいます😵

 

 

だいたい毎年、8.9月で定員が埋まってしまいます🤦🏻‍♀️

 

 

申請方法としては基本パソコンなどのオンライン上でのやりとりになります🖥

 

 

パスポートや、家族の身分などが分かるものを用意して

質問されたことに答えたり、

提出物を添付していくという流れになります♪

 

 

まずはアカウント登録から!

 

アカウント登録をすると、当選をいまかいまかと待っている人たちの抽選箱

 

Poolと呼ばれるものにエントリーされます!

 

 

ここで、抽選をひたすら待ちます😷

 

 

抽選に当たると、

「やったー!ビザが取れた!」

 

 

というわけではありません🙅🏻‍♀️

 

 

Invitation(招待状)が届きます✉️

 

 

簡単に言うと、

「選ばれたけど、ビザ取る?どうする?」

というやつです💁🏻‍♀️

 

 

 

返信をする日数の猶予のようなものが与えられるので、

まずは、

「ビザの申請をします!させてください!」

 

という報告をしましょう🙆🏻‍♀️

 

 

与えられる日数は10日⏰

 

報告をすると20日、書類を提出するための日数が与えられます!

 

 

あとは指示に従って打ち込んだり、

書類を提出するだけです📄

 

そしてここで念願のビザ取得です😇

 

質問などなかなか多く、そして全て英語🤦🏻‍♀️

 

一人でやるとなると大変な作業になります…

 

 

 

そこで!!!

 

弊社ではビザの手配をサポートさせていただけます😊

 

「ビザの取り方がわからない…」

と悩んでいるあなた!!

 

一人では難しいビザの手配を無料で私たちがサポート致します😇

 

 

そして、現時点での今年のカナダ・ワーキングホリデービザの残り定員数はわずか1000人!!!

 

残りわずかとなりました!

 

 

カナダ・ワーキングホリデーでの留学をお考えの方は

ぜひ弊社へ相談にいらしてください🙆🏻‍♀️


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

札幌留学ステーション マネージャーYukaの送別会🌷

2018年6月2日

こんにちは!札幌留学ステーションのSakiです😊

Saki とGenkiは一週間後に保険の資格試験を控えています・・・💦

この試験に合格して皆さんにしっかり海外保険の説明ができるようにならなければいけません、必死に勉強したいと思います・・・!📝

でも本当は勉強したくない・・・😓(小声)

 

さて、先日札幌留学ステーションのマネージャーYukaさんのサプライズ送別会を決行しました!😘🎉

 

 

Yukaさんは6月1日から東京のオフィスに転勤されました( ;  ; )

私たち留学ステーションスタッフも、Yukaさんの今までのお客さまも、Yukaさんには本当にお世話になりました。

 

私も昨年留学した際、Yukaさんに留学手続きなどの様々な面でサポートしていただきました。渡航した後も現地でメールでやりとりをさせていただいたり、初めての留学で不安だった私にとっては本当に心強かったです。本当に一人ひとりのお客様に真剣かつ親身に対応してくれる留学ステーションの鏡のような存在です・・・!✨(Genkiくんと私は、仕事の面でも本当にお世話になっています😭)

 

 

今回はそんなYukaさんに東京に行く前にお礼を言いたい!という、

札幌留学ステーションスタッフ一同とお客様が集まって、

サプライズ送別会を決行したのです😛💓🎉

 

 

TKC社長の案で始まったこのサプライズ送別会ですが、急な呼びかけにも関わらず多くの方々に集まっていただきました!静岡留学ステーションのスタッフも参加して本当に賑やかな会となりました😆

 

送別会に来ていただいた留学ステーションのお客様のなかには、すでに渡航して帰国したメンバーもいれば、これから留学を控えているというお客さんもいました。

 

カナダ🇨🇦に留学・ワーホリをした人もいれば、オーストラリア🇳🇿留学をした人、イギリス🇬🇧の留学ワーホリを考えている人、一ヶ月後に出発を控えている人などなど・・・本当に様々な人がいました!

(その中でもやっぱりカナダ留学をした人は多い!と感じました😂🇨🇦)

 

そんなメンバーが混ざって留学体験談を話しあったり、今後留学をする上でのアドバイスを聞いたり受けたり・・・留学ステーションメンバーの有意義な交流会でもありました☺🌱

皆さん初対面にも関わらず、たくさん食べて、飲んで、話して、さすが海外に行った、これから行く人たちだけあってコミュニケーション能力高いです!笑 さすが留学ステーション✨

SakiとGenkiはYukaさんから名刺入れをいただきました!

YukaさんからTKC社長へ、お高めなネクタイをプレゼント・・がしかし!

私たちからケーキの逆サプライズをお届けしちゃいました😋🎂💕

 

ちなみにTKC社長もネクタイとても似合ってました😎👍🏼

また、大のコーヒー好きなYukaさんには、スタッフ一同からBluetooth搭載のコーヒーメーカーを!☕

 

Yukaさんはやめるわけではないので、これからも留学ステーションスタッフとして、東京でみなさんのサポートをしていきます!何かあれば連絡していただいて大丈夫です👍

私たち札幌留学ステーションメンバーもより一層力をいれてみなさんの留学のサポートをさせていただきます!

よろしくお願いします!

今回お集まりいただいたみなさま、ありがとうございました😊

 

 

 

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

これであなたも英語上級者!? 知っておくと便利な英単語 〜その1〜

2018年5月29日

こんにちは!

 

 

留学ステーションのGenkiです☆

 

本日は快晴ですね🌞

 

大通公園ではのんびりしている人たちも多く見かけました!

この昼間からお酒を飲んでいる人も😧

 

でもこれ、カナダやオーストラリアに行くと

水曜日の昼間からビールのジョッキを飲んでいるサラリーマンも見ることがあります🙄

 

一体何をしている人たちなんだろう…

仕事は…?

と何回思ったことか…🤦🏻‍♀️

 

というわけで!

今回はそんなネイティブの人たちから教えてもらった英単語をご紹介したいと思います🇨🇦

 

僕はバンクーバーへ留学していましたが、

カナダで習った単語は数知れず…

 

そんな中でも、名前だと思っていたやものが

そのまま動詞に使える英単語もあります😧

 

まずは、Google

 

 

 

皆さんは1回は使ったことあると思います👩🏻‍💻

 

調べたら何でも出てきます♪

Google大先生です🙇🏻‍♂️

 

こちら、実は動詞に使えます!

 

「ググる」って意味になるんです!

 

 

なので、

I’ll google it.

 

って言うと、

「それググるわ」って意味になります💡

 

 

お次は Facebook

 

 

 

 

 

世界中の人たちが使う、言わずと知れた有名なSNS ですね🤔

 

ちなみに、世界中の人たちがやっているものなので、

留学行く前にFacebookを登録しておくと

知り合った人たちと交換ができて、友だちがたくさん増えます!

 

やってやってないだけで、なかなか友だちの広げ具合も変わってくるので、

留学行く方はぜひ登録してみてください😊

 

実はこのFacebook、

動詞に使えます😆

 

ingをつけて

Facebooking にするだけで、

 

「Facebookをする」

という意味になります🙄

 

I find myself facebooking during class🤦🏻‍♀️

 

授業中、ついfacebookやっちゃうんだよねー…🤦🏻‍♀️

 

 

と言いたい時も使えます🙆🏻‍♀️

 

 

結構ピンポイントな意味になってしまうのですが、

時代ならではの英単語だと思います🤔

 

 

最後に、Microwave!

 

 

 

 

こちらはレンジという意味になりますね🧐

 

スターバックスのカップにも書いてあるのですが、

Do not microwave!

 

という風に書かれています☕️

 

こちら、「レンジで温める」

って意味の動詞になります💁🏻‍♀️

 

Can you microwave this??

 

というと、

「これレンチンしといて」

という意味にもなりますので、ネイティブの方も結構使います🤔

 

というように、

時代の変化とともに言葉の使い方が変わっていきます🤗

 

 

「掃除機をかける」って皆さんなんていうと思いますか?

 

そういったのを調べて覚えると

どんどん英語が上達していきます😍

 

 

興味がありましたら調べてみてくださいね💁🏻‍♀️

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

海外留学での衣服について👗

2018年5月27日

こんにちは!札幌留学ステーションのSakiです😊

最近は暖かい日が続いて、札幌にも半袖をきている人がちらほら伺えますね👕👀

 

みなさんは衣替えの準備はできているでしょうか?私は、未だに夏に向けて夏服を買いにいかなきゃ〜とおもっているところです🌞💦

ということで今回は、留学をする際の衣服についてお話したいと思います👗🌿

 

①留学に持っていくべき衣服の量

まずは衣服の持って行き方についてお話します👜

スーツケースには最小限の衣服を持って渡航することをお勧めします😇 帰国の際にはお土産や現地で買ったもので渡航時よりもスーツケースが満杯になってしまうので・・・💦

渡航する時期に必要な衣服をもっていくだけで十分です👍

(ちなみに私はシーズン分すべて持っていってしまったので、カナダで衣服を減らす作業が大変でした💦)

 

ただ少量とはいっても、ホームステイ先では週に一回の洗濯をする家庭が一般的なので、ホームステイをされる方は最低でも約一週間分の衣類は持っていくことをお勧めします👕👖!

 

 

 

②渡航先での洗濯事情🐳

次に海外留学先での洗濯事情についてお話します😊

 

ホームステイ先では、先ほどもお話したように、週一回の洗濯が一般的です。また、シェアハウスでは、洗濯機付きのお家とそうでないお家があるので、留学中に家を探す上では、ランドリーの有無も確認しておくべき大事なポイントです☝

 

ランドリーがないお家に住むと、家から近いコインランドリーに通う形になってしまうので、少し大変かと思います😫👟

 

また、シェアハウスやホームステイ先のお部屋には基本的にクローゼットやハンガーがついているので、日本から大量にハンガーを持っていく必要もないです👒

 

 

 

③渡航先での衣服調達について

 

渡航先で足りない分の衣服は衣服は現地で購入するか、必要であれば日本から送ってもらいましょう😌(日本から送ってもらう場合は郵便局やクロネコヤマトから発送できます。事前に荷物をまとめておきましょう)

 

 

海外にはショッピングモールもありますし、海外ならではのヴィンテージショップや古着屋を巡ってみるのも楽しいですよ👗💖

 

By: OiMax

 

④帰国時の衣服管理について🌹

帰国前に海外から荷物を送りたい場合も、現地の郵便局やクロネコヤマトさんから発送可能です👌🏼(カナダ、アメリカ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランドなど)

 

私もカナダのバンクーバーで、帰国間近にクロネコヤマトさんで大量に荷物を送りました!🐈📦

 

また、留学した人の中には、あらかじめ日本から持ってきた服や現地で購入した服を帰国時に捨てたり、リサイクルに出して荷物を減らして帰国する人もいます♻

 

 

以上海外留学での衣服事情でした!

ぜひ参考にしてみてください👖📝💫

 

 

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

留学に行く前にしておきたいこと! 〜勉強編〜

2018年5月26日

こんにちは!

 

留学ステーションのGenkiです☆

 

イニエスタ選手がついに日本にやってきます!⚽

サッカー好きにはたまらないニュースです😍

 

どれくらいすごいかと言われると説明しにくいのですが、

とにかくスーパースター選手☆

 

世界で上手い選手10人の中には入ります🤔

 

それくらいすごい選手です😱

 

と、サッカーの話題は置いといて🤐

 

今回は留学前にやっておきたいこと!

を随時更新していきたいと思います💪🏻

 

なんと言っても留学で一番大事な英語!

今回はこちらの勉強方法についてお話します♪

 

僕はバンクーバーへ行く前から英語の勉強はしていました!

 

まずは、音楽を聴く!

 

 

実はこれ、いいリスニングの勉強になるんです🙆🏻‍♀️

 

歌詞を意識しながら聴くと、リスニング能力や発音のいいお手本になります!

 

僕はバンドが好きなので、

Red Hot Chili PeppersやOasis、Maroon 5やBruno Mars、The Weekndなどいろいろな音楽を聴きながら

ネイティブの発音を聞いたりしていました🙃

 

そして、国ごとに発音も違ってくるのがわかります🤔

 

イギリス英語、アメリカ英語、その英語に各国の母国語が混ざったような英語など…

 

これで何となく聞いていたら、

バンクーバーの語学学校で発音いいねって褒められたこともあります🤗

 

好きな洋楽を聴くというのもひとつの手です🙆🏻‍♀️

 

 

 

次に、英会話!

 

やはり話すことが一番大事だと思います🤔

 

いくら英語が話せる留学生でも、

ずっと日本にいてしまったりや英語に触れない環境にいると

言葉が出てこなくなることがあります😵

 

英語力がなまらないように、会話を続けることが大事です☝🏻

 

札幌にも外国から来ている人たちが集まるバーなどがたくさんあります!

飲みながら英会話も意外に楽しいんです🍻

 

 

そして、不思議なことに

みんなお酒を飲むと間違いを恐れずにしゃべるようになります(笑)

 

語学学校の先生も

 

ビールは英語話すための最高の薬だ

 

 

って言っていました😧

 

 

 

ちなみに留学ステーションでは、英会話レッスンを開講しています!☆

 

 

 

週1回のレッスンで、

ネイティブの先生と話す1時間の授業になっています😇

 

また生徒さんも

これから留学に向けて勉強している方・帰ってきた生徒さんです!

みなさん積極的に受けているので

楽しく真剣に英会話ができます😎

 

みなさんぜひ受けてみてください🙆🏻‍♀️

 

と、宣伝はここまでにして次にいきます🤦🏻‍♀️

 

 

次は、映画です🎬

 

 

この皆が観ている映画、ちゃんと観ればすごい勉強になるんです!

 

映画と言っても国・俳優・女優によって

早口な人もいれば、発音がすごい綺麗な人など十人十色です🙄

 

もちろん洋画です。(笑)

最近はネットで観れるので楽ですよね😎

 

しかし、ただ観るだけでは勉強にはなりません🙅🏻‍♀️

 

最初に観るなら

観たことのある映画から勉強した方がいいかなと思います🤔

 

まずは、観たことのある映画を

英語音声で日本語字幕で観ましょう💁🏻‍♀️

 

こうすることで

リスニング能力が上がります😏

 

もうちょっと慣れてきたら、

英語のセリフのどの部分が日本語の字幕で言っているのかを意識しながら観ると、

ネイティブの人がどういう風に、

どういうシーンでその英語表現を使っているのかが分かってきます🙆🏻‍♀️

 

これが慣れてきたら、英語音声で英語字幕で観ます🧐

日本語字幕がなくなる分、英語の聞き取り能力が上がります!

 

この流れで徐々に英語の耳になっていきましょう👂

 

ちなみに、

僕はこの流れで勉強したのですが、

たまに日本語で英語字幕もやっていました!

 

結構日本語字幕って直訳な時が多かったりします🤔

 

なので、

この表現使えるなとか

この表現見たことない、これなんだろ!

 

と止めて調べてノートに書いてというのを何度も続けていました🤔

 

英語字幕で英語音声もそうです☝🏻

 

わからないところがあれば止める!調べる!書く!覚える!

これが映画を観る上での英語勉強方法の鉄則です🙆🏻‍♀️

 

ちょっとセリフが汚い映画もあるので気をつけてくださいね。

使っちゃうと引かれる英単語も使われています。(笑)

 

 

楽しんで観ているだけでは勉強にはなりません🙅🏻‍♀️

 

勉強もしながら映画を楽しんでくださいね👩🏻‍💻

 

 

人それぞれによって勉強方法も変わってきます!

書いて覚えるひと、見て覚えるひと、聴いて覚えるひと、などなど…

 

自分に見つけた勉強方法を探してみてくださいね!

 

 

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

留学の第一関門!? シェアハウスの探し方!

2018年5月22日

こんにちは!

 

留学ステーションのGenkiです☆

 

突然暖かくなりましたね🙄

札幌にも夏がやっときたという感じでしょうか🌞

 

北海道民にもかかわらず

寒いのは苦手なので嬉しい限りです…🤦🏻‍♀️

 

 

さて!今回は渡航先でのお家探しについてお話します!

 

 

 

 

ホームステイの期限が近づくとやらなければいけないこと…

その中で一番大変なのがお家探しです!

 

ホームステイ先を早く出るとなると

留学生にとって最初の関門になると思います😞

 

探す

オーナーに連絡

家を見学

契約

 

という流れを全部自分でやらなければなりません!

ましてや英語です😵

 

でもこれはかなり英語の勉強になると思うので、頑張りましょう💪🏻

 

まず、家探しから!

 

国によって日本人向けのウェブサイトがある事が多いです👩🏻‍💻

 

例えばカナダだとJP Canada、e-mapleだったり

オーストラリアなんかだと日豪プレスが便利です😏

 

都市ごとに情報が分かれているので

とても見やすくなっています😎

 

このような生活情報サイトなどで探してみましょう!

 

 

基本はシェアハウスを探すのが基本だと思います🤔

 

自分の部屋はあるけど

リビング、キッチンとバスルームがシェアという家がほとんどです🏠

 

予算も人それぞれなので

自分にあった家を探していきます💰

 

もちろん立地によっても家賃は変わってくるので

ダウンタウンだとやはり高くなってしまいます😣

 

なので、語学学校で出来た友だちと一緒に探してダウンタウンに住む人もいます👭

 

日本人ではない人と探して住むと、

かなり英語の勉強になりますよ☝🏻

 

僕が探したときは

ダウンタウンはあきらめました🤦🏻‍♀️

 

なんといっても家賃が高い…

 

安いところもあるのですが

環境はあまりよろしくないです🙅🏻‍♀️

 

物置並みの狭さだったり

マットレスがボンっと置かれただけの部屋だったり…🙄

 

僕は広い部屋が良かったので

ダウンタウン近郊も探してみることにしました🏃🏻‍♀️

 

ダウンタウン外でも

電車かバス1本で行けるところを探すのもひとつの手だと思います🚌

 

ダウンタウン外に住む時の家賃の理想は

家賃➕定期券(Monthly Pass)=ダウンタウンの平均家賃

 

くらいがちょうどいいと思います!

 

僕はこれを基準に探しました♪

 

予算は500〜600ドルくらいの予定でした💴

 

僕はちなみに

 

バス1本で15分くらいでダウンタウンに行ける地域に住んだので

とても便利なところでした🙆🏻‍♀️

 

 

なおかつ

周りにスーパーが2つあり

コンビニが歩いて3分という好環境😇

 

 

お、この家いいぞとなったら

オーナーに直接連絡を取ります📱

 

I would like to visit the room (部屋を見学したいです)

 

なんていうのを自己紹介と一緒に言うといいと思います🙆🏻‍♀️

 

 

すると、

返信が来るので見学のアポを取ります☆

 

見学のときは最寄りにスーパーやコンビニ、レストランがあるかなど

周りを確認しながら行くといいですよ💁🏻‍♀️

 

 

いよいよ見学です!

見学中はお金などの家賃関係の話は入念にしましょう☝🏻

家賃以外に払うお金があるのかなど聞くとわかりやすいかもしれないですね😎

 

そしてカナダなどには

テイクオーバー制という制度が家によってはあります😧

 

家具の引きつぎ制度です💁🏻‍♀️

 

これはオーナーではなく、前に住んでいた人との口頭でのやりとりになります!

 

基本はお金をいくら払うかということを話し合うと思うので、

ちゃんと話し合ってください👭

 

中途半端に話し合っていると

ぼったくりにあうこともあります😱

 

 

個人的にはコンセントの場所をすごい気にしました(笑)

 

「あ、ベッドの近くにコンセントあるから寝るときに充電できるなここ」

みたいな感じです(笑)

でも意外に大事なところかなと思います☝🏻

 

そして!

いいなと思ったらすぐに契約してしまいましょう!

 

 

時期的に日本人が多く渡航するピーク時に行くと

家の取り合いになります😵

 

保留にしていると

先に取られるかもしれないので

いいと思ったらその場でもいいのですぐ契約しましょう🙆🏻‍♀️

 

あとは、契約書にサインしたりすると住む日の打ち合わせもしたりします🙄

 

 

 

そこも家によって違うので

しっかりと話し合ってください!

 

2週間区切りで住む日を決めている人もいれば

1ヶ月単位で決めている人もいます😶

 

 

これで鍵をもらって

一人暮らし開始です♪

 

僕はルームメイトとご飯を作ったり

FIFAをして盛り上がったり⚽️

家のハウスメイトが全員集合して飲んだり🍻

友だちを家に呼んで

鍋パやビザパーティーをしていました😋

 

 

 

 

ホームステイとは違って

ルールの縛りがあまりないので

とても楽です😇

 

 

家を探すまでは大変かもしれませんが

みなさんもがんばってくださいね☆


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

日本とどこがちがう?海外のお天気事情☀️

2018年5月20日

こんにちは!札幌留学ステーションのSakiです😋

 

札幌は昨日までのどんよりとした天気から、今日はカラッと晴れて気持ちがいいですね!🌞

夏がきて欲しいような、この丁度良い暖かさが続いてほしいような気持ちです😶🌻

 

さて、天気といえば、海外の天気は日本と比べてどう違うのでしょうか?今回はカナダ、アメリカ、オーストラリアの気候についてお話したいと思います🌞☔🌈

 

カナダ🇨🇦(トロント・バンクーバー)

〜トロント〜

トロントは比較的札幌と似た気候です。

一言でいうと、夏は暑くて冬は寒い!です笑

ただ日本のように梅雨がないため、4月頃までは比較的気温が低い日が続きますが、5月頃から暖かくなってきます🌞

最近トロントにいる友達のSNSを見ていると、公園で半袖でピクニックをしていたりする様子が見られたりするので、トロントは暖かくなってきているみたいです👒🌼

 

ただ、夏は短く、9月頃から寒くなってきます🍃そしてトロントに行かれる方は、冬の寒さ対策が必須です❄真冬の夜の時間になると体感マイナス20度なんて日もあります・・・😨

ヒートテック、手袋、マフラーは必須です!

 

 

 

〜バンクーバー 〜

私は真冬(1月)にトロントからバンクーバーに移ったのですが、トロントと比べて暖かい!そして雨が多い!と実感しました。

 

真冬の時期にバンクーバーに移った私からすると、バンクーバーは気温の面でいうと天国でした😂

1月の気温がプラス5度〜10度なんです!東と西とでこんなにも違うのか・・・と衝撃をうけました😯

ただ、雨が多い!というところが難点です。一週間のうち晴れの日が1日2日あればいい方です😅

現地の人は雨(rain)が多いバンクーバー(Vancouver)のことをraincouver (レインクーバー)と言います🇨🇦☔🌂

 

・アメリカ

今回は留学渡航先で人気のあるロサンゼルスに都市を絞って紹介します🇺🇸🎤

・ロサンゼルス

レインクーバーとは逆に雨がほとんど降らない都市として知られているのがアメリカロサンゼルスです🌞✨

ロサンゼルスは一年中通して気温の暖かい日が続きます。11月から1月の短い冬の間でさえも、最低気温が15度前後と日本の春のような気候となります⛄🌸

 

夏が4月から10月までと長く、紫外線が強いため、日焼け止めやサングタスは必ず準備するようにしましょう!👓

特に9月10月の気温が30度前後と暑くなります💦

一年を通して晴れが多く、暖かい日が続く都市なんて最高ですね😇

 

 

〜オーストラリア🇦🇺〜

・シドニー🐨🌿

まずオーストラリアは、日本と季節が真逆になります。

シドニーも年間を通して暖かく、過ごしやすい季節です😊

冬に当たる6月から8月も20度弱と暖かくなっています🌼

ただ、最低気温は10度を下回ることもありますので、羽織れるものや手袋マフラーは持って行きましょう☝

 

・メルボルン☕

メルボルンもシドニーと同様、日本と季節が真逆です。

ですがシドニーと比べて一年中を通して暖かいというよりは、夏と冬の寒暖差が割とはっきりとしています。🏊🏼🏂

夏(12月から2月頃)は最高気温が30度近くあがることもあり、

冬(6月から8月)は最低気温が5度前後となります!

また、一日の間でも気温の寒暖差が激しいので、寒暖差による風邪には気をつけましょう💪🏼

 

以上カナダ、アメリカ、オーストラリアの天候の紹介でした!

留学の準備をするにあたって、渡航先の気候を知ることは大事なことなので、あらかじめ把握してから行くようにしましょう🌷

 

海外ならではの季節の楽しみ方を存分にenjoy してきてくださいねっ😉☀🌈

 

 

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

初海外 初留学!〜オタワ留学体験談〜

こんばんは、札幌留学ステーションのYukaです٩( ᐛ )و

札幌も暖かい日が増えましたね^^

今日は、大学の春休みでカナダの首都、オタワに留学したRentaくんの体験談をご紹介^^
日本でも高校生の頃から英会話教室に通っていて、大学生になって初めての海外&留学です!
しかも先生をびっくりさせるために、先生に言わないでこっそりと留学しました。笑
素敵な出会いと新しい発見がたくさんあったそうですよ😊

名前:Renta
年齢:20歳
渡航先:カナダ オタワ
留学期間:2ヶ月間(2017年2月〜2018年3月)
学校名:Sprachcaffe オタワ校
ビザ:eTA

Rentaくんは今回が初めての海外でしたよね。
初海外が8週間の語学留学だったわけですが、どうでしたか?

 

楽しかったです!
ただ、オタワは聞いていた話の通り、なんにもなかったです。笑
しっかり勉強しにくる生徒さんが多かったと感じました。
また、学校の年齢層も高かったと思います。
僕が行った時はほぼブラジル人でしたけど、途中からほぼ日本人韓国人になりました。

日本人や韓国人の生徒は同じく大学生でした?

 

大体は大学生でした。
実は僕と同じ日本の大学の人が一人いたんですよ!
オタワの留学先で一緒になるって凄くないですか?

 

えー、それは凄い!オタワで出会うなんて。笑
友達はいっぱいできました?

 

できました、同じくらいの年代の子達と仲良くなりました。
韓国人、ブラジル人の友達とは今も連絡を取ったりしています。

 

Rentaくんが通った学校はSprachcaffeでしたよね、学校はどんな感じでしたか?

 

学校は少人数体制なので、話す機会が多かったです。
全体で30〜40人、1クラスは10人もいないくらいです。
2ヶ月だけですが、スピーキング力が付いたかなと思います。
帰国後にいつも通っている英会話教室に顔を出して話した時に、先生に全然違う!と言われました。

 

クラスのレベルですが、最初は6段階中4のレベルで勉強しました。
日本人は文法ができると思われているから、ほとんど4のレベルにいます。笑

そのあとテストを受けて5のレベルにあがりました。
そうするとほとんど日本人がいなくなくて、クラスメイトの話すスピードも速くなってびっくりしました。

 

また午後の授業は選択なんですが、午後のクラスは難しく感じました。
最初はTOEFLのクラスを取っていたんですけど、あんまり必要ないなと思って途中からAcademicコースに変えました。

この勉強がとっても難しかったです。
日本語で考えるのも難しい内容を英語でなのでさらに難しかったです。
トピックがあって、それに関する記事を読んで問題に答えたりそれについてみんなで討論をしたり、その中にスピーキング、ライティングも 含まれている感じでした。

 

また、2ヶ月で6回くらいプレゼンをする機会もありました。(1回のプレゼンは5〜10分くらい)
僕はパソコンは持って行ってなかったので手書きでプレゼン資料を作成していました。
音楽だったら、おすすめの曲についての資料を作成したりとか。
僕は任天堂についてのプレゼンもしました。

2ヶ月でもしっかり伸びたんですね〜!
プレゼンの機会も多くてスピーキングのスキルが本当に伸びそうだね!
休みの日は何をしていたんですか?

 

ホストファミリーがどこかに連れて行ってくれたり、何もない日は家でゆっくりしたり、友達と出かけたりしました。
友人と出かけるときは学校の近くのショッピングモールのフードコートでご飯を食べてフラフラしてました。

 

 

フードコートってどんな物が食べられるんですか?

 

カナディアン料理やアメリカン料理、なんでもありました。
プーティンは$8、マックサイズのハンバーガーは$3くらいで食べられました。
また、オタワの街中には日本食料理屋さんもたくさんありました。
なので、日本人のワーホリ生はそこで仕事を探したりするみたいです。
後、日本人オーナーのパン屋があるのでそこで働く方も多いみたいです。

 

日本人オーナーのパン屋なんてあるんですね!
そのお店ってやっぱり高いんですか?

 

いや、200〜300円くらいでも買えるのでそうでもないです。

 

日本ぽいパンも買えるんですか?

 

メロンパンとかはなかったですね。
クロワッサンとかアップルパイとか売ってました。あとはひたすらでかいパン。笑

 

でかいパン。笑
オタワの雰囲気はどんな感じでしたか?

 

トロントやバンクーバーに比べたらアジア系の方は少ないかと思います。
街を歩いていても聞こえてくるのは英語かフランス語とかでした。

ホームステイ先の方はどんな方でしたか?

 

ファザーはチーズ工場で働いていて、マザーは政府関係の仕事をしているみたいです。だからマザーの英語はとても聞き取りやすかったです。
ファザーとブラザーの英語はフランス語なまりで聞き取りにくい時もありました。ブラザーはオタワ大学に通いながら教授の補助をしているみたいです。
本当に優しくて良い家族でした。

 

オタワ大学!凄いなぁ。。
ホームステイ先のご飯はお口にあいましたか?

 

美味しかったです!お米はタイ米みたいにパラパラでしたけど。
料理はお肉が多かったです。後はカナダのじゃがいもが美味しかったです。
それと、外食でラーメン屋に行ったんですけどラーメンは$10でした。美味しかったけどインスタントラーメンみたいでした。笑

 

$10なのにインスタントラーメンは悲しい。。笑
真冬に出発しましたが、やっぱりオタワは寒かったですか?

 

到着時した数日は-18度とかで寒かったです。
オタワは気温の変動が激しくて、暖かい日と寒い日の変動がよくありました。
2月末くらいは日本より暖かく感じました。

 

家の中は?

 

暖かかったです!
暖炉でした!

 

想像通りの海外のお家って感じだね^^
そういえば、ホストの方に連れてもらったっていってた場所はどこでしたっけ?

 

シュガーブッシュですね。
これはインディアンの生活を再現したところらしいです。

そうそう!シュガーブッシュ。雪でぐるぐる巻きにされた飴、食べたんだよね?

 

そうです。笑
メープルタッフィーっていうお菓子なんですけど、ホストがおごってくれました。メープルシロップを雪の上に垂らして固めて雪にぐるぐる巻いて食べるべっこう飴みたいな感じです。

斬新すぎる。笑
でも美味しそう。笑
オタワのことたくさん教えてくれてありがとう!
それでは最後にこれから留学を考えている人に向けて一言お願いします!

僕は短期間でしたけど、今回の留学が初めての海外で初めての留学でした。
自分で貯めたお金で行ったので贅沢は出来なかったですけど、本当に色んな経験ができました。
語学留学は自分のレベルに合わせて英語力の向上が出来て、色々な国の人たちの考えや文化に触れられるからお勧めです!

Rentaくん、ありがとうございました😊

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

人気留学パターンの1つ 「ワーキングホリデー」って?

2018年5月16日

こんにちは!

 

留学ステーションのGenkiです☆

 

 

今回は、ワーキングホリデーのお話をしたいと思います💁🏻‍♀️

 

 

ワーキングホリデーは留学生から人気のある留学方法の1つです🙆🏻‍♀️

主にカナダ、オーストラリア、ニュージーランドが主な渡航先になると思います♪

 

人気の理由は、

・働いてお金を稼ぎながら勉強できること

・自分自身でなにをするかを決めて自由に海外生活ができること

が、このワーキングホリデーの魅力ではないでしょうか🤔

 

 

日本と海外でアルバイトをするまでの流れはだいぶと言っていいほど違います🙁

 

まず、履歴書は自分で作成します✍🏻

 

レジュメとも言います

 

決まったフォームはなく、コンビニや書店などに履歴書は売っていないので、

Wordなどを利用して自分で一から作ることになります🙄

 

 

主に必要なのは、

名前や住所、メールアドレスや電話番号はもちろんのこと

 

Objective(応募理由)

Summary of Qualifications (自分の持つ能力)

Work Experience (職歴)

Education (学歴)

Skills (資格)

Reference (自分を推薦してくれる参考人)

が主な項目になります☆

 

海外の履歴書では

写真、年齢などは記載しません🙅🏻‍♀️

 

肌の色や国籍などでの差別をなくすためです!

日本には馴染みがない特徴だと思います🤔

 

ここで、自分がどれだけ希望する仕事に役に立つ人間か、しっかりとプレゼンする必要があります☝🏻

 

語学はどのくらいあるのか、

前働いていた職場でどの部分が希望する仕事に活かせるか…etc

 

英語を話せる人は

Well spoken English(ちゃんとした英語を話せる)や、

Flexible to work, Sunday to Saturday (いつでも働ける)など、

自分の長所をどんどんレジュメに書きましょう💪🏻

 

先ほども書いたように

決まったフォームはありません🙅🏻‍♀️

 

職歴はボランティアやインターンシップへの参加も書けるので

Work Experienceがたくさん書かれているレジュメもあれば、

資格をたくさん取っているひとは

Skillsがたくさん書かれたレジュメなど、

A4 1枚でも、人により全く履歴書になってきます👩🏻‍💻

 

そしてこのReferenceが意外に大事な部分になってきます💁🏻‍♀️

 

カナダ人やオーストラリア人、ニュージーランド人の留学生を雇う身からすると

やはり自分の職場に日本人を入れるのは不安というひとも少なくはないそうです…

 

なので、その人を推薦する人が書かれているだけで

安心感が持てるそうです🙃

 

 

そして働く前に気になるのが

ちゃんと働けるのかな…

という事だと思います😣

 

 

働ける職種としては

・レストランのサーバー、キッチンスタッフ

・カフェのスタッフ

・ファームジョブ

・アパレル店員

など、様々な職業があります💁🏻‍♀️

 

ファームジョブは主にオーストラリア、ニュージーランドが有名だと思います🇦🇺🇳🇿

 

とは言っても、

雇われるまでに様々なことをちゃんとこなしていかなければなりません☝🏻

 

 

一番緊張するのが、レジュメの提出と面接!

 

日本とカナダやオーストラリア、ニュージーランドといった海外が決定的に違うのは

アポなしでお店に突撃してレジュメを出せること🏃🏻‍♀️

 

働きたいところを見つけたら

お店にいきなり訪問して

Are you hiring? (雇ってますか?)

と聞いてOKです!

 

Yesならラッキー🤗

Noならくじけずに他をどんどんあたりましょう!

 

確かに緊張は絶対しますが

逆に言うと

誰でもどこにでも働けるチャンスがあると言うこと🤔

 

僕の友だちにはスターバックスで働いたひともいれば

高級ブランドCoachで働いたというひとも…

 

こう考えると、夢は膨らむばかり😏

 

さらにカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、

それぞれの国で働く上での違いはあります!

 

まずは時給💵

 

 

ワーキングホリデーで働くとかなり稼げます♪

これはどこの国でもそうです😎

 

カナダの最低賃金は10ドル〜15ドルくらいで

オーストラリアは15ドル〜18ドル、

ニュージーランドで16.5ドルくらいです💁🏻‍♀️

 

日本円になおしても

どこの国でも1000円以上はします😧

 

さらに!

 

オーストラリアとニュージーランドはダブルペイ制度があり、

休日に働くと時給が2倍に

高いところでは20ドルのお店もあるので

休日に働くと…

 

40ドルです。

魅力的以外の何ものでもないですよね(笑)

 

給料は基本的に2週に1回

飲食店で働くとチップも入ります😋

 

 

続いて、ビザの延長

 

オーストラリア、ニュージーランドはある条件を満たすと延長はできますが

カナダはできません🙅🏻‍♀️

 

他にも、半年しか同じところでしか働けないところもあれば

ずっと働けるところもあったりと、

国によって違いがあるので

自分にあった留学先を探しましょう💪🏻

 

自分の力でなんでも出来るワーキングホリデー!

 

いま留学を悩んでいる方も、

試してみる価値ありです👌🏻

 

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求

魅力がたくさん!トロントってどんなところ?🇨🇦

2018年5月14日

こんにちは、札幌留学ステーションのSakiです😊

 

今回は私が留学したトロントの特徴についてお話したいと思います!

トロントはカナダのオンタリオ州に位置するカナダの最大の都市です🇨🇦

私自身留学して思ったことは、多国籍な都市だということです!

カナダは、様々な移民を受け入れている世界一の移民大国なんです。

ですのでトロントもカナディアンばかりでなく、本当に様々な人種の人々が暮らしています。地下鉄に乗っていて向かえに座っている人たちの肌の色が全然違うことが普通の光景であるトロントは、ずっと日本で暮らしていた私には新鮮でした😮✨

次に街の特徴としては、とにかく都会!ということです笑

ダウンタウンにはショッピングモールやたくさんのカフェ、 レストランが並んでいます。

まず、トロントのショッピングモールといえばこちら!

ダウンタウンにあるトロント最大のショッピングモール『Eaton Center(イートンセンター)』です👛👗

トロントで2駅にもまたがる超ビッグなショッピングモールで、学生から大人までショッピングを楽しむ人たちで賑わっています😎

ダウンタウンだけにかぎらず主な駅付近にはショッピングモールがたくさんあります!

また、大きなショッピングモールだけでなく、トロントのクイーンストリート沿いにはトロントならではのおしゃれなカフェや洋服屋、雑貨屋なども立ち並んでいます🌼

また、移民大国なだけあり、世界各国の料理が楽しめます!ギリシャの雰囲気が楽しめるグリークタンや、イタリアをモチーフにしたエリア、韓国のレストランやバーなどが並ぶコリアンタウンなど、様々な異文化に触れられてとても面白いです!

また、トロントはとても活気のある都市で、特に夏には毎週たくさんのイベントがあります!

   

こちらはプライドパレードという性別や同性愛を受け入れようというパレードでした!とても活気や盛り上がりのあるパレードで楽しめたとともに、考えさせられるイベントでした!😊

 

また、こちらは世界の有名なアーティストによって開催された音楽イベントです!テレビにも大々的に取り上げられたイベントに参加し、youtubeでしかみたことなかった有名なアーティストたちに会えてとても刺激的な思い出になりました!🎶💛💙

(写真はあのone direction のナイル・ホーランです✨)

もちろん冬にもイベントはあるのですが、トロントの冬はとにかく寒い!です😅笑

日中は平均マイナス10℃から15℃で、夜になると体感マイナス20

℃にも冷え込みます😨❄

ですのでトロントの冬を経験される方は万全な寒さ対策が必須です!!!笑

その他にもトロントの魅力は本当にたくさんあります・・・

ありすぎてつい長々と書いてしまいますが・・・😅💦

トロントには観光する場所がたくさんあるんです!

公園や遊園地や美術館、おしゃれなカフェやバーなど、

現地の人でも飽きない街だと感じました☺

トロントといえばCNタワーですよね!近くに行って眺めるだけでも迫力がありますし、タワーに登っても綺麗な景色やレストランでの美味しい料理が楽しめます🗼

また、トロントには大きな公園やビーチもたくさんあり、春には花見で桜をみれたり、夏にはビーチで遊んだりできちゃいます!(注意しなきゃいけないのは、トロントでは屋外での飲酒が禁止されているということです😲🍶❌)

またトロントにはwonderland(ワンダーランド)という大きな遊園地もあります!小さな子供から大人まで楽しめるアトラクションが満載ですよ!🎪⭐

 

 

ここまでトロントの魅力を話してきましたが、物価や治安はどうなんでしょうか?

まず物価ですが、私が留学して感じたのは、生活必需品が比較的高いということです。薬局で買う洗面用品は日本に比べて少し高いため、セール品を狙って購入していました!💰

 

ですがスーパーで買う食品類は手頃に買えます!ちなみに日本や韓国選専門のスーパーもあるのですが、やはり高いです💦

カナダでカルピス一つをとっても7ドル(約600円)・・・😨

カフェやレストランもあまり高いという印象はなかったのですが、トロントは消費税が13パーセントなので、消費税で結構とられてしまったなあ、と感じることも多々ありました😅

最後に治安の面ですが、私自身危険な目にあったり日頃から恐怖を感じた経験はありません。というのも、トロントは交通機関が24時間運行しているので、車がなくても夜でも交通手段があることや、24時間営業しているお店があり、街は明るく、女性一人でも心配はないと感じました。ただ、他国と比べて比較的治安は良いといっても危険なエリアはあるので、街の情報を確認したり、なるべく一人で夜遅くに出歩かないことをおすすめします😌☝

ここまで長々と書いてきましたが、まだまだトロントの魅力はたくさんあります!

多文化に触れることができて、遊べる場所も勉強できる環境も整っているトロントは、留学には最適な都市です!✏🎢🏊

そんなトロントの魅力を今後もお伝えしていきたいと思います😙💘

 

 

 


  • 無料留学相談
  • 無料資料請求